2012年09月17日

ビューティフルレイン 最終話

『私が全部おぼえているよ』

木下圭介(豊川悦司)は、未来の美雨(芦田愛菜)のためにプレゼントを用意し、
ボイスレコーダーに彼女へのメッセージを録音する。

そんなある朝、美雨は洗濯物を干すのを手伝いながら圭介に聞く。
「ねえ父ちゃん。」
「うん?」
「父ちゃんの夢って何?」
「父ちゃんの夢?」
「うん。」
「それは・・・美雨が、毎日明るく元気に大きくなってくれること・・・かな。」
「それだけ?」
「それだけって・・・。」
「もっと、父ちゃんが父ちゃんのためにしてみたいこととか、ないの?」
「何でそんなことを聞くんだ?」
「美雨はいつも父ちゃんに色々してもらってるから、
 たまには美雨が父ちゃんのために何かしてあげたいの。
 もし父ちゃんに夢があるなら、美雨が叶えてあげたい。」
「急にそんなこと言われても・・・」
「う〜ん。じゃあ考えといて。」
「分かった。」
「今日中だよ?」
「今日中?」
「うん。ウフフフ!」

B009APIUBMビューティフルレイン DVD-BOX
羽原大介
フジテレビ 2012-12-12

by G-Tools


同じころ、中村家では、富美夫(蟹江敬三)と妻の千恵子(丘みつ子)がケ
ンカをしていた。急病で入院してしまったお祭りの実行委員長の代役を、
富美夫が勝手に引き受けてしまったのだ。
千恵子は、ことしはバザーの当番なのだから飲食屋台を仕切ることになる
実行委員長はできないと主張する。
しかし富美夫は、一度引き受けたものを断るわけにはいかない、と引かなかった。
結局、富美夫は実行委員長を、千恵子はバザー当番を担当し、
娘のアカネ(中谷美紀)が両方を手伝うということで何とか落ち着く。

美雨に夢を問われて必死に考えていた圭介、
「そうか・・・。そうしよう。」

そこへ美雨がやってくる。
「父ちゃん、ご飯だよ。」
「美雨。父ちゃん決めた。
 父ちゃんの夢は、美雨と旅行に行くことにする。」
「旅行?」
「うん。どうしても、美雨に見せたいものがあるんだ。」
「見せたいもの?」
「父ちゃんの夢、叶えてくれるか?」
「うん!」

圭介は、その話を富美夫らに伝え、もし可能なら今度の三連休に行きたいと相談する。
富美夫や千恵子は、不安を抱きながらも、それを了承した。

美雨の部屋
「箱根?」
「うん。」
「そこに見せたいものがあるの?」
「そうだ。」
「見せたいものって何?」
「それは・・行ってからの、お楽しみ。」
「ん〜。いいじゃん教えてよ〜。」
「ほら。もう寝ろ。おやすみ。」
「・・・おやすみなさい。」

あくる日、圭介は、工員仲間の宗田清(でんでん)や勝田秋生(三浦翔平)とともに、
お祭りの屋台について打ち合わせをする。
するとそこに、圭介の主治医・古賀豊(安田顕)がやってくる。

「アメリカに?」
「はい。
 新薬の開発チームに、参加してみないかってずっと誘われていたんですが、
 ようやく、決心がつきましてね。」
「新薬って・・・」
「アルツハイマー病の、新薬です。」
「・・・」
「アメリカで、根治を目指しているチームがありまして、
 もちろん、簡単にいかないことはわかっているんですが、
 参加してみようと思いまして。」
「・・・そうですか。」
「ですから、今月いっぱいで、病院の方は・・・。
 木下さんの担当は、信頼出来る後輩に託しますので、ご安心ください。」
「それを伝えるために、わざわざ?」
「・・・実は、気になってたんです。
 木下さんと美雨ちゃんが、みなさんとどんなふうに暮らしているのか。
 正直、親戚でもない人たちと同居すると聞いた時は、
 少し驚きました。
 ですが、ここに来て分かりました。
 中村産業の皆さんは、木下さんにとって、本当に、家族同然だったんですね。」
圭介が微笑む。
「実は、私の兄が木下さんと同じ病気だったんです。
 さっきの皆さんを見て、自分たち家族も、あんな風に前向きに、
 兄を支えてやれたら良かったのにって、今さらながら思いました。」
「・・・」
「木下さんのように頑張っている人を、一人でも多く救うために、
 アメリカで頑張ってきます。
 新しい薬の開発に成功したら、真っ先に連絡しますから。」
「ありがとうございます。」

ベランダに並ぶ圭介とアカネ。
「できるといいね。新しい薬。」とアカネ。
「・・・できたらいいな。
 だけど俺は、今できることを毎日、精一杯やっていくしかないから。」
「・・・うん。
 悪くないね。こっち側からの景色も。」
「・・・うち、禁煙だよ。」
「たばこやめたもん。」
「ホントかよ。」
「ホントだよ。」

そこへ美雨が帰ってきた。
「ただいま〜!」
「おう。お帰り!」
「美雨ちゃんおかえり。」
「あれ?アカネちゃんどうしたの?」
「旅行の荷造り、手伝ってあげようかなと思って。」
「ほんと!?父ちゃん、早く荷物準備しよ!」
「おう。手帳に予定表も書かなきゃな。」
「うん!早く!早く早く!」
美雨は圭介とアカネの手を取り部屋に連れていく。

中村家の人々に見送られ、圭介と美雨は箱根に向かう。

バス停でバスを待つ二人。
歩道を歩く中学生のカップルに、圭介は美雨の姿を重ねる。

『15歳の美雨へ
 美雨、誕生日、おめでとう。
 15歳といえば、中学3年生。
 美雨にもそろそろ、好きな男の子ができる頃ですね。
 美雨がどんな男の子を好きになるのか、すごく気になるけど、
 実際にその男の子を見たら、父ちゃんは、嫉妬してしまうかもしれません。
 でも、誰かを好きになるというのは、とても素敵なことです。
 恋をすると、ドキドキしたり、ワクワクしたり、
 胸が締め付けられそうになったりします。
 だけど、美雨が好きになった相手が、
 必ず美雨のことを好きになってくれるとは、限りません。
 時には失恋して傷つき、泣きたくなる日もあるでしょう。
 傷つくことを恐れないで、いつも自分の気持ちに正直に
 生きていってほしいです。
 どんな時も自分に正直に生きていれば、
 たとえ傷ついても、きっと、美雨の将来の役に立つと、
 思うからです。』

ロマンスカー
窓の外の景色を見つめる美雨。
そんな美雨を見つめる圭介。
「何?」
「楽しいか?」
「うん!」

箱根湯本駅
「ねえ父ちゃん。喉乾いちゃった。」
「何か買ってきてやろうか?何がいい?」
「う〜ん。オレンジジュース!」
「よし。じゃあここで待ってろ。」
「うん。」

圭介はすぐそばの自動販売機へ。
「・・・」
「どうしたの?」と美雨。
「これ・・・どうやって買うんだっけ?」
「・・・お金貸して!」
一瞬、不安そうな顔をする美雨だがすぐに明るく言う。
「ここにお金を入れて、オレンジジュースのボタンを押す。
 ほらね!
 おいしい!父ちゃんも飲む?」
「おう。ありがと!」

旅館
「ねえ父ちゃん。明日見せてくれるものって何?」
「いいもの。」
「なに〜?」
「まだ教えな〜い。」
「な〜んで〜!?」
「・・・その代わり、父ちゃんのもう一つの夢、教えてやろうか。」
「もうひとつの夢?」
「美雨の、花嫁姿を見ること。」
「花嫁姿って?」
「美雨の結婚式だよ。」
「結婚式ってどうやるの?」
「よし、教えてやる。立て。
 いいか?花嫁さんの美雨は、父ちゃんと腕組んで、
 バージンロードっていう赤い絨毯の上を歩いて入場するんだ。
 わかったな?」
「うん。」
「よし。
 美雨、結婚、おめでとう。」
「ありがとう。」
「・・・そういう時は、長い間、お世話になりましたって言うんだ。」
「うん。
 父ちゃん。長い間、お世話になりました。」
「・・・幸せになれよ。」
「うん。」
「・・・皆さま、お待たせいたしました。
 新婦のご入場でございます。」
「よ!待ってました!」
腕を組む二人。
圭介は結婚行進曲の歌を口ずさみ、二人はバージンロードを歩いていく。
「・・・やっぱりダメだ。結婚式は中止しよう。」
「どうして?」
「父ちゃんやっぱり・・・美雨をお嫁に行かせたくない!」
「え?」
「父ちゃんは、美雨を一生離さないぞ!」
「イヤだ。結婚式の続きやる!」
「ダメだ!」
「イヤだ!」
「どうしても結婚したいっていうんだったら・・・」
美雨の悲鳴。圭介のくすぐり攻撃!
「どうだ。参ったか!お嫁に行かないって言え!」
「やだ〜!」

