2010年12月24日

流れ星 第10話

『二人の決断』

岡田健吾(竹野内豊)が警察に出頭した後、発熱し倒れた槇原梨沙
(上戸彩)は、神谷凌(松田翔太)の知り合いの病院に入院する。

同じ頃、槇原修一(稲垣吾郎)は岡田マリア(北乃きい)の病室にいて、
眠るマリアの首に手を伸ばした。
「記者の人?」
目を覚ましたマリアは、修一に記者かと尋ねる。
「・・・ええ。そうですけど。」
「どうぞ、何でも聞いて下さい。」
「どんな気持ちですか?
 お兄さんが、契約結婚した相手を、ドナーにするなんて。
 ・・・梨沙さん、でしたっけ?」
「契約結婚なんかじゃありません。
 兄が騙したんです。梨沙さんのことを。」
「お兄さんがやったことはさ、酷い事だよね。」
「そうですね。」
「どうしてそんなに誇らしげなの?」
「・・・お兄ちゃんが、私の為にしてくれたことだから。」
「・・・仲良しなんだね。」
「はい。
 記者さん、兄弟は?」
「いるよ。妹がね。」
「へー。」
「小さい頃は泣いてばかりいてね。
 僕がいないと何も出来なくてね。」
マリアが笑う。
「おかしい?」
「私のお兄ちゃんも、そう思ってるんだろうなーって。
 お兄ちゃんやるのも大変なんですね。」
「・・・そうだね。」
「だから・・・お兄ちゃんが困ったとき、今度は私が助ける。」
「・・・」
「どうしたんですか?」
「あいや・・小さいときに妹が、そう言ってたなーって
 思い出してね。」
「仲いいんですね。」
「・・・じゃあ。」
「もう、いいんですか?また、いつでも。」
「・・・もう来ません。」

B0045UADVM流れ星 完全版 DVD-BOX
ポニーキャニオン 2011-04-20

by G-Tools


病院の廊下
「あなた!!」
看護師の中島留美(北川弘美)が修一に気付く。
「マリアちゃんって、面白い子だね。
 じゃあ。」
修一が帰っていく。

梨沙が病院で目を覚ます。
「かなり熱があったから、今点滴しているよ。」と神谷。
「・・・あいつ、本当に警察に行ったんだ。」
「岡田さんの覚悟、わかってあげてください。
 暫く入院してもらうよ。」
「え・・・」
「体は大丈夫なんだけど、病院なら、マスコミが押しかけてくる
 こともないし。
 少し落ち着いたら、岡田さんに連絡とってみたら?」
「もういい。・・・もういいよ。
 なんか疲れた。」
「・・・」

神谷が帰った後、梨沙の携帯電話に修一から着信があったが、
梨沙は電話に出なかった。

その後、病院を抜け出した梨沙が、携帯を見ると留守番電話が入っていた。

「梨沙・・・電話に出て、くれないんだね。
 覚えてるか?前に・・頼むから死んでくれって言ったよな。
 お兄ちゃんが梨沙に出来ることってそれ位かな。
 お前がいないと、生きられないからさ。
 だから・・・じゃあな。」

修一はビルの屋上から飛び降り・・・。

一年後――。
元気になり復学したマリアが、家に駆け込んできた。
そして、岡田和子(原田美枝子)に封書を見せ、自分の作品が
美術コンクールの佳作に入ったと告げた。
そして、今は運輸会社の配送センターで働く健吾にも報告。
さらに、町の小さな病院に勤める神谷にも知らせに行った。
そこでマリアは、神谷に梨沙から連絡はあったかと聞くが、
神谷は否定する。

その頃、梨沙は、熱帯魚ショップで働いていた。
水槽の前から動こうとしない少年に、梨沙は声を掛ける。
「欲しいの?」
「うん。ニモ。」
「ちゃんと育てられる?」
「プレゼントしたいって言って。引っ越しちゃった女の子に。」と母。
「へーー。やるじゃん。」
「約束したから。」
「・・・約束したんだ。」
「うん!」
梨沙は少年に優しく笑いかける。

キャッシュディスペンサーに小銭を入れる梨沙。

病院
「お。何やってるんだよ。」
梨沙は病院の喫茶室でコーヒーを飲む修一に声を掛ける。
「ああ、梨沙。」
修一の乗った車椅子を押す梨沙。

梨沙は仕事を終えると、修一がリハビリ入院をしている病院へ
通うのが習慣となっていた。
「どう?大分歩けるようになったろ?」
「まだまだでしょ。」
「ごめんな。迷惑かけちゃって。」
「別に。今始まったことじゃないし。」
「アタタタタ。キツいお言葉。
 梨沙の部屋さ、近所に公園あるか?」
「・・・何で?」
「続きやろうぜ。」
「え?」
「自転車の練習。
 乗れるようにしてやるって約束したろ?」
「・・・覚えてたんだ。」
「当たり前だろ。
 どんな自転車がいい?買ってやるよ。」
「・・・自転車ぐらい、もう乗れるよ。」
「え?」
「・・・もうガキじゃないんだから。」
「・・・そうだよな・・。」
修一は寂しそうにそう答える。

梨沙は修一が自転車のことを覚えていてくれたことが
嬉しくて。
修一は、梨沙がいつの間にか自転車に乗れるようになっていたことが
寂しくて。
どちらの気持ちもわかるような気がします。
お互いの思いに嬉しくなったり寂しくなったり。
二人はやっと兄妹に戻れたのかなー。


夜、健吾が帰宅する。
玄関の脇には、梨沙の自転車・・・。

健吾の部屋
「お帰り。」とマリア。
「お帰り。佳作やったじゃん。」
「ありがと。」
「リビングにケーキ置いておいたよ。」
「やった!
 来週、作品展あるから見に来てよ。」
「うん。」
「美奈子さんも呼んでいい?」
「もちろん。」
「千鶴さんたちも。」
「あとで先輩たちに電話しておくね。」
「うん。」
「あとさ・・」
「うん?」
「・・・もう一人。」
「・・・梨沙のことは・・もう。」
「・・・そっか。」
「うん。」
「じゃあ、お茶入れてくるね。」
マリアが部屋を出ていくと、健吾は寂しそうにうつむき・・・。

そんなある日、神谷が熱帯魚ショップにやってきた。
「こういうお店で働いていたんだ。」
「・・・」
「お久しぶりです。」
「・・・」

店の外で話す二人。
「色んな病院探したけど、全然見つからなかった。」
「・・・」
「ナースの留美さんって覚えてます?」
「ああ。」
「これ、偶然ネットで見つけたって。
 ここ。」
熱帯魚ショップを紹介する記事に、梨沙の顔が載っていた。
「なるほどねー。」
「ちゃんと検診受けてますか?」
「別にどこも痛くないし。」
「それでもちゃんと受けてもらわないと。」
「だってタダじゃないじゃん。」
「・・まあ。
 ・・・マリアちゃんも心配してますよ。」
「・・・会ってんの?」
「うん。時々今の病院訪ねてくるんで。」
「・・・私がここで働いていること・・黙っててもらえないかな。」
「・・・これ。
 マリアちゃんの作品が入選したって凄く喜んでいたから。」
「・・・」
神谷はマリアの作品が展示される展示会のパンフレットを渡す。
「今度、高級イタリアン奢って。サンキューね。」
梨沙は店に戻っていく。

展望台
健吾は、クラゲの展示を準備している川本順二(杉本哲太)と
柏原裕也(中川真吾)の手伝いに行く。
「そろそろ、戻ってくるか?」と川本。
「え?」
「お前さえその気なら、俺から館長に頼んでやるぞ。」
「いや、今更そんな。・・ありがとうございます。」
「もういいんじゃないか?
 事件のことは世間も忘れているし、お前は充分やったよ。」
「これ、あそこに付けるんですよね。」
「あ・・ああ。」

病院
「洗濯してくるわ。」とマリア。
「いつも悪いな。」と修一。
梨沙が病室を出ていくと、修一は梨沙のクラゲのストラップを見つめる。

美術コンクール入賞作品の展示会がはじまり、マリアは、
安田瑞希(川口春奈)、和子と会場にいた。
するとそこに、健吾が、相澤美奈子(板谷由夏)、川本、千鶴(ちすん)を
連れてやってきた。
マリアの作品を囲み、和やかな時間が流れていく。
健吾はマリアの作品のタイトルに微笑み・・・。

「マリアちゃん、もうすっかり元気だね。」と美奈子。
「ハハ。元気過ぎ。もうすぐ受験だっていうのに、
 ちゃんと勉強してんだか。」と健吾。
「やっぱり美術系に進むの?」
「看護の勉強がしたいんだってさ。」
「えー!そうなんだー!」
「人に言うなって言われてるんだけど。」
「どうして?」
「うん?いかにもって感じだから恥ずかしいんだって。」
「あー。みんな前に進んでるんだね。」
「うん。」
「・・・私ね、・・・お見合いすることにした。」
「そうなんだ。」
「うん。
 親がうるさくてさ。」
「ふーーん。いい人だといいね。」
「健吾は?ずーっと待っているつもり?」
「・・・」
笑い合う二人。

キャッシュディスペンサーで預金した梨沙は、カバンの中に
あったマリアの美術コンクールのパンフレットを手に取り・・。

健吾、マリア、和子は、展示会場からの帰り道を歩いていた。
そんな3人を、会場を目指し歩いていた梨沙が見つける。
健吾の姿に釘付けになった梨沙は、マリア、和子と笑いあう
健吾の笑顔を、うれしそうに見つめていた。

何て素敵な笑顔。そしてその後の寂しそうな表情。

と、通行人にぶつかりそうになり、謝った。

そのとき、梨沙の声を聞いた気がして健吾が振り返ると、
反対側の道を歩く梨沙の後ろ姿が見えた。
健吾は立ち止まるが、トラックが走ってきて視界を遮った。
トラックが行き過ぎた後、梨沙の姿はなかった。

梨沙が会場に着くと、すでに閉館していた。
それでも、ガラス越しになかの様子が見えるところまで来ると、
「つながる命」と書かれたマリアの作品を見ることができた。

すると、誰かの足音が近づいてくる。
緊張して足音の方を見る梨沙。
現れたのは・・・神谷だった。

「はい。」
「イタリアン奢れって言ったじゃん。」
「だからピザマン。」
梨沙が笑う。
「やっぱり来てくれたんだ。」
「別にあんたに頼まれたからじゃないけど。」
「・・・僕、北海道に行くことになりました。」
「え・・」
「向こうの大学病院に来ないかって誘われたんです。」
「・・・すごいじゃん。」
「やっぱり又移植に関わりたくて。」
「・・・そっか。」
「新しい土地で頑張ってみようかな。」
「・・・北海道か。」
「梨沙さんもどうですか?」
「せっかくだけど、寒いとこ苦手だから。」
「いや・・そうじゃなくて。」
「うん?」
「どこか環境をガラっと変えて、やり直すのも悪くないかなって。」
「・・・そうだね。」
「・・・」

神谷は、一緒に北海道に行きませんか?っという意味で聞いたんだと
あの表情を見てそう思う。


岡田家、マリアの部屋
「マリア。風呂沸いたよ。」
「うん。」
「ちゃんと受験勉強してんのか?」
「してるよー。」
「じゃあ何だよ。これ。」
「ふたご座流星群。去年見れなかったからさ。」
「・・・」
「明日瑞希と一緒に見に行こうって約束しちゃった。」
「そう。」
「去年出来なかったことを今年全部やるんだ。」
「ふーん。」
「お兄ちゃんは?」
「うん?」
「去年できなかったこと全部やった?」
「・・・」

健吾の部屋
健吾は空っぽになったクラゲの水槽を見つめ・・・。

病院
病室の窓から真っ暗な夜空を見つめる梨沙。
修一はそんな梨沙の背中を見つめ・・・。

「梨沙。」
「・・・」
杖を付いて歩く修一を助ける梨沙。
「おぉ、悪い悪い。
 今度こそさ、ちゃんと働くから。」
「もう聞き飽きたよ。」
「本当に、仕事探すから。」
「・・・」
「とりあえず、退院したらさ、」
「いいよ。」
「え?」
「そんな体じゃ仕事出来ないだろ。
 暫く家泊まれよ。」
「・・・」
「コーヒー買ってくる。」

梨沙が病室を出ていくと、健吾は梨沙のカバンに入っていた
通帳を開いてみる。
口座には毎日100円から1000円単位で預金されていた。
そして修一は、通帳にある何かに気付き・・・。

数日後、健吾は、配送センターの荷物引き渡しカウンターで客に
魚が入った荷物を引き渡した。
「ニモが入ってるんだよー!」嬉しそうな少女。
そのとき、伝票に書かれた送り主の欄に、熱帯魚ショップの住所と
梨沙の名前を見つける。

そんな折、梨沙が修一の病院へ行くと、リハビリ技師から
修一が退院したと聞く。
「退院!?」
「ええ、先ほど。」
「どこへ行くとか言ってませんでした?」
「さあ。そこまではちょっと。」
「・・・入院費は?」
「ちゃんと頂いています。」
「・・・」

ハッとして鞄のなかの預金通帳を探すが、見つからない。

その頃、修一は、松葉杖を捨てて、街へと繰り出していた。

梨沙は神谷のいる病院を訪れる。
「・・・北海道ってさ、もう雪降ってるかな。」
「え?」
「クソ兄貴がいなくなった。」
「・・・」
「貯金も全部持ってかれた。」
「・・・」
「・・・行っちゃうかな、北海道。」
「・・・」
「時々さ、全部夢だったんじゃないかって思うんだよね。」
「夢?」
「あいつに出会ったのも・・あの家で暮らしたのも・・
 手術したのも全部。」
「・・・夢なんかじゃないですよ。」
「え?」
「わかってるんじゃないんですか?夢なんかじゃないって。」
「・・・」
「あの家も、あの人も。」
「・・・」

岡田家
玄関の脇に止めた梨沙の自転車を見つめる健吾。

「ただいま。」
「お帰り。健吾、ポストにこれが入っていたんだけど。」
「うん?」
それは、梨沙の通帳だった。
「え?」
「梨沙さん、私たちにお金を返そうと思って貯めてたのかしら。」
「・・・」
「ほとんど毎日貯金しているんだけど。」
「・・・」

毎日、100円から1000円単位で貯金された通帳。
そこには、最近100万円が預金されていた。
通帳の裏側には、青とピンクのクラゲのシールが貼ってあり・・・。

修一が100万、通帳に入れて返したんですね。

横断歩道を渡りながら携帯で誰かと話す修一。
「あー、もしもし?元気?久しぶり。
 うん。暫く海外に行っててさ。
 久しぶりに君の声が聞きたいなーと思って。
 ほんとだよ。今から会える?」
修一が雑踏の中に消えていく。

熱帯魚ショップ
水槽の中の熱帯魚を見つめる梨沙。
「あら。今もう辞めたって言っちゃった。」と店長(キムラ緑子)。
「え?」
「梨沙さんいますかって男の人が来たよ。」
「・・・」
「いいの?」
「アホな兄貴なんで。」
「そう。
 次の仕事見つかった? 
 ごめんね。私もずっとこの店、やってたかったんだけどね。」
「・・・」
「どうした?魚見たくなった?
 落ち着くもんね。この子たち見てると。」
「本当はクラゲがいいんですけどね。」
「兄弟揃ってクラゲ好き。
 お兄さんも言ってた。クラゲ置いてないんですかねって。」
「・・・あの。」
「うん?」
「もじゃもじゃ頭でした?その人。」
「ううん。全然。」
「じゃあ、背が高くて・・ムダにイケメンでした?」
「アハハ。確かに。ムダにイケメンってわかるわかる。」

それが、健吾だとわかった梨沙は、店を飛び出し、
街中を探すが見つけることができない。

ここでもう、エンドロール!
キャストの名前が流れ始めます。


そんなとき、商店街のテレビが、今夜、ふたご座流星群が
見られると伝えていた。

同じ頃、梨沙を探すも見つけられずにいた健吾は、
先日、クラゲの展示を手伝った展望台にやってくる。
水槽のなかを泳ぐクラゲを見ていると、突然、
ひとつの水槽が電気系統の故障を起こす。
居合わせた健吾は、早速、修理をする。

そして、修理を終え、水槽を覗くと、水槽の向こう側に、
梨沙が立っていた。
信じられない気持ちで水槽越しに見つめ合うふたり。

「・・・何で来たんだよ。」
「え?」
「店、来たんだろ?」
「ああ・・。
 これ・・返そうと思って。」
「え?」
「ポストに入れたでしょう。」
通帳を調べる梨沙。
「・・・クソ兄貴。余計な事しやがって。」
「・・・そうか。」
「いらない。」
「いいよ。」
「いいって。」
「いやいいって。」
「いいよ。」
梨沙は健吾のジャケットのポケットに通帳をねじ込む。
健吾はそれを梨沙のカバンのナかに入れる。
「いいから。」
「・・・どっち?」
「うん?」
「流れ星。」
「ああ。
 あっちかな。」
「・・・こっからでも見えない。」
「そうかな。」
「・・・あんたんちのクラゲ元気?」
「・・・うん?・・・もう、いないよ。」
「え?」
「水族館に全部引っ越した。」
「・・・そうなんだ。
 ・・・今頃寂しいって泣いてんじゃないの?」
「クラゲには脳が無いからね。
 寂しいとか悲しいとかそういう感情はないよ。」
「それ前に聞いた。」
「・・・」
「外出たら見えるかな。」
「・・・
 梨沙。」
「・・・うん?」
「・・・一緒に帰ろう。」
「・・・それも前に聞いた。」
「・・・」
梨沙を後ろから抱きしめる健吾。
「帰ろう。」
「・・・」
「帰ろう。」
「・・・うん。」梨沙の瞳から涙が零れ落ちる。
そして、健吾に向き直ると、健吾を抱きしめ・・・
梨沙は健吾の頬にキスをした。
二人は微笑みながらお互いきつく抱きしめあい、そしてキスを交わし・・・。


マリアを殺そうと病室に向かった修一は、
マリアと話すことで、妹の兄への想い、梨沙と仲が良かった
頃の自分を思い出すことが出来た。

自転車の話がここに来て、もう一つ感動をくれました。
梨沙はもう、自分の後をくっついてきたちいさな梨沙ではない。
修一は妹を手放さなければいけないと、やっと気付き、
最後、健吾に託したんですね。

空っぽになった健吾の部屋の水槽。
去年出来なかったこと全部やった?というマリアの言葉。
健吾は1年間、服役したってことですね。
何よりも大切な梨沙を守るために。
そしてマリアも、そんな兄の想いに答えるため協力した。

クラゲの水槽越しの再会。
まるで、クラゲが二人を引き合わせてくれたかのようでした。

住む世界が全く違う二人が、少しずつ惹かれあう様子を、
言葉が少ない分、表情で魅せてくれた二人。
久しぶりに素敵な恋愛ドラマに出会えた気分です。

二人が抱きしめ、キスするのを、クラゲたちさえもが祝福して
いるように見えました。
自分よりも人の幸せを第一に考える梨沙や健吾が
幸せになって本当に良かったです。



ランキングに参加中!応援クリックよろしくお願いいたします。
人気blogランキング    TV Drama Ranking


公式HP


B0045UADVM流れ星 完全版 DVD-BOX
ポニーキャニオン 2011-04-20

by G-Tools



流れ星
流れ星白崎博史

ポプラ社 2010-12-17
売り上げランキング : 447


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



B0042P5M8Y流星
コブクロ
ワーナーミュージック・ジャパン 2010-11-17

by G-Tools



B0047Q7SDKフジテレビ系月9ドラマ「流れ星」オリジナル・サウンドトラック
井筒昭雄
ポニーキャニオン 2010-12-08

by G-Tools



キャスト
岡田 健吾(37) - 竹野内豊
槇原 梨沙(26) - 上戸彩
神谷 凌(28) - 松田翔太
岡田 マリア(17) - 北乃きい
安田 瑞希(17) - 川口春奈
沢村 涼太(17) - 桐山照史
川本 千鶴(32) - ちすん
中島 留美(29) - 北川弘美
柏原 裕也(27) - 中川真吾
川本 順二(42) - 杉本哲太
相澤 美奈子(37) - 板谷由夏
岡田 和子(57) - 原田美枝子
槇原 修一(35) - 稲垣吾郎

スタッフ
脚本:臼井素子、秋山竜平
脚本監修:伴一彦
主題歌:コブクロ「流星」
音楽:井筒昭雄
企画:金井卓也
プロデュース:中野利幸
演出:宮本理江子、石井祐介、並木道子
制作:フジテレビ・ドラマ制作センター



竹野内豊さんの主な出演作品



上戸彩さんの主な出演作品




タグ:流れ星
23:28 | CM(3) | TB(1) | 流れ星 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
台詞が少なくて、役者さんの演技に負うところの多いドラマでした。それだけ観る方も集中力が必要だし、本格派のドラマだったと思います。私は竹野内さんのドラマの近年の白眉は『人間の証明』だと思ってきたのですが、この『流れ星』で俳優さんとして一歩前進している姿を観ることができました。

上戸さんも、笑わない方がいいと思っていたので、そうだよこういう役がいいんだよと思った次第。

二人の笑顔は最後の最後にようやく観れましたね。笑顔封印の効果が、最後に花開いたように思いました。
言葉数が少ない分、台詞の力が問われると思いますが、そこもよかった。妙な説明台詞なしに、状況を理解させるのはたいしたものです。
そして言葉数が少ないと、演出も問われるわけで、宮本理江子さんの演出が、自分は好きなのだと再確認したドラマでもありました。

本格恋愛ドラマを観ることができて、幸せな3か月でした。
Posted by やすこ at 2010年12月25日 11:47
通帳の100万円ですが修一が入れたものではなく、梨沙が成功報酬として健吾からもらった100万円です。まったくそのお金に手をつけず、あと300万貯めるつもりだったんでしょう。
健吾が通帳の金額をみて表情を変えたのはそのことがわかったから。
意外とあの100万円の意味を勘違いしている方が多いようです。
Posted by なつめっぐ at 2010年12月26日 15:38
こんにちは。コメントありがとうございます。

★やすこさん★
期待以上の作品でした。
やすこさんが仰るように、セリフが少ない分、表情だけで登場人物の思いが
じんわり伝わってきて、それがとても良かったです。
元気いっぱいなイメージの上戸さん、役の幅が広がりましたね。
私も素敵な恋愛ドラマを見られて幸せでした。

★なつめっぐさん★
最終話、見直していたら、通帳は新規で100円、そしてその後すぐにあの100万を、いつか返そうとあ受けていたんですね。
あとは、毎日のように数百円〜千円単位で。
見落としていました。教えて下さりありがとうございまいた。
Posted by ちーず at 2010年12月27日 16:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

「あ・り・が・と・う」 じゃ〜な!(流れ星・モリのアサガオ#10最終回)
Excerpt: 『流れ星』最近、男とキスすることに喜びを感じている自称記者の人のもずく頭・修一@稲垣吾郎は、「僕がいないと妹は何も出来ない」と思い続けていたが、首を絞めて殺そうとした& ...
Weblog: |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο
Tracked: 2010-12-25 15:40
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。