2012年09月23日

黒の女教師 最終話

『さよなら黒の女教師愚か者の謎が明らかに涙の別れ!』

トシオ (松村北斗) は四年前に国文館高校の屋上から転落死した
葵 (上間美緒) の弟だった。
トシオは葵の担任だった夕子たちに復讐するために転校してきたのだ。

トシオは 夕子 (榮倉奈々) たちの課外授業を告発するレポートを
芹沢校長 (南果歩) に渡す。
「わかりました。それでも、関係のない佐伯さんを傷つけたのは、
 許されることではありません。2週間の停学とします。」
「構いません。姉の死を再調査してくれるなら。」
「水野葵さんの件は、本当に残念な事故でした。」
「事故じゃない。自殺・・・いや、殺されたんだ!
 あの高倉たちに殺されたんです!」
「戸田君。あなたが復讐のために、この学校に転校してきた気持ちを思うと、
 私も胸が痛みます。
 ですが、水野さんの件は、警察の調べで、事故という結論が出ています。
 水野さんが屋上から落ちた時、学校には教師も生徒も、
 目撃者は誰一人いなかった。
 雨も激しく降っていて証拠もなく、再調査は難しいと思います。」
「姉が長嶋瑞穂に追い詰められたのは、事実です!」
「それだけでは、自殺とは言えません。」
「・・・」

黒の女教師 Blu-ray BOX
黒の女教師 Blu-ray BOX
TCエンタテインメント 2013-01-11
売り上げランキング : 955


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


続きを読む
タグ:黒の女教師
00:25 | CM(0) | TB(0) | 黒の女教師 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月16日

黒の女教師 9

『最終章死者からの告発 FAX 愚か者は女教師だ !? キスの罠』

美術室、彩の授業
「トリックアートに惑わされたら、まずは自分の目を疑いましょう。
 固定観念。先入観。
 偏った味方が真実を歪ませる。
 そう。大切なのは、曇のない目で見ること。」

12月のある日、職員室に 水野葵 (上間美緒) という名で
「 国文館には黒の女教師がいる 」
という手書きのファックスが送られてきた。

同じ頃、長嶋家にも 瑞穂 (中西美帆) を
「あなたは 裏切り者 」
となじるファックスが。
水野葵という文字を見て瑞穂は取り乱し、夕子 (榮倉奈々) の前で泣き崩れる。
瑞穂の親友だった葵は数年前に事故死しているのだ。

一方、遥 (木村文乃) は 薫 (杉咲花) とともに 江衣花 (広瀬アリス) の家を訪ねることに。
望月 (千葉雄大) との関係や推薦入試に絡んだ事件で 明日香 (大野いと) の信頼を失った
江衣花は学校を休み続けていた。
遥は学校に出てくるよう促すが、江衣花は放っておいて欲しいと苛立つばかり。

続きを読む
18:39 | CM(2) | TB(0) | 黒の女教師 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月10日

黒の女教師 8

『最終章〜教師の秘密副校長の愛に愚か者』

急いで大学の指定校推薦の面接に向かう途中、江衣花 (広瀬アリス) は
駐輪場で他の自転車を将棋倒しに倒してしまう。
そんなところにうめき声が。
振り返ると 小川 (品川徹) という老人が心臓を押さえて倒れていた。
救急車を呼べば面接に遅刻してしまう。
誰かが歩いてくるのを見た江衣花は断腸の思いでその場を走り去る。

数日後、推薦に合格して祝福される江衣花。
そこに彼女に助けられたという記者が尋ねてきた。
校長選考試験を控えた堀田副校長 (光石研) の後押しもあり江衣花の美談は
雑誌で紹介されることに。

小料理屋
「告白します。
 私、内田すみれは、小学生の時、遊んでいて
 消化器を暴発させました。
 はぁ〜。秘密って、話しちゃうとスッキリする。」
「今さらここで告白されてもね。」と彩。
「いやだって、一度隠しちゃうと、その後どんどん言えなくなって
 結局、25年?」
「隠し事って苦しくなるもんですよね。
 嘘をついている自分がどうしようもなく汚く見えたり。」と夕子。
「穴掘って叫ぶしかないんじゃない?
 王様の耳は、ロバの耳〜!」と彩。
「ああ、そんな話ありましたね。
 あれって最後どんなオチでしたっけ?」とすみれ。
「王様の耳はロバの耳。
 隠し事を広めてしまった理髪師を、王様は許すんです。
 すると王様の耳は普通の人間の耳に戻って、終わりです。」と夕子。
「ハッピーエンド?」
「そう?元々隠し事なんかしなかったら、何もかもうまくいったのにという
 皮肉な話だと思うけど。私は。」と彩。
「・・・」
「・・・」
「・・・」

続きを読む
00:05 | CM(0) | TB(0) | 黒の女教師 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月03日

黒の女教師 7

『 恋か友情か?恐喝に愚か者 !! 女教師の謎 』

美術室
「このあと、7時に予約入れました。」と夕子 (榮倉奈々)。
「ありがとう。」と彩(小林聡美)。
夕子は彩が油絵を描き始めたことに気づく。
「さっき来てたよ。彼。」
「彼?」
「高倉先生を追いかけてる彼。」
「・・・」

国文館高校の文化祭が近づくある日、3年D組の 望月 (千葉雄大) は
同じクラスの菊地 (藤原薫) が恐喝されているところに出くわす。
仲裁に入ると菊地を恐喝していたのは望月の中学時代の親友・飯塚 (野村周平) だった。
飯塚は望月との再会を喜ぶどころか10万円貸せと持ち掛ける。

望月と飯塚は同じ中学の野球部だったが、試合中に望月が飯塚に怪我をさせてしまい、
右腕が動かなくなった飯塚は野球を辞めざるを得なくなった。
しかも病院を経営する望月の父がこの件を金で揉み消したことで2人の仲は険悪になり、
飯塚は今では詐欺師グループの一員になっていた。
贖罪の意識から望月は10万円を飯塚の口座に振り込む。

そんな望月には秘密があった。江衣花 (広瀬アリス) と付き合っているのだ。
江衣花は中学時代の野球部マネージャーで、飯塚と3人でお揃いのお守りを持つほど
強い絆で結ばれていた。
お揃いのお守りは江衣花が作ったもので、仲間の証。
そんな彼への贖罪の気持ちもあり、付き合っていることは2人だけの秘密だった。

そんな中、文化祭のクラスでの出し物がカフェに決定。
くじ引きで望月が店長に選ばれる。
スタッフに選ばれた菊池は店の名前をフレンドにしたらどうかと提案。
みんなが反対する中、菊池はそれでいいと受け入れる。

小料理屋
「花いちもんめって覚えてる?」とすみれ(市川実日子)。
「花いちもんめ。」と夕子。
「勝ってうれしい花いちもんめ♪
 あの子が欲しい
 この子が欲しい」
「うん。ありましたね。」
「あれってさ、よく考えると残酷な遊びよね。
 だって、最後に残された人って絶対傷つくじゃない?」
「必ず誰かが傷つく仕組みになっている。」
「それがわかってるのに、何であんな遊びしたんだろうね。」
「あなたが欲しい。
 そう言って欲しいからじゃない?
 誰かを傷つけても、仲間がほしいと思うのが人間。」と彩。
「傷付け合いは大人になっても続いていくんですね。」

続きを読む
11:47 | CM(0) | TB(0) | 黒の女教師 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月26日

黒の女教師 6

『親子の愛!?暴力・音大女教授に愚か者』

美術室、彩(小林聡美) の授業
「だまし絵を見るポイントは、核となる絵を見つけること。
 そして一度見つけたら、決して目を離さないこと。
 もし目を離せば・・・大事なものを見失う。」

国文館高校3年D組の 三島恭子 (藤原令子) は進学先を音楽大学にするのか
私立文系にするのか悩んでいた。
亡くなった母の親友で親代わりでもある音大教授の かなえ (杉田かおる) に
師事してピアノと作曲を学んでいるが、作曲コンテストでは常に二位止まり。
かなえの娘であり幼馴染の 愛 (小池里奈) には一度も勝てたことがない。
そして進路相談の折に 夕子 (榮倉奈々) に、
「音大を卒業する、年間約4500人のうち、
 プロとして自立できるのは約3%。
 半数は就職先が決まらないのが現状。
 コンクールではいつも2位どまり。
 港南音大教授・石川かなえの娘、石川愛に勝てたことは、
 かつて一度もない。
 狭い世界ですら勝てないなら、早めに諦めるほうが賢明ね。」
と切り捨てられてしまう。
そこへかなえがやってきた。
「そういう指導の仕方はいかがなものでしょう。
 港南音大の、石川かなえと申します。」
「ということは三島さんの・・・」と遥。
「講師であり、親代わりです。
 恭子さんの亡くなった母親とは親友で、彼女のことは、娘のように
 かわいがってきました。」
「そうでしたか。」
「生徒同士を比較するのは、教育者として間違っていると思います。
 しかも、進路の話で簡単に諦めろというのは。」
「高校生の約70%は、将来平凡でも安定した仕事を希望。」
「高倉先生!」
「勝ち目のない夢を追うほど、高校生は子供じゃない。」
「・・・」

続きを読む
タグ:黒の女教師
15:48 | CM(0) | TB(0) | 黒の女教師 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月18日

黒の女教師 5

『花火の恋!盗撮犯に愚か者 !! 教師の過去』

国文館高校3年D組の立花 (上遠野太洸) は、ある日繁華街で
ガールズバーの客引き女子高生の中に栞 (土屋太鳳) を目撃する。
しかも運悪くそこにすみれ (市川実日子) がやってきた!

しかしすみれは栞には気づかず、傍らにいた経営者の河合 (加藤虎ノ介)に声をかける。
「河合君。」
「・・・」
「あれ?忘れちゃった?私内田。内田すみれ。」
「あ!内田!」
「久しぶり。」
「久しぶり!」
「河合君、今どうしてんの?」
「今?飲食店いくつか経営してる。」
「経営?へ〜!すごいね。」
「いや、大したことないよ。内田は?」
「しがない独身高校教師。」
すみれは右手薬指の指輪をかくして答える。
「よかった〜!」
「うん?」
「いや、変な意味じゃなくて。俺も独身だから。
 あ、内田、番号昔のまま?」
「うん。」

河合はすみれの高校時代の彼氏で、2人の間にはなにやら因縁がありそうだ。

続きを読む
タグ:黒の女教師
17:35 | CM(0) | TB(0) | 黒の女教師 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月11日

黒の女教師 4

『モンスター・マザー受験か部活か?母親が愚か者に!!』

都立国文館高校3年D組の 安田 (山ア賢人) はバレー部のエースで模試の結果も毎回東大A判定。
都大会予選に向け顧問・近藤 (モロ師岡) のもと厳しい練習に励んでいた。
しかし、調子が上がらずミスを連発。1年生の 溝口 (奥村秀人) の台頭もあり、
このままではエースの座が危うい。さらに模試の結果もC判定といつになく悪かった…。

試合が迫るある日、学校に安田の母・瑠美子 (キムラ緑子) がやってきた。
瑠美子は PTA 会長にしてバレー部の保護者会会長。いわゆる実力者だ。
息子の安田には勉強も部活もトップ以外は許さない。
安田はエースで東大受験生である事が息子としての存在意義となっていた。

そんな中、瑠美子はバレー部1年の溝口の存在に表情を曇らせる。
溝口は駅前の洋品店の息子で、バレー部の期待の新人・・・。

顧問の近藤は、次の試合、エースポジションを安田か溝口のどちらにするか迷っていた。
そこへやってきた瑠美子、
「新しいボールの使い心地を聞こうと思いまして。」
「やっぱり新品はいいですね。保護者会の皆さんの寄付のおかげです。
 ありがとうございます。」
「ポジション変更ですか?」
「いや・・あの・・。」
「試合前のポジション変更は、チーム全体の士気を下げます。
 まさか近藤先生はそんなことしませんよね?」
「も、もちろんです。」

続きを読む
タグ:黒の女教師
16:51 | CM(0) | TB(0) | 黒の女教師 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月07日

黒の女教師 3

『痴漢サギ〜必殺学園愚か者!を蹴り倒す』

藤井彩の美術の時間
「アートはこころを映す鏡。
 見る人の気分によって捉え方は様々。
 さらに、ほんの少し目線が変わるだけで、
 180度違う絵になる。
 昨日まで見えていたものが、全部嘘になることも。
 つまり、ある日突然、希望に満ちた絵が、絶望の絵になることもあるってわけ。」

衣替えも終わったある日、国文館高校3年D組の 杉本 (西井幸人) は
満員電車の中、単語帳を広げ勉強をしていた。
少し離れた場所に立つ、片思いの佐伯江衣花(広瀬アリス)を見つめながら・・・。
そこで杉本は痴漢の疑いを掛けられてしまう。
杉本はその場を逃げ去り・・・。

職員室
「杉本順平。わが校でも自慢の生徒です。
 素行はよく成績優秀。
 特に、英語はズバ抜けていて、将来外交官希望。
 今度行われる英語のスピーチコンテストでも三連覇の偉業がかかってます。
 我が校の実績にもつながりますから、バックアップお願いしますよ。」と副校長。

続きを読む
タグ:黒の女教師
01:16 | CM(0) | TB(0) | 黒の女教師 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月04日

黒の女教師 2

『教師との禁断の恋!尾木ママも大推薦!!』

職員室
社会科教師・及川 (柏原収史)が生徒に指導する。
「いいか?人生を自己プロデュースするんだ。
 今ズルしたら、未来の自分がかわいそうだろ。」
「先生、ごめんなさい。」
「分かったならいい。リセット。
 弱い自分をリセットして、生まれ変われ。
 よし、以上!」

夕子 (榮倉奈々) の “黒の女教師” としての一面をまざまざと見せつけられた
新人教師の 遥 (木村文乃) は、及川の熱い教育方針に触れて元気を取り戻す。

及川は予備校顔負けの受験に特化した授業を展開して生徒からの人気も高く、
大手予備校のサテライト授業を国文館高校にも採り入れたいと熱く語るイケメン教師だ。

その及川には秘密があった。
3年D組の 明日香 (大野いと) と付き合っているのだ!

そんな2人がキスしているのを 啓太 (太賀) は偶然目撃。

啓太は教師との恋愛なんてと明日香のことを案じるが、
当の明日香は口止め料を払うから誰にも言うなと聞く耳を持たない。

二人の話を聞いていた彩。
「こっちから見ると・・・おもしろい。」

続きを読む
タグ:黒の女教師
19:02 | CM(0) | TB(0) | 黒の女教師 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

黒の女教師 1

『必殺!学園ドラマ!!ダークヒロイン誕生』

「文武両道で名を馳せる名門、國分館高校。
 私は知らなかった。
 この高校に、もうひとつの顔があることを。
 いや、この高校の女教師たちに、夜の顔があることを。」


桜舞い散る4月。
新人教師ながら都立国文館高校3年D組の担任になった 遥 (木村文乃) は、
胸を希望で膨らませて教壇に立つ。

しかし副担任は学校でもいい噂を聞かない生物教師・夕子 (榮倉奈々)。
さらに転校生のトシオ (松村北斗) がクラスのボス・望月 (千葉雄大) らの悪事を
いきなり告発するなど新学期から問題は山積みだ。

そんな 3D のリオ (竹富聖花) は大学生の彼氏・達也 (早乙女太一) から
友人のメールアドレスを集めるよう指示されていた。
達也は一流大学に通い司法試験にも合格している “勝ち組” だが、
実は脱法ハーブを売り捌く売人。
リオは達也との関係を続けるために悪事と知りながら様々な要求に応えていた。

やがて学校ではリオにメアドを教えると脱法ハーブを勧めるスパムメールが
来るという噂が立ち始めた。
焦るリオに追い討ちをかけるように抜き打ちの持ち物検査が行われる。

リオは遥に助けを求め、遥も学校には内緒にすると約束する。
しかし夕子はリオを単なる売人の道具だと斬り捨てる。

さらに 3D の生徒が脱法ハーブを吸って倒れたと連絡が!
追い詰められたリオを救おうと遥は夕子に助けを求めるが、
夕子は遥の初任給全額と引き換えならリオを救うと冷たく言い放つ。

夕子と古典教師・すみれ (市川実日子)、美術教師・彩 (小林聡美) の3人は
高額の金銭と引き換えに問題を解決する “黒の女教師” だった…。

公式HPより

続きを読む
タグ:黒の女教師
17:08 | CM(0) | TB(0) | 黒の女教師 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする