2009年04月02日

絶対彼氏 最終章スペシャル

『愛してるよリイコ・・・・理想の恋人ロボが奇跡の復活!!
 封じ込めた想いが今再び・・・・
 僕はどうしてロボットなのでしょうか?・・・・
 さよなら、ナイト・・・・』


自分の意志と感情を持つようになった恋人型ロボット・
天城ナイト(速水もこみち)が消えてから3年…。

3年のパリ修行を積んだ浅元創志(水嶋ヒロ)と井沢梨衣子(相武紗季)は
「ASAMOTO」が社運を賭けてオープンする新ショップのプロジェクト
メンバーとして呼び戻され、日本に帰国することになった。
パリ修行で各々の仕事に自信をつけ、意欲的な創志と梨衣子。
そしてその間に愛をはぐくんでいた2人は、同僚たちに婚約の報告をし、
祝福を受ける。
 
その一方、クロノスヘヴン社では天才科学者・神谷亜弓(国仲涼子)が
助手・七瀬純(内田朝陽)とともに新しいタイプの恋人ロボットを
次々と開発、かつて神谷は自我を持ったナイトに興味を示していた。
 
そんなある夜、梨衣子は不良に絡まれているところを赤いマフラーの
男に助けられる。
その男は、3年前に機能が停止したはずのナイトだった…。

公式HPより創志と婚約したけれど、梨衣子はナイトのチップを肌身離さず
持っていて。まだ吹っ切っていないんですね。

神谷亜弓に再起動させられたナイトは、梨衣子のことを何も覚えておらず。
連ドラの時は、ナイトの梨衣子への想いに切なくさせられていたので、
こんなのナイトじゃない!ただのロボットだ!
・・と思ってしまう自分がいました。(笑)
でも、天井にへばりついて掃除するナイトには爆笑!
大家さんも相変わらずのキャラで懐かしい!
梨衣子に連絡を貰ってやってきた並切さん、
「ゼロワーーン!!」とハグしようとしたのに
並切さんの顔面抑えて阻止するナイトにも大笑い。


亜弓は並切よりも優秀な学者で、助手の七瀬も亜弓が作ったロボット。
「あなたは彼に会いたかったんでしょう?
 その気持ち、わかりますから。
 楽しかった日々を、取り戻して下さい。」
亜弓はそう言い、梨衣子がナイトに持たせた四つ葉のクローバーを返す。
「3年前の状態に戻りますよ。
 私の技術があれば戻せます。
 それには・・あなたが持っているICチップが必要ですが。」
梨衣子は少し考えさせてほしいと言います。
「どうして?悩む必要がどこにあるの?
 本物の彼にもう一度会いたくないの?」

亜弓のこのセリフは、彼女にもそういう人がいるのだと思わせます。


恋人とのビデオ映像を見つめて涙を流す亜弓。
そこへ、七瀬がやってきて、亜弓は慌ててビデオを消す。

恋人の姿は映らなかったけれど、声から、それが七瀬なのだと
わかりました。
彼女は失った恋人を取り戻そうとしているんですね。

ナイトの登場に創志は複雑。
梨衣子の気持ちを尊重しようとする創志は大人です。


亜弓からの指令を受けたナイトは、梨衣子の部屋からチップを見つけ、
亜弓に届けてしまう。

「これで自我が目覚めるはず!」
ところが、亜弓の思惑は外れ・・。

新作発表会の席で、注文しておいたフルーツが届かず、
ナイトのアドバイスで梨衣子はシュークリームを作り始める。

梨衣子が調理する姿を見守るナイトと創志。
この3ショットと、主題歌があってる〜!


梨衣子のシュークリームを待っていてくれたのは、たった一人だけ。
でもその人は、世界的に有名な料理評論家だった。

その直後、朝元社長は倒れてしまい、ナイトは社長を背負い、
障害物を次々と飛び越えて病院へ。
ナイトのお陰で社長は一命を取り留めた。
「私は幸せ者だよ。
 人間いつか必ず死ぬ。
 死ぬとわかっているから、一生懸命生きられる。
 自分が死んだ時、周りの人に少しでも何かを残したい。
 自分が死んでも、残った人に幸せに生きて欲しい。
 そんな風に思うから、生きている間は頑張れる。
 私は、十分すぎるほど沢山のものを残せた。
 その沢山のものを、これから先、
 お前たち二人が、もっともっと大切に育てて、
 そしてもっと大きくなって、
 それをやがて、お前たちの子供が受け継ぐ。
 これが、人生の喜びだよ。
 生きた証しだ。」

朝元社長の言葉をナイトはどう受け止めたのでしょう・・。

病院の屋上
何としてでも自我を目覚めさせようとする亜弓に、
「やめて下さい!
 3年前のナイトに戻った時、また同じことにならないと
 言えるんですか?
 同じ悲劇が起こらないと言えるんですか?
 ・・ナイトがまた動かなくなったら・・私・・。
 ずっと悩んでた。
 あんなに辛い想い、もう二度としたくないって。」
そう言い涙を流す梨衣子。
ハンカチを取り出したナイトは、一緒に出てきた思い出のクローバーを
見つめる。
風がクローバーを吹き飛ばし、ナイトはそれを拾うが、
その時突然機能停止になってしまう。
慌ててナイトの腕を掴む梨衣子。二人はそのまま落下!
梨衣子の悲鳴に、ナイトは記憶を取り戻し・・
梨衣子を抱きかかえて地面に着地。
「・・・ナイト?」
「梨衣子。」

やっと、ナイトが戻ってきました。
梨衣子の名前を呼ぶ声まで温かく感じます。

でもナイトは亜弓たちに連れ去られてしまい・・。


研究所に戻った亜弓は、七瀬を一時停止すると、
「ここからが一番大事なの。」
ナイトのデータを七瀬にコピーしていきます。

「どうして・・僕を作ったんですか?
 どうして僕を?」と七瀬。
「それは・・あなたの夢をかなえたかったから。」

亜弓と七瀬はそれぞれの夢を書いた手紙をタイムカプセルに入れて、
思い出の場所にある大きな木の下に埋めていた。
亜弓の夢は、科学者になること。
七瀬は自分の夢を亜弓に教えなかった。
10年後に一緒にタイムカプセルを開ける約束をしたが、
その3ヵ月後、亜弓は自分の運転ミスで、七瀬を失ってしまった。
「私のせいで・・私が彼を殺した。
 タイムカプセルを開ける約束の日が明日なの。
 あなたに、彼の代わりに、タイムカプセルを開けて欲しいの。
 あなたに、純に変わって、彼の夢をかなえてほしいの。
 あなたは自我を持ったの。自我を持てたの。
 だから、純の代わりが出来る。
 純の夢をかなえられる!
 その夢を、自我を持ったあなたがかなえられることで、
 彼自身の夢が叶うの。
 私が純に出来ることはそれだけ。」
そして亜弓はナイトに、
「あなたも、好きなように生きればいい。」と言い・・。

ナイトと再会する梨衣子。
「ナイトなの?」
「・・・うん。」
「なんか・・ちょっと照れちゃうな。
 これ、覚えてる?」赤いマフラーを差し出す梨衣子。
「覚えてるよ。」
マフラーをナイトの首に掛ける梨衣子。
「3年ぶりだね。」
「うん。」
「ナイト、黙っていなくなっちゃうんだもの。
 ああいう時ってさ、残された方がキツいんだよ。
 忘れようとしたって、忘れられるわけないじゃん。
 3年も経っているのに、全然変わらない・・
 爽やかな顔で現れるんだもの。
 参っちゃうよ。」
「・・・」
「・・・寂しかった。
 あの時。すごく。」
「俺も。俺も梨衣子と離れたくなかった。
 あの時、自分の寿命がわからなかったら、
 ずっと梨衣子の側にいた。
 ずっと梨衣子を守っていきたかった。
 ・・・あの時に戻れないかな。」
「え・・」
「3年前のあの時から、もう一度やり直したい。」
「・・・」
梨衣子を抱きしめるナイト。
「ずっと梨衣子を守りたい。」
「ナイト・・」
「俺は、梨衣子を愛するためだけに生まれてきたんだ。」
「・・・」

そんな二人を創志は見つめていて・・悲しそうにその場を去っていく。

クロノスヘヴン社には、アメリカのG.I.A.C.K社の人間が亜弓を追って
やってきて、パソコンのデータを全て消してしまう。

創志と話すナイト。
「創志さん。お久しぶりです。」
「・・・元に戻ったようだな。」
「はい。
 全て思い出しました。
 創志さんに渡した手紙のことも覚えています。」
「・・・そうか。」
「俺はあの時、梨衣子を創志さんに託しました。
 俺の機能が停止するとわかっていたからです。
 俺では梨衣子を幸せに出来ない・・そう、思ったからです。
 創志さんがこの3年間、梨衣子を守ってくれたことも
 わかっています。
 婚約していることも。
 それでも俺は梨衣子を守りたい。
 今度こそ、梨衣子を幸せにしたい。」
ナイトに掴みかかる創志。
「・・・お前の気持ちはわかった。」
そう言うと、創志はその場を去り・・。

亜弓は七瀬を連れて、思い出の場所へと向かう。

そんな亜弓を追うG.I.A.C.K社。

亜弓を守ろうと、ナイト、並切、梨衣子も思い出の場所へと向かう。

ナイトがトラックの前に飛び出しすと、七瀬も車を飛び降りて加勢。
するとトラックの二台から、何十体もの軍事用ロボットが
亜弓めがけて走っていく。
並切はコンピューターを操作し、ロボットの動きを止めることが出来た。

タイムカプセルを掘り起こす亜弓と七瀬。
『亜弓へ
 俺の夢は、ずっと亜弓と一緒にいる事だ。
 亜弓と一緒に暮らして、同じ景色を見て、
 一緒に笑って、一緒に泣いて、一緒に年をとっていけたら、
 それでいい。
 子供は二人欲しいな。女の子と男の子。
 勉強はそんなに出来なくてもいい。
 人に優しく出来る子であれば、それだけでいい。
 家族4人が、いつも笑顔でいられるといいな。
 亜弓となら、そんな風に生きていけそうだ。
 亜弓のこと、一生守っていく。
 純』

「純・・・
 この夢・・どうすることも出来ない。
 叶えられない。」
「純さんの夢は、叶えられています。」と七瀬。
「・・・」
「彼は、あなたを恨んでもいないし、後悔もしていないはずです。
 あなたの心の中で、大切に愛されて、
 生き続けているんですから。
 あなたは最初から、僕を作る必要はなかったんです。」
「・・・」
「僕はロボット。
 いくら自我を持たされたからといって、
 七瀬純にはなれない。 
 あなたが愛した、七瀬純にはなれないんです。」
七瀬の言葉に、ナイトは隣にいる梨衣子を見つめる。
「一緒に年をとることも出来ない。
 家族を作る事も出来ない。
 あなたが年をとって、亡くなっても、
 僕はずっとこのまま・・変わらないんです。
 僕は死ねないロボット。
 あなたのことを、愛するためだけに作られたロボット。
 あなたが死んでいなくなっても、あなただけを、
 愛し続けなければならないんです。」
「もう喋らないで!チップが焼きついてる!」
「いいんです・・僕の役目は、・・終わりました。
 ロボットの、役目・・は・・ここ・・まで・・です。
 これからは・・後ろを振り向かないで、
 生きていって下さいね。」
「ダメ!死なないで!」
「泣かないで。ぼ・・僕は・・ただの・・ロボット・・」
「七瀬君!七瀬君!!」
動かなくなった七瀬を抱きしめて泣く亜弓。
そんな亜弓を見つめる梨衣子。
そして、梨衣子を見つめるナイト・・。

クロノスへヴン社で修理を受けながら、ナイトは朝元社長、
そして七瀬が言っていた言葉を考え・・。

その頃、創志は梨衣子のアパートを訪ねていた。
「な、井沢。」
「はい!」
「最後まで、どっか上司と部下だよな。」
「え・・そういうわけじゃ。」
「いいんだよ、そのままで。
 無理するな。
 無理しないで、自分の気持ちに正直に生きろ。」
「・・・」
「俺が好きになった井沢は、そういうやつだからな。
 無理してるお前はな、正直、イマイチだ。
 俺のことは気にしなくていいからな。
 じゃあな!」
「・・・」

CAFE・BAR Liberte
七瀬の言葉を思い起こす梨衣子。
「ナイトも・・きっと苦しむ・・。
 私だけしか・・愛せないんだもんえ・・。
 私は、ナイトが本当に好き。
 だけど・・一緒に生きていけない。」
「そこまで苦しんで出した結論、ナイトならわかるはず。
 ナイトは、あなたの理想の彼氏なんだもの。 
 あなたの正直な気持ち、伝えてきなさい。」とふじ子(真矢 みき)。
「・・はい!」

クロノスヘヴン社
「よし、もうこれで大丈夫だ。
 ・・・どうした?ゼロワン。まだどこか気になるか?」
「並切さん・・お話があります。」
「何だ改まって。」
「・・・」
「ゼロワン?」
「俺は・・どうしてロボットなんでしょうか。」
「・・・ゼロワン、確かにお前はロボットだ。
 でもな、お前は、人間よりよっぽど人間らしい、
 温かい心を持っている。
 だから、本気で人を愛せるんじゃないか。」
「俺が・・家族を作れますか?
 俺は年をとれないんです。
 これからもずっと変わらぬまま、梨衣子を愛し続けるんです。
 俺だけが、変わらぬまま・・。
 俺がロボットである以上、梨衣子と一緒には生きていけないんです。」
「ゼロワン・・・」
「並切さん・・俺を、この世界から消してください。」
「何だって・・」
「完全に・・破壊して下さい。」
「何を言ってる・・そんなこと出来るわけないだろう!」
「俺はロボットです。
 梨衣子を愛するためだけに作られた、ロボットです。
 梨衣子を愛する事が辛いんです。
 俺を、壊して下さい。」
「・・・」

梨衣子はその話を聞いていて・・。

「いいのか?それで。」
「はい。
 それが、梨衣子の幸せのためなんです。」

並切とナイトが梨衣子の姿に気づく。
「行ってこい、理想の彼氏。」
「はい。」

「梨衣子。ごめん。
 俺もう梨衣子の側にはいられない。」
「もう、料理も作ってくれないの?」
「うん。」
「迎えにも、来てくれないの?」
「うん。」
「・・守っても・・くれないんだ。」
「・・・ごめんね。」
「平気だよ。ナイトがいなくたって、全然平気。」
「俺・・梨衣子のこと、愛してるよ。」
「それ、プログラムされてるから、言ってるんでしょ。」
「・・・うん。そうだよ。」
 俺はどんな時でも、梨衣子の味方だよ。
「それも・・プログラムされてるから・・。」
梨衣子は四葉のクローバーをナイトに渡す。
「ありがとう。
 さようなら。」
ナイトはそう言い去っていく。
「ナイト!!」
梨衣子はナイトを追い、唇にキスをする。
ナイトは微笑みを浮かべ、梨衣子の肩を抱くと、
後ろを向かせ、そっと背中を押す。
梨衣子は涙を浮かべながら、一歩一歩、前へと歩いていく。
「さようなら、ナイト」
梨衣子の背中を見つめるナイトの瞳には涙が。
ナイトは涙を指で拭うと、それを見つめて微笑を浮かべ・・。

新店舗オープンの準備に追われる創志。
そこへ、梨衣子がやって来た。
「・・・お帰り!」創志が微笑む。
「ただいま。」梨衣子も微笑み・・。


やっぱりあらすじ書いてしまった。(汗)

3年前、突然ナイトを失った梨衣子は、
創志と婚約はしたけれど、ずっとナイトのことを引きずっていた。
それは、ちゃんとさよならが出来ていなかったからなのかもしれません。

ナイトとのハッピーエンドを望んだこともあったけれど、
ナイトが年をとった梨衣子を愛し続けることは想像出来ても、
梨衣子が亡くなったあともずっとずっと、いなくなった人のことを
愛し続ける、とまでは想像出来なかった。それはもう、悲しすぎます。

朝元社長の人間としての想い。七瀬のロボットとしての想い。

ナイトは梨衣子の為に、梨衣子はナイトの為に、
二人は永遠の別れを選びました。
梨衣子の背中をそっと押すナイトが切なかった!

でもラスト、梨衣子には創志の元にすぐに行ってほしくなかったなー。
ナイトが可哀想過ぎる・・。
『愛していると言ってくれ』のように、何年か後に偶然再会、という
終わり方で見たかったです。

七瀬役の内田朝陽さん、『ゴンゾウ』で素晴らしい演技を魅せて
下さったので、彼の登場が嬉しかったです。
国仲涼子さんの涙も素敵でした。


ランキングに参加中!応援クリックよろしくお願いいたします。
人気blogランキング    TV Drama Ranking



B001DSX4YW絶対彼氏 ~完全無欠の恋人ロボット~速水もこみち, 水嶋ヒロ, 相武紗季, 篠井英介ポニーキャニオン 2008-11-05by G-Tools




B0016OM44Oおかえり絢香 Warner Music Japan =music= 2008-05-14by G-Tools



絶対彼氏 オリジナル・サウンドトラック
絶対彼氏 オリジナル・サウンドトラックTVサントラ Warner Music Japan =music= 2008-06-25売り上げランキング : 5625Amazonで詳しく見るby G-Tools




絶対彼氏。 1 (1) (フラワーコミックス)
絶対彼氏。 1 (1) (フラワーコミックス)渡瀬 悠宇 小学館 2003-10-25売り上げランキング : Amazonで詳しく見るby G-Tools
絶対彼氏。 2 (2) (フラワーコミックス) 絶対彼氏。 3 (3) (フラワーコミックス) 絶対彼氏。 4 (4) (フラワーコミックス) 絶対彼氏。 5 (5) (フラワーコミックス) 絶対彼氏。 6 (6) (フラワーコミックス)


キャスト
天城 ナイト ……………… 速水 もこみち
浅元 創志 ……………… 水嶋 ヒロ
井沢 梨衣子 ……………… 相武 紗季
浅元 和志 ……………… 山本 圭

白鷺 優貴 ……………… 篠井 英介
田中(加治将樹)
森川(桜木涼介)

井沢芳春(岩松了)
井沢牧子(高橋ひとみ)

伊藤 美加 ……………… 上野 なつひ
浅元 将志 ……………… 中村 俊介
平井夏美(酒井彩名)
出井 武 ……………… 綿貫 正市
安達 香子 ………………  猫背椿
吉岡 鉄子 ………………  峯村 リエ(大家さん)
平田一 ………………  佐戸井 けん太

林 孝太 ………………  入江 甚儀(『リベルテ』でバイト)

並切 岳 ……………… 佐々木 蔵之介  クロノスヘブン社

若林 ふじ子 ……………… 真矢 みき CAFE・BAR Liberte


スタッフ

◆ 原 作 ………… 「絶対彼氏。」渡瀬悠宇
(小学館 Sho-Comiフラワーコミックス刊)
原案協力:山岡秀雄 山縣裕児 新川早織
(小学館 Sho-Comi編集部)

◆ 企 画 ………… 金井卓也
(「ウォーターボーイズ」「花嫁とパパ」ほか)

◆ 脚 本 ………… 根津理香
(「ライフ」ほか)

◆ 演 出 ………… 土方政人
(「ショムニ」「N’sあおい」「世にも奇妙な物語」ほか)

◆ プロデュース … 橋本芙美
(「海猿」「空中ブランコ」ほか)

◆ 主題歌 ………… 絢香 「おかえり」
(ワーナーミュージック・ジャパン)

◆ 制 作 ………… フジテレビ
共同テレビ

◆ 放送日時 ……… 2008年4月15日(火)スタート
毎週火曜 よる9時〜9時54分放送 全11回予定


速水もこみちさんの主な出演作品



相武紗季さんの主な出演作品


この記事へのコメント
軍事ロボットに七瀬を壊さす為に亜弓が軍事機密を持ち出した設定やイチゴがすり替わった件からの著名な評論家の登場は疑問が残りましたがロボットと人間との愛をうまくまとめてくれたと思います!

復活したナイトの自我が目覚めるまえとあとの微妙な演技の違いが巧かった〜和志の病床での言葉、七瀬のロボットの宿命を聞いて梨衣子の背中を押すナイトが切なかった…梨衣子が死んだ後もずっと愛し続ける宿命がどちらにも辛いですね!人間なら違う恋愛や人生を楽しむことも出来るのにプログラムで動いてるロボット、特に自我に目覚めたナイトはメモリーの消去も拒否しそうだし…ナイトを失ったことを引きずる梨衣子と梨衣子のために分解して欲しいと波切に穏やかに話すナイトの対比が良かったです!

水嶋さん絢香の結婚報道、バセドウ病の告白にビックリ!このドラマにピッタリの曲を唄った絢香さんとの結婚を祝福します!病気のことは心配ですがお幸せに!
Posted by けた at 2009年04月04日 19:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

絶対彼氏 最終章スペシャル
Excerpt: 絶対彼氏〜完全無欠の恋人ロボット〜<br />最終章スペシャル<br />「愛してるよリイコ&hellip;<br /> 理想の恋人ロボが奇跡の復活!!<br /> 封じ込めた想いが今再...
Weblog: 飯綱遣いの部屋
Tracked: 2009-04-02 05:59

絶対彼氏最終章スペシャル
Excerpt: 絶対彼氏最終章スペシャル
Weblog: Happy☆Lucky
Tracked: 2009-04-02 08:47

絶対彼氏〜完全無欠の恋人ロボット〜・最終章スペシャル
Excerpt: &nbsp; <br /><br />視聴率は 9.0% <br /><br /><br />理想の恋人ロボットが奇跡の復活! <br />2008年4月期で放送されたスペシャル版 <br /><br /><br />中々観れずで今頃ですが、、
Weblog: ドラ☆カフェ
Tracked: 2009-04-02 13:35

もこロボ、永遠にともに(絶対彼氏〜完全無欠の恋人ロボット〜最終章スペシャル
Excerpt: 「愛してるよ、梨衣子。ずっと愛してる」「オレは梨衣子を愛せて幸せでした。」なんで、なんでもっと優しくしてあげられなかったんだろう?もっといっぱい楽しい想い出作って上げられたのに・・・いい夢見ろよ!全世..
Weblog: |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο
Tracked: 2009-04-04 18:55

絶対彼氏最終章スペシャル (相武紗季さん)
Excerpt: ◆相武紗季さん(のつもり)相武紗季さんは、今週24日よる9時フジテレビ系列にて放送されたスペシャルドラマ『絶対彼氏最終章スペシャル』に井沢梨衣子 役で出演しました。●導入部のあらすじと結末と感想
Weblog: yanajunのイラスト・まんが道
Tracked: 2009-04-06 01:06
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。