『18歳の美雨へ
 誕生日、おめでとう。
 進路はもう決めましたか?
 18歳の美雨が、どんな勉強をしているのか、
 それとももう社会に出て働いているのか。
 残念だけど、今の父ちゃんにはわかりません。
 だけど、美雨がやってみたいと思ったことは、
 全部やってみたらいいと思います。
 相談にも乗ってやれなくて、申し訳ないと思うけど、
 美雨ならきっと、自分で自分の道を決め、
 夢を持って、生きていってくれると、信じています。』

翌朝、圭介は中村家にこれから芦ノ湖を回って帰ると連絡する。

「よし、行こう。」
「芦ノ湖に行くの?」
「そうだよ。」
「そこに美雨の見せたいものがあるの?」
「しょうゆうこと。」

橋を渡る二人。
「美雨、走るな。危ないぞ。」
「わあ!」
「美雨!」
転んだ美雨に駆け寄る圭介。その時、赤い紐が切れ、手帳が川に落ちてしまう。
「あ・・・」

「ごめんなさい。大事な手帳だったのに。」
「気にすんな。大丈夫だよ。
 ・・・」
「・・・父ちゃん。」
「美雨・・・父ちゃん、どこ行くって、言ってた?」
「・・・芦ノ湖だよ。芦ノ湖に行くんだよ!」
「芦ノ湖行って、何するって言ってた?」
「・・・美雨に見せたいものがあるんだよ。」
「見せたいもの・・・。」
「忘れちゃった?」
「忘れちゃった。」
「芦ノ湖まで行けば、きっと思い出すよ!」
美雨は圭介の手を取り歩き出す。

バス停
「次のバスまで、1時間以上あるな。」
「どうする?」
「・・・歩いていこう。美雨、大丈夫か?」
「だいじょうブイ!」

中村家
祭りの準備をする中村家の人々。
「昨日の話・・・よく考えてみたんだけど。」とアカネ。
「おう。信用金庫の話か?」
「お断りさせてもらっても、いい?」
「まあそりゃ、構わんけど。」と富美夫。
「どうして?」と千恵子。
「ちゃんと勉強してみようと思って。」
「勉強?」
「介護福祉士を目指してみようと思うの。」
「介護、福祉士?」
「そっか。」と富美夫。
アカネの表情は晴れやかで・・・。

山道を歩く二人。
「だいじょうブイ!」
無理する美雨を背負う圭介。
「乗ったか?」
「うん!ウフフフ。」

「あ、雨だ。」
「・・・」
「奇麗な雨だね。」
「・・・」
「父ちゃん?」

(回想、病院)
「こんな奇麗な雨、初めて見たよ。」と圭介。
「美しい雨って書いて、美雨は?」と妙子。
「美雨か。・・・うん。」
(回想終わり)

「思い出した。父ちゃんの夢。」
「何?」
「美雨と一緒に、美雨の生まれた場所に行くんだ。」
「美雨が生まれた場所?」
「うん。」
「病院じゃないの?」
「行こう。」

「湖!あれ芦ノ湖?」
「うん。」
「早く行こう!」

「父ちゃんが、ママちゃんにプロポーズした場所なんだ。」
「プロポーズ?」
「父ちゃんとママちゃんが、ずっと一緒にいようて約束した場所を、
 どうしても、美雨に見せたかったんだ。」
「それがここ?」
「父ちゃんは、ママちゃんが大好きだったから、ずっと一緒にいたいと思った。
 ママちゃんも父ちゃんのことを好きになってくれて。
 だから、美雨が生まれた。」
「二人とも大好きだったから?」
「うん。
 美雨が生まれた日、父ちゃんとママちゃんは嬉しすぎて泣いちゃったんだ。」
「大人なのに?」
「うん。
 そのとき父ちゃんは、この子に出会うために、今まで生きてきたんだって
 思えるぐらい、幸せだった。
 命に代えても、この子を守りたい。守っていこうって決心した。
 その気持ちは今でも変わっちゃいない。
 美雨が初めて立った日。初めて歩いた日。
 父ちゃん、本当に幸せだった。
 美雨は、父ちゃんとママちゃんの愛の結晶だ。
 誰よりも愛されて生まれて、今まで育ってきたことを・・・
 忘れないでほしいんだ。」
美雨が頷く。
「これから先、悩んだり苦しんだり、時には、泣きたくなるくらい
 悲しい気持ちになることもあるかもしれない。
 そんな時は、ここに来て思い出して欲しいんだ。
 美雨は、一人じゃないってことを。
 世界で一番、愛されて生まれてきたってことを。
 それさえ思い出せば、美雨はきっと、また頑張れる。
 前を向いて歩いていける。
 たとえ父ちゃんが・・・何もかも、全部忘れちゃったとしても。」
「・・・大丈夫。
 美雨が全部、覚えといてあげる。
 父ちゃんが美雨のことを忘れちゃっても・・・
 美雨は父ちゃんのことを忘れないから。」
「・・・」
「そしたら、父ちゃんはいつまでも、美雨の父ちゃんでいられるでしょ?」
「・・・美雨。」
「だからだいじょうブイ!!」
圭介は美雨を飽きしめ・・・。

夕方、二人は東京に戻り、祭りの準備に合流。

梶原ふれあい祭り
美雨、アカネ、千恵子らはバザー売り場で。
秋生は綿菓子売り。
圭介はやきそば売り。
「さあ、焼きそばいかがっすか〜?美味しい美味しい焼きそば!」
「私も手伝う。」アカネがやってきた。
「おう。」
「いらっしゃいませ〜!おいしいおいしい焼きそばいかがですか〜?」

「父ちゃん!」美雨が綿菓子を手にやってくる。
「おお。すごいな!」
「これ当たったんだよ!」左手にはパンダのぬいぐるみ。
「カワイイじゃないか。」
「カワイイでしょ!」
「うん。」

「うん。美味しい!」
「うん。うまい!やっぱ圭さんの焼きそば最高っすね。」と秋生。
「やっぱりお祭りはいいよね〜。」と千恵子。
「今年は、実行委員長がいいからな。」と富美夫。
「あ!じゃ来年は俺が実行委員長やろうかな。」と秋生。
「無理無理。」と宗田。
「あ、秋生君。彼女はどうしたの?」
「ああ・・何かあの、予定があるとかないとか・・・。」
「ホントにいんのか?」と圭介。
「いますよ〜!」
「怪しいな。」とアカネ。
「何言ってんすか。勘弁してくださいよ、もう。」
「全部妄想だったりしてな。」と宗田。
一同の笑い声。

「ムネさん、もうちょっと中・・」
「そうかい?
 はいはいはい。じゃあ皆さん撮りますよ〜!」
「はーい!」
「はい、ポーズ!」
「ブイ!」

夜、圭介は美雨の寝顔を見つめながら考える。

『20歳の美雨へ
 美雨、誕生日、おめでとう。
 大人になって初めての誕生日。
 父ちゃんからのプレゼントは、受け取ってくれましたか?
 もしちゃんと受け取ってくれたら、それがおそらく、
 父ちゃんから美雨への、最後のプレゼントになると思います。
 美雨、初めて自転車の乗り方を練習した時のこと、覚えてますか?
 小学校2年生だった美雨は、転んでも転んでも、
 頑張って立ち上がり、練習を続けましたね。
 あの時、父ちゃんが言った言葉を、覚えてますか?
 何か困ったことがあった時、
 どうしていいか分からなくなった時、
 下を向いてばかりじゃ、何も解決しません。
 自転車と同じように、前を向いて、ゆっくり、少しずつでいいから、
 前へ、前へです。
 立派な人にならなくていい。
 お金持ちにならなくてもいい。
 今日も一日、精一杯頑張ったと思えるような、
 明日が来るのが楽しみだと思えるような、
 そんな毎日を、生きてください。
 もしもこの世の中に神様がいるとしたら、
 父ちゃんはたったひとつだけ、
 美雨を幸せにしてやってくださいと、お願いします。』


美雨の足引っ張って寝かせるシーン、しょうゆうこと、だいじょうブイ!
くすぐり攻撃!
この親子にしかわからないコミュニケーションの取り方があって、
演技じゃなくて本当の親子みたいに思えてくる。 

いつもはベランダで向かい合わせな圭介とアカネちゃん、
今回は圭介の家のベランダに並んでいました。
「悪くないね。こっち側からの景色も。」
「・・・うち、禁煙だよ。」
このセリフに、二人は夫婦になるのかと思ってしまった。
その後、圭介、アカネと手をつなぐ美雨ちゃん。この3人、本当の家族みたい。


古賀先生は圭介をアメリカに連れていくことを諦めました。
中村家と圭介が本当の家族のように見えて、誘うことができなかったのでしょう。


父ちゃんの夢は、美雨と一緒に旅行をすること。
そしてそこであるものを美雨に見せると・・・。
それが何なのか、美雨には秘密のまま、二人は箱根へ。

「これ・・・どうやって買うんだっけ。」
圭介は自動販売機の使い方がわからなくなってしまっていた。
美雨はの症状に驚いたけど、それを隠して笑顔で「お金貸して!」
いい子だ〜。

手帳を落とし、旅の目的を忘れてしまい・・・
手帳を失った圭介。これからは美雨が手帳代わり。

圭介に心配させまいと一生懸命歩く美雨。
美雨が疲れていることに気づき、美雨を背負う圭介。
そんな二人に、美しい雨が降り注ぐ。
これは、妙子がもたらした奇跡、かな。
圭介が旅の目的を思い出しました。

圭介が美雨に伝えたかったこと。親として、子に伝えたいこと。

「そのとき父ちゃんは、この子に出会うために、今まで生きてきたんだって
 思えるぐらい、幸せだった。
 命に代えても、この子を守りたい。守っていこうって決心した。
 その気持ちは今でも変わっちゃいない。
 美雨が初めて立った日。初めて歩いた日。
 父ちゃん、本当に幸せだった。
 美雨は、父ちゃんとママちゃんの愛の結晶だ。
 誰よりも愛されて生まれて、今まで育ってきたことを・・・
 忘れないでほしいんだ。」

自分は誰よりも愛されて生まれて、育ってきたって、
親は子供に伝えてあげてほしい。
そう言われた子供は、絶対に嬉しいし、心の支えになると思う。


「・・・大丈夫。
 美雨が全部、覚えといてあげる。
 父ちゃんが美雨のことを忘れちゃっても・・・
 美雨は父ちゃんのことを忘れないから。
 そしたら、父ちゃんはいつまでも、美雨の父ちゃんでいられるでしょ?」

圭介が病気の真実を美雨に告げてから、美雨は本当に強くなりました。
自分が父ちゃんを支えていこうって決めたから。
医者になって病気を治してあげようと決めたから。
美雨ちゃんなんて健気な・・・。

最終回、泣かせる方法は何通りもあったと思うけれど、
このドラマは美雨の成長と中村家の人々の温かさ、
そして圭介の美雨への思いで締めくくっていました。
それが嬉しかったです。

この親子の何年後かの姿も見てみたかったけど、芦田愛菜ちゃんの数年後は
別の子役か女優さんになっちゃうだろうから、この終わり方で良かったんだと思う。
いつか古賀先生のチームが新薬が開発してくれたらいいな、という希望を残しつつ・・・。
 
ただ、もし美雨の花嫁姿を演じるなら誰が・・・と考えてみたとき、
尾野真千子さんが浮かびました。
『Mother』で芦田愛菜ちゃんを虐待する母親役で、
芦田愛菜ちゃんが大人になったシーンを、尾野さんが演じられていたので。
でも今期は日9に出演されているので無理ですね。

