2012年08月15日

ロボジー

家電メーカー、木村電器の窓際社員、小林・太田・長井の3人組は、
ワンマン社長から流行の二足歩行ロボットの開発を命じられていた。
近く行われるロボット博での企業広告が目的だ。
しかし、ロボット博まであと1週間というところで、制作途中のロボット
“ニュー潮風”が木っ端微塵に大破!

窮地に追い込まれた3人は、ロボットの中に人間を入れて誤魔化す計画を立てる。
ロボットの外装にぴったり収まる人間を探すため、架空のオーディションが開かれ、
仕事をリタイアして久しい独り暮らしの老人・鈴木重光(73歳)が選ばれる。

しかし、この鈴木がとんでもないジジイで…。
さらには、“ニュー潮風”に恋をしたロボットオタクの女子学生・葉子も巻き込み、
事態は思わぬ方向へ転がり出す―。
公式HPより


ロボジースペシャル・エディション(特典Blu-ray付2枚組)
ロボジー<Blu-ray>スペシャル・エディション(特典Blu-ray付2枚組)
東宝 2012-08-03
売り上げランキング : 501


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


以下ネタバレあり!!

居場所のないご老人と、ロボットの着ぐるみ役を探すエンジニア。

開発中のロボットが窓から落下してしまい、3人のエンジニアが思いついた策が、
着ぐるみロボット。

指定された身長がぴったりと応募してみた鈴木さん。
オーディションでは落ちてしまったけど、
受かった人が金属アレルギーで、繰り上げ合格!

ロボット博覧会当日、訳も分からずロボットの着ぐるみを着てステージに登場。
他の本物のロボットに対抗意識を燃やし、大活躍!

でも、後日ニュースで自分が騙されていたと知った鈴木さんは激怒!
3人とケンカ別れ。

ロボットの中に自分が入っていたとバラしても、
誰にも信じてもらえず、痴呆扱いされてしまう。

鈴木がいなくなり困り果てる3人のエンジニア。

4人が再び出会い、鈴木さんは再びニュー潮風に。

今まではスカスカだった鈴木さんのスケジュール、潮風となりギッチリに。

エレベーターの中でのオナラのシーンはCMでも見てたけど笑える〜!

家に来た時は目も合わせなかった孫。
誰かに必要とされている、世の中に夢を与えている。
鈴木さんは嬉しくてたまらない。

3人のエンジニアは、ロボットオタクの佐々木葉子や他の学生たちの、
どうやってニュー潮風は動いているのか、という質問で逆講義。
学生に講義するふりして学習。学生たちの熱意に突き動かされていく3人。

そんな3人の姿に鈴木さんは何を思う・・・。

真相を知り、何とか証拠を集めようとする葉子、
車に轢かれそうになり、助けたのが鈴木さん。
あの時の展示会のように・・・。

木村電器では、ロボットは偽物という噂が広まり、会見を開くことに。
記者に追われ、後退りして逃げるニュー潮風、コンセントに足がひっかかり、
窓から落下!!
・・・と思ったら、落ちる直前、鈴木さんが着ぐるみとすり替えていました。

鈴木さんは元いた場所に戻る。

木村電器の3人は葉子と共に、ニュー潮風2を発表するも、またもや窓から落下!

「鈴木さん、助けてください。」
葉子たちの頼みに、鈴木さんニッコリ。

3人のエンジニア+葉子がちゃんとロボットを完成させたのが良かったです。
また窓から落ちてしまい、あの葉子が鈴木さんに頼みにいく、というのが笑える。
楽しいコメディー映画でした。


キャスト
五十嵐信次郎(ミッキー・カーチス) 鈴木重光
吉高由里子 - 佐々木葉子
濱田岳 - 小林弘樹
川合正悟(チャン・カワイ(Wエンジン))
川島潤哉 - 長井信也
田畑智子 - 伊丹弥生
和久井映見 - 斉藤春江
小野武彦 - 木村宗佑
田辺誠一
西田尚美
田中要次
森下能幸
古川雄輝
高橋春留奈
大窪人衛
今井隆文
三浦圭祐
安田聖愛
星野亜門
竹井亮介
藤本静
細川洋平
大久保綾乃
遊木康剛
徳井優
菅原大吉
大石吾朗
竹中直人

スタッフ
監督・脚本
 矢口史靖
エグゼクティブプロデューサー
 桝井省志
企画
 石原隆
 市川南 
 阿比留一彦 
 小形雄二
企画協力
 佐々木芳野
製作
 亀山千広
 新坂純一
 寺田篤
プロデューサ
 稲葉直人
 堀川慎太郎 
 土本貴生


吉高由里子さんの主な出演作品



この記事へのコメント
おはようございます。
この映画、ホントに楽しかったですよね。
そもそも、ロボットの中におじいさんが
入っているって発想がありそうでなかった(笑
脚光を浴びていくロボット、小林達とわがままな爺さんとの攻防戦、ロボットオタクの吉高ちゃん、いろんなエピソードがきれいにからみあって、誰もが楽しめる映画になっていたと思います。
ラストのオチがまた、最高でした〜((´∀`))
Posted by きこり at 2012年08月28日 05:52
きこりさん、おはようございます。

ロボジー、楽しかった!
ロボットが落下したところから物語は動き、ロボットが落下して終わる。
3人組も地味だけど個性溢れてて、吉高ちゃんも可愛くて。
最後はそう来たかー!って。
本当に誰もが楽しめる作品でした。^^
Posted by ちーず at 2012年08月28日 07:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック