2005年12月29日

anego[アネゴ]SP

『今年の見納め!戦略部女子大忘年会でアネゴの恋と仕事を大反省会!
 ところが新たな恋人出現・・・・
 Drコパの風水で、2005年駆け込み結婚の結末は・・・・』



雪が降り積もるモンゴルの大地をパソコンを抱え歩く黒沢(赤西 仁)。
「寒い・・・腹減った・・・。
 そうだ・・・アネゴ何やってんだろう・・・。
 メールしないと・・・。しないと・・・。」
そう呟きパソコンを開くが、バッテリー切れ。
「またかよ・・・。電源どこだ、電源。こっちか!?」
電源を求める黒沢の歩くスピードが早くなる。
風力発電の場所までたどり着いたが、機械は凍りつき使えない。
「凍ってんじゃん・・・。
 アネゴ・・・。」続きを読む
12:22 | CM(14) | TB(0) | anego[アネゴ] | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月23日

anego[アネゴ] 最終話

『一歩、前へ』

奈央子(篠原涼子)の会社のビルから飛び降りようとする
絵里子(ともさかりえ)。
奈央子は警備員たちの制止を聞かずに絵里子の前に歩み出て、
手を差し伸べる。
「絵里子さん。この手につかまって。」
だが絵里子は首を横に振る。
「さようなら奈央子さん。
 奈央子さんなら、きっと私を救ってくれるって、そう信じていたのに。」
絵里子のショールが風に舞う。絵里子はそれに気を取られ・・・
「絵里子さん!!」奈央子が叫ぶ。続きを読む
08:57 | CM(29) | TB(0) | anego[アネゴ] | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月16日

anego[アネゴ] 第9話

『罪と罰』

絵里子(ともさかりえ)が、奈央子(篠原涼子)の不倫を糾弾する
メールやFAXを東済商事各部署に送りつけたことから、
経営戦略部は大騒ぎ。続きを読む
10:44 | CM(21) | TB(0) | anego[アネゴ] | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月09日

anego[アネゴ] 第8話

『運命の男』

新幹線に飛び乗った野田奈央子(篠原涼子)は沢木翔一(加藤雅也)と
共に京都に向かった。

「子供の頃から新幹線乗るとはしゃいじゃうんですよねー!」
と上機嫌な奈央子。
「沢木さん、お仕事は大丈夫なんですか?」
「ちょうど神戸に用があるんです。
 その前に1日ぐらい、寄り道しても。」
二人は、今日1日、仕事のことを忘れようと携帯の電源を切る。続きを読む
22:01 | CM(18) | TB(0) | anego[アネゴ] | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月02日

anego[アネゴ] 第7話

『傷心』

地獄の決算日。
早乙女加奈(山口紗弥加)は、体調不良の為欠席すると社に電話する。
みんなの目は自然と半同棲している立花(山口馬木也)に向けられた。続きを読む
13:25 | CM(26) | TB(0) | anego[アネゴ] | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月26日

anego[アネゴ] 第6話

『甘い生活』

野田奈央子(篠原涼子)のマンションへやってきた沢木翔一(加藤雅也)。
娘の真琴をベビーシッターに預けたまま姿を消した絵里子(ともさかりえ)を
探しにきたのだった。
その時奈央子の携帯に黒沢(赤西仁)から電話。
絵里子は立呑み屋・金太郎にいた。
会社の前をウロウロしていた絵里子を、元同僚のカズコが誘ったのだ。
絵里子はご機嫌で「今日は家に帰らない」と奈央子に伝える。続きを読む
14:20 | CM(17) | TB(0) | anego[アネゴ] | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月19日

anego[アネゴ] 第5話

『プロポーズ』

「いい会社に勤めて、立派な縁談まである人が、そんなふしだらな事を
 して許されるんですか?」
聞き覚えのない女性の声に脅迫される野田奈央子(篠原涼子)。
「お早うございます。アネゴ。」
隣で寝ていた黒沢明彦(赤西仁)に声をかけられ、慌てて電話を切る。続きを読む
12:58 | CM(22) | TB(0) | anego[アネゴ] | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月12日

anego[アネゴ] 第4話

『結婚の条件』

フットマッサージを受ける野田奈央子(篠原涼子)。
BGMはもちろん、「WE WILL ROCK YOU」!

「世の中には、男運がいい女と悪い女がいますが、
 その違いって一体何なんでしょうか?
 近頃私は思うんです。
 それは、運の問題じゃなくて、
 頭がいいか悪いかの違いじゃないかって。
 顔がどうの、性格がどうの、
 悪い人じゃないんだけどイマイチときめかないなんて
 難癖を付けてる女は永遠幸せになれないし、
 その諦めの悪さが、頭の悪い証拠じゃないでしょうか。
 結婚の可能性ゼロの年下の男や、不倫男にハマるなんてもっての他。
 この男と上手くいけば幸せになれるって思った瞬間、
 その男を、愛する女、愛していると思い込める女、
 そういう頭のいい女たちがちゃーんと、
 幸せになっているじゃありませんか。
 そうとわかったら自分もさっさと、
 そういう賢い女達を目指せばいいのです。
 !!!痛い!!!
 ちょっとそこ、どこのツボ?」
「うん?ここ?(足の親指をマッサージしながら)
 あなた、頭悪いですね。」続きを読む
23:47 | CM(13) | TB(0) | anego[アネゴ] | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月05日

anego[アネゴ] 第3話

『年下の男!』

「次、居酒屋でいいですか?」
野田奈央子(篠原涼子)はキスのあと黒沢(赤西仁)にそう言われ
我に返る。
「大変失礼いたしました。お疲れ様でした!」
「アネゴ!」
「いいのいいの。何にも言わないで。無かった事にして。」
そう言い残し、タクシーに飛び乗る。続きを読む
21:45 | CM(28) | TB(0) | anego[アネゴ] | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月28日

anego[アネゴ] 第2話

『アネゴの正義』

野田奈央子(篠原涼子)がオープンテラスで同僚の加藤博美(戸田菜穂)と
食事をしていると、一通のメールが届く。
メールを読み上げる奈央子。
『私悩んでます。野田さんだけに打ち明けたい事があります。』
「私はよく、女子社員からのっぴきならない秘密を打ち明けられ
 相談を持ちかけられます。
 もう嫌だ、もううんざりだと思いながらも、受け入れてしまうのです。」続きを読む
10:10 | TB(0) | anego[アネゴ] | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする