2016年11月04日

海外ドラマ

2016年10月23日
最近はAmazon Prime, Hulu, Netflixなどにハマっております。
以下、自分用メモ。

見たものリスト
【Walking Dead Season 1-6】
 ホラー映画大好き!同僚が次々とハマっていき、見始めてしまいました。
 このために、Amazon Primeに入りました。
 もうすぐSeason7が始まりますね〜!!

【Game of Thrones】
 これも同僚に勧められ、一気に見てしまった。 
 なんだ、このスケールの大きさは。こちらも続きが待ちきれない。
 一番ハマっている海外ドラマです。

【Stranger things】
 パラレルワールド物も大好き。

【フジコ】
 これは日本の作品ですが、オノマチ、すごかった!

【Hunters/ハンターズ】

【神さまの言うとおり】

【THE PATH/ザ・パス】

【モールス】

【ガタカ】
 適正者と不適正者。不適正者の烙印を押されてしまったら、それを隠し通して
 自分の生き方を貫けるのか。深いお話でした。

【The Return】
 Netflixオリジナルドラマ。全10話。
 死んだ人が突然、この世に戻ってきた。
 4年前、7年前に亡くなった人が 亡くなった当時の姿で戻ってくる。
 愛する人の死を乗り越えようとしてきた家族や恋人は、その時、混乱するばかり。
 「黄泉がえり」のような感動系ではなかったけれど、おもしろかったです。
 
【Black Mirror】
「Twilight Zone」や「世にも奇妙な物語」のような構成のドラマ。1話完結なので見やすい。
 Season3 の1話、ランキング社会がおもしろかった。

【Walking Dead Season 7】
 待ちに待ったSeason7。誰がなくなるか予想は当たった。でも、そう来たかー!!
 しばらく立ち直れなかった・・・。
 強いRickはどこへ行った!?
 あまりものむごい仕打ちに、精神が壊されてしまうのでは・・・と思わせる、うつろな表情。
 Twitterで拾った、エイブラハムのピースサインの記事に泣いた。
 第2話のCarol回は良かった。早くメンバー揃わないかな。

 前半終了。そのRickやダリルが見たかった!あとはCarol達の合流待ち。
 憎たらしいニーガンは、世界がこうなる前、どんな風に暮らしていたんだろう。
 普通に家族を持つパパだったりするのかな。

【True detective】
 2016年12月視聴。会話のシーンが多くて何度か見ては途中で脱落してしまっていたのだけれど
 休みの日にじっくり見たらハマった!
 Season2は別のストーリーなのでまだ見ていません。

【セッション】
2017.1.2視聴。
 これは映画館で見たかったなぁ。スパルタ教育。すべてはその子を思って。
 今はそんな指導の仕方はできないよな、と思ったら・・・
 主人公の成長が自分のことのようにうれしかった。
 ドラムの音を聞きながら、自然とリズム取りながら見入っていました。

【パルプ・フィクション】
 時系列がバラバラで混乱したけど、さすがタランティーノ監督!と思った作品でした。

【代償】
 これは小栗旬さん主演の日本のドラマ。

【THE OA】
 結局はOAの妄想・・・と見せられた時はガッカリ。でも・・・
 面白かったです。

【青天の霹靂】

【シャーロック】

【イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密】
シャーロックでベネディクト・カンバーバッチにハマり、視聴。

【桐島、部活やめるってよ】
やっと見れた!!

【ぼくらの勇気未満都市】
SPを前に復習。

【オスマン帝国外伝】
日本でいう大奥。
ものすごい量なのにハマってしまったよ。偉いものに手を出してしまった・・・

【REC】1〜4

【ザ・ミスト シーズン1】

【パンデミック】

【リトルデビル】

【ババドック】

【ウォーム・ボディーズ】
ゾンビが人に恋をするお話。ゾンビ映画でこんな奇跡があるなんて。

【ザ・ラストシップ】

【ミスト】映画版
「パパ、僕を怪物に殺させないで」
 お父さんは息子との約束を守った・・・

【ファイナルデスティネーション】シリーズ

【アイデンティティー】
 
【17歳のエンディグノート】
I am Sam のダコタファニングちゃん主演の映画。
白血病の主人公・テッサ。
献身的な父親にはつい、悪態をついてしまう。父親の寂しそうな笑顔。
家族を捨てた母親の変化。
ストレートに物言う弟への微笑。
テッサは自分を特別扱いしない弟といることが心地よかったのかな。
壁に書いた、生きている間にやりたいことのリストアップ。
デート、SEX、ドラッグ、法を犯す、有名になりたい、タトゥー、スタンディングオベーションなど。
悪いことを親友と一緒にやっていくけど、楽しめない。
隣の家に住むアダムに恋をし、愛することを知り、生きる喜びを知り、
一度は恋を失いかける。
父親を失ったアダムは、愛する人を失う思いを知っているから。
悪友の妊娠。中絶を望む彼女に命の重さを訴える。親友の出産に立ち会いたい。
彼と思いが通じ合う。テッサの父親は、君には背負いきれないと拒絶。
実際、テッサの危機に何もできなかったことを悔やむ
生きているうちに本当にやりたいことを見つける。
「暗闇の時も一緒にいて。抱きしめて。愛して。
 怖い時は助けて。
 私がどこにいるか教えて。」
主人公にも共感したけれど、娘を想う父の想いにも泣いた。
「彼に失望したらどうするんだ?」
「私にはまだパパがいるわ。いつも通り。」
希望を見つけたテッサには、死ぬまでにやりたいことリストがどんどん増えていく。
彼とのこと。いつか生まれる子供とのこと。
「Being with you. Being with you. Just Being with you.」
愛を知らなければ、こんなに悲しい思いをしなくて済んだ。
でも、愛を知ったから、心から幸せだと思える時間を得た。
この世からいなくなる側。この世に残される側。その日まであと少し。
ラスト、Tessaのモノローグに泣きました。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック