2009年04月01日

世にも奇妙な物語 09春の特別編

=プロローグ=

女性が乗るエレベーターに、男が乗り込む。
突然狂ったように飛び跳ねる男。
薄気味悪い笑い声を立てながら、怯える女性に迫っていく。

怯えながらも男に向き合った女性・・突然、鬼の形相に豹変!
男の悲鳴が鳴り響き・・。


「誰と乗り合わせるのかわからないのがエレベーターです。
 様々な事情を抱えた人々が、偶然、一つの箱の中で
 ある時間を共有する。
 一度、奇妙な世界のエレベーターに乗り込んでしまえば、
 あとは、身を任せるしかありません。
 行き着く先は、誰にも予想できないのですから。
 さあ、今宵このエレベーターは、5人の人々を、
 どんな世界に連れていってくれるのでしょうか。 
 さて、最初の奇妙な世界は・・。」『爆弾男のスイッチ』

新年度の学生たちでにぎわうキャンパス。
この大学に通う江草俊哉(市原隼人)は、正門前でティッシュ配りの
アルバイトに励んでいたが、通り過ぎる学生たちは誰も受け取ろうと
しない。やっと受け取ってくれたのは美人女学生の千明(藤井美菜)。
後ろ姿に小声でお礼を言いながら、うっかりその姿に見とれていた
俊哉は、後からやってきた大柄な男の姿に気づかず、衝突してしまう。
男は、平謝りする俊哉を怒鳴りつけたあげくに、ティッシュが入った
段ボールを蹴飛ばして去っていった。
我関せずで通り過ぎてゆく学生たちを尻目に、俊哉が散らばってしまった
ティッシュをかき集めていると、地面からティッシュを拾いあげた
誰かの手が、すっと俊哉に差し出された。
驚いた俊哉の前にいたのは、めがねをかけた男・織田省吾(本郷奏多)。
俊哉と同じ授業を受けているという省吾は、預かってもらいたいものが
ある、と俊哉を人気のない場所に誘った。
差し出されたのは、スイッチ。
省吾の身体に埋め込まれた爆弾の起爆スイッチだという。
とんでもない申し出に、思わず断った俊哉だったが…?

公式HPより

スイッチを押すか押さないかのテストなのだろうな、と思っていたら
そのとおりのオチでした。
威勢のいい役が多い市原さんですが、今回の役は自分に自信がなさそうな
気弱な学生。
好きな女の子に疑われた時の、声をひっくり返しながら無実を主張する
姿は、『ROOKIES』の安仁屋とは別人でした!
事実を知り、体を震わせて動揺・・・
そして、スコップを手に男達を追う時の笑顔が怖かった!

この事件を伝えるニュースのコメンテーター、
「恐らく、心の中に爆弾を抱えていたのでしょうね。」
爆弾は織田ではなく、俊哉の体に埋まっていたのか!

彼も、奇妙なエレベーターに乗ってしまい
人生を狂わされてしまったんですね・・。


「生まれついての才能。
 ある時、ふと湧き出たと思われるアイディアをはじめ、
 それらは、本当に、あなた自身のものなのでしょうか?
 もし、あなたの記憶の中に、何人もの経験が元々あったとすれば、
 あなたは、天才になれるかもしれません。」

『輪廻の村』

『鈴音村には呪われた
 秘密があります 
 K』
こう書かれた手紙に誘われ、取材に出かけた原田夕奈(伊東 美咲)。
鈴音=りんね
この村の人たちは、みな、前世の記憶を持っていた。

スクープの為に証言してくれた男を裏切ってしまった夕奈。
夕奈にはそのつもりはなかったとしても、
人一人死に追いやってしまったのに、自分の為に今でもスクープを
追い求めていて、彼女には同情出来ませんでした。

ラスト、鈴音村に、また新たな招待客がやってきて・・。
復讐はまだ続いているようです。


「ギリシャ神話では、スフィンクスが通る人間にクイズを出し、
 答えられなかった者は、食い殺されたと言います。
 それ程クイズとは、命がけのものでした。
 そこの、あなた!
 たかがクイズだと、侮ってはいませんか?」

『クイズ天国 クイズ地獄』

今、クイズ番組ってすごく多いですよね。
私はドラマを追いかけるのが忙しくて普段はあまり見ていないのだけど、
連ドラが終わった今、毎日どこかでクイズ番組がやっています!
「クイズなんか世の中に必要ない!」と言い切る主人公・諸沢守。
突然、彼の周りにクイズが登場し・・。

『電車に乗れるか!3択クイズ』
『エレベーター使用クイズ』
『コーヒー並び替えクイズ』
『ヴァイオリン聞き分けクイズ』
『新発売はどれ?自販機クイズ』
『部長更新orクビ4択クイズ』
『女の子出題!飴玉獲得クイズ』
『ホームレス!公園入居クイズ』
『親父狩り!理不尽3択クイズ』
『命をかけた手術!選択クイズ』

全て不正解だった彼は、地獄行き決定に。

努力を積み重ねていくのがいいのか、
クイズで勝ち上がっていくのがいいのか!?
・・・やっぱり、努力かな。(笑)


「言霊、という言葉をご存知でしょうか?
 言葉に宿る、不思議な力のことで、
 古代、この力が、言葉どおりの現象をもたらすと
 信じられていました。
 さて、これからこのマンションで、ある事件が起ころうと
 しています。
 果たして、その原因は、主人公の言葉の力なのかどうか。」

『真夜中の殺人者』

高級マンションに入り込んだ、頭からフードをすっぽりかぶった人物は、
まず、管理人をスパナで殴りつけ、管理人用の鍵を盗みます。
この鍵は、どの部屋の玄関も開けられるんですね。
男はそのまま、27階へ。

木田亜矢香(相武紗季)の部屋には同僚の詩織(鈴木亜美)が遊びに
来ています。
合コンで出会った草野という男から付き合ってくれとメールをもらう
ようになり、迷惑そう。
『あんたみたいな男が、この私と本気で付き合えると思ってんの?』
と返信するような、キツいタイプの女の子。
マンション侵入者のターゲットは彼女なのか!?

ところが男は、彼女の部屋ではなく、別の住人の部屋に侵入。
そこでは、男と愛人が、妻を殺す相談を本気だか冗談だかしていて、
侵入者はまずは女を、そして男をスパナで撲殺。

『男なら何かニュースになることやってみなさいよ!
 私を本当に驚かすことが出来たら、付き合ってやってもいいよ。』
亜矢香のメールに答えようとしているのか?

男は次に2702号室に侵入、住人は留守。部屋の明かりを付け・・。
2703号室、電話で彼女を怒鳴りつける男をスパナで殴りつけ、
部屋の明かりを消して立ち去る。
27階、26階、次々と罪を重ねていく男。
住人を殺したあとに電気を付けていく部屋と、消していく部屋。

そんな中、亜矢香の携帯にメールが届きます。
『今夜、実行します。草野』

マンションのある住人は、タロット占いで自分の死を予知、
その犯人が草野という名前だと知ります。

2310号室、侵入した部屋の住人は眠っていて、
男は何もせずに部屋を出ていきました。

27階の住人に呼び出された恋人は、男の死を知り慌てて警察に連絡。

22階、21階、次々と犯行を重ねていく草野。

亜矢香の部屋は、2107号室。

男は2106号室の占い師の部屋へ。
「あなた草野ね!」
占い師は草野を殴りつけますが、彼女も殺されてしまいました。
草野は部屋の電気をつけて部屋を出ると、倒れながらも
2107号室へと向かい・・。

異変を感じた亜矢香は、迷いながらも玄関の戸を開け・・
でも廊下には男も、血痕もない!

「亜矢香!」
友達の声にベランダに出てみると、
向かいのマンションの窓に、
『I LOVE 
  YOU 』
の文字。
その文字に感激してしまう亜矢香。
「しょうがないなー。付き合ってやるか!」

最後の窓の電気を付けられずに、欠けていたUの文字は、
駆けつけた警察が部屋の電気を付け、
文字は完璧に。
無邪気に喜ぶ亜矢香の笑顔と、軽快なBGM!

マンションはツインタワーだったんですね。
これはハラハラしました!



「ボランティア、という言葉は元々、自ら志願して戦争に赴く、
 兵隊のことを意味していました。
 彼女にとって、ボランティアとは、一体何を
 意味しているのでしょうか。」

『ボランティア降臨』


パートに出ながら家族、夫の母親の世話をこなす貴美江(高島礼子)。
そこへ突然やってきたボランティアのクボタミチコ(大竹しのぶ)。
「困ったことがあれば、どんなことでもお手伝いする。
 それが、ボランティアの喜びですから。」
義母の世話、料理、家事。
つい愚痴ってしまったり、手を抜いてしまったりする主婦業を、
ミチコさんはボランティア精神で、全て笑顔でこなしていく。
貴美江は戸惑いながらもミチコのことを受け入れますが、
義母も、夫も、息子も、貴美江よりもミチコを頼りにするようになり
自分の居場所が無くなってしまっていることに気づきます。
そしてある日見てしまう。
夜中、夫がミチコの部屋から出てくるのを!