ロケ地が梶原という設定で、都電、商店街、白山神社。 
個人的に馴染みのある場所なので懐かしかったです。


父ちゃんの病気が治らない、と告知された時。
そんな父のために医者になろうと決意した時。
芦田愛菜ちゃんの演技が素晴らしかった。
今後も女優さんとして上手に伸ばしていってあげてほしいです。



ランキングに参加中!応援クリックよろしくお願いいたします。
人気blogランキング    TV Drama Ranking



ビューティフルレイン DVD-BOX
ビューティフルレイン DVD-BOX
フジテレビ 2012-12-12
売り上げランキング : 448


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



雨に願いを(初回限定盤)(DVD付)雨に願いを(初回限定盤)(DVD付)
芦田愛菜

ユニバーサル ミュージック 2012-08-01
売り上げランキング : 394

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



フジテレビ系ドラマ 「 ビューティフル・レイン 」 オリジナルサウンドトラック
フジテレビ系ドラマ 「 ビューティフル・レイン 」 オリジナルサウンドトラック平沢敦士

ポニーキャニオン 2012-08-29
売り上げランキング : 17029


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




ビューティフルレイン
ビューティフルレイン青山 美智子

扶桑社 2012-09-14
売り上げランキング : 1790


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



キャスト
木下 圭介 (45) - 豊川悦司
木下 美雨 (7 → 8) - 芦田愛菜
木下 妙子 (故人) - 石橋けい

西脇 アカネ (35) - 中谷美紀
中村 富美夫 (65) - 蟹江敬三
中村 千恵子 (61) - 丘みつ子
勝田 秋生 (22) - 三浦翔平
宗田 清 (56) - でんでん

新井 春子 (40) - 国生さゆり
新井 小太郎 (7) - 高木星来 

古賀 豊 (37) - 安田顕
立花 健太 (26) - 君嶋麻耶
松山 昇 - 金時むすこ
松山 菜子 (13) - 吉田里琴

スタッフ
脚本 - 羽原大介
企画統括 - 成河広明
編成企画 - 鹿内植、佐藤未郷
プロデュース - 貸川聡子、山崎淳子
演出 - 水田成英、小林義則、八十島美也子
制作 - フジテレビ
制作著作 - 共同テレビ


芦田愛菜ちゃんの主な出演作品



豊川悦司さんの主な出演作品





この記事へのコメント
たった今読み終わり、大号泣していました…

今回は映像はまったく見れず、ちーずさんのブログだけを拝見していたのですがm(__)m


最後の『この世にもし神様がいたとしたら、父ちゃんはたったひとつだけ、美雨を幸せにしてくださいと願います』 にやられました(:_;)
自分の病気を治すことでは無く子供の幸せを願う…
まさに圭介の愛情が表れていて、大号泣でした


ドラマの中のようなセリフはやっぱり日常的には言っていません
伝えないといけないんでしょうね
後悔しない為にも☆☆
Posted by さぼさぼ at 2012年09月17日 23:41
さぼさぼさん、こんばんは。コメントありがとうございます!

私の記事だけじゃ、伝わらない部分も多かったはず〜^^;
トヨエツ父ちゃんと愛菜ちゃん美雨、父と娘が一緒に成長していくのを見て
親子ってそうなんだよな〜と思いました。

私のところに生まれてきてくれてありがとう、
という言葉は、絶対に伝えた方がいいと思います。
私は何かの時にそんなようなことを息子に言ったら、
予想していなかったけれど喜んでくれて、
親子だから言わなくてもわかることも多いけど、
親子だからこそ言わなきゃいけないこともあるんだな〜って思いました。

Posted by ちーず at 2012年09月18日 22:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

【TV】『ビューティフルレイン』
Excerpt:    脚本:羽原大介 音楽:平沢敦士 主題歌: 「雨に願いを」芦田愛菜(ユニバーサルミュージック合同会社) 企画統括:成河広明 出演:豊川悦司、芦田愛菜、安田 顕、丘みつ子、蟹江 ...
Weblog: まん病の素
Tracked: 2012-10-09 19:03
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。