主婦として、見ていてちょっと怖くなりました。
貴美江は家族の為に必死に頑張っているのだけれど、
生活に追われて笑顔を失ってしまっていた。
あの家族は、ミチコのような笑顔を必要としていたんですね。

ミチコもきっと自分の家ではそうだったのでしょう。
ボランティアだから気持ちよく笑顔で何でも引き受けられる。
人に喜んでもらうことが、ボランティアの喜び。

「ボランティアだからこそ、みんなが感謝してくれるんです。
 主婦は、ボランティアではありません。
 家族の為に尽くすのは、もう十分じゃありませんか?」
「あなたにとって、ボランティアとは何なの?」
「自分の心を、満たすことです。
 ボランティアになれば、みんなが私を求めてくれます。
 誰かに喜んでもらわなくとも、私の喜びを求めていけば、
 それでいい。
 幸せはそこにあるんです。
 きっとおわかりになりますよ。」

ボランティアとして旅立つ貴美江を笑顔で送り出す家族とミチコ。
街にはお揃いのエプロンを身に着けたボランティアが溢れ・・。

「ボランティアだからこそ、みんなが感謝してくれるんです。
 主婦は、ボランティアではありません。」
このセリフには複雑な思いになりました。

今ある幸せを大切にしなければ、という思いと、
やって当たり前の主婦業、でもやっぱり時々でもいいから
「ありがとう」の言葉ぐらいは欲しいなー、と思ってしまったのでした。


「いかがだったでしょうか?今宵の、世にも奇妙な物語。
 またしても、5人の人間が、奇妙な世界の住人になってしまいました。
 あなたも、これからエレベーターに乗り込むときは、
 くれぐれもご注意下さい。
 奇妙な世界は、いつ、いかなる場所に現れるか
 わかりませんからね。」
タモリさんが乗り込んだエレベーターに、冒頭の女性が乗り込み・・。

キャスト
■ストーリーテラー
 タモリ

『爆弾男のスイッチ』
 市原隼人
 本郷奏多 ほか

『クイズ天国 クイズ地獄』
 石原良純
 遊井亮子 ほか

『ボランティア降臨』
 大竹しのぶ
 高島礼子 ほか

『輪廻の村』
 伊東美咲 ほか

『真夜中の殺人者』
 相武紗季
 鈴木亜美 
 山中崇 ほか


スタッフ
■脚本
 武井 彩
 春楠いさ虫
 佐藤万里
 中村樹基
 佐藤久美子

■演出
 植田泰史
 城宝秀則
 河野圭太
 都築淳一
 岩田和行

■音楽
 配島邦明

■制作
 フジテレビ
 共同テレビ




この記事へのコメント
ちーずさんこんばんは、今回も結構楽しめました!冒頭のエレベーターの女性は就活女優のハラカナさん男性が暴れるなかの変貌にはじめから、そうきたか〜

『爆弾男のスイッチ』偽のHPの重厚な開き方に爆弾の存在を信じてしまいました〜さすがに気の弱い江草の導火線にも火が着いてしまいましたね、千明がバンドに食いついたのは偶然だと思いたいです!省吾の仲間だとあまりにも可哀想です!

『輪廻の村』夕奈の味方だと思っていた女の子が本当はスクープのために亡くなった男の前世をもっていたなんて〜生きたまま埋められいく夕奈の姿が怖い!墓の上のデジカメが意味することは?

『クイズ天国 クイズ地獄』自分はクイズ番組も好きで、そこそこの回答率もあるのでこの世界でも生きていけるかも…でもラストの息子の言葉が悲しい〜

『真夜中の殺人者』マンションの部屋に侵入して次々に住民を殺害していく草野、亜矢香の部屋に近づいていくところに恐怖を感じました。亜矢香の今時の男に対する態度と窓の明かりで作った『I LOVE YOU』に無邪気に喜び気持ちが揺れる女心がイタイ!隣のマンションでは惨劇が起こっているのに…占い師の反撃と警察が電気を着けて完成するオチは良くできていました!

『ボランティア降臨』忙しくパートを勤めながら家事をこなす貴美江、ボランティアとして愚痴もこぼさず笑顔で振舞うミチコ必要なのは〜 家族がミチコさんミチコさんと懐き無視される貴美江が可哀想でした、ローンの返済のため働き時間に追われているのに愛情も無くしてしまうのは辛い!エプロン姿で町を歩く女性たち、でも行き着く先はお互いの家を変えての家事、それなら愛情のある家族といっしょに笑顔で過ごせる方法が見つかるきがします…
Posted by けた at 2009年04月04日 18:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。