2005年06月25日

タイガー&ドラゴン 最終話

『子は鎹』

いよいよ最終回。高座に上がるのは竜二(岡田准一)!

「ドラゴンドラゴン 無言電話!
 ・・・もしもーし。」

会場、し〜ん。
「え〜。この兄さん譲りの挨拶も、足掛け3年になります。
 覚えていらっしゃいますか?
 かつて、林家亭小虎という、伝説の噺家がいたことを。
 ヤクザと噺家。
 2足のわらじで、半年に渡り落語会引っ掻き回した挙句、
 あっさりお縄を頂戴した野郎です。
 お陰で師匠は責任を取って落語芸能協会を脱会し、
 我々林家亭一門は、犯罪者の家族という不名誉なレッテルを貼られ
 路頭に迷った。」
続きを読む

2005年06月19日

タイガー&ドラゴン 第10話

『品川心中』

オープニング、高座に上がるのは林家亭どん兵衛(西田敏行)。

「え〜。いっぱいのお運びでありがたく御礼申し上げます。
 30年も昔になりますが、私が初めて高座に上がりましたとき、
 お客様は、3人でございましてね。
 そのうち2人は、話を始めて、まもなく居眠りということでございます。
 撃沈でございまして。
 便りの一人は、急に手を上げられまして、「ションベン!」
 黙ってじっと待っておりますと、居眠りをしておられました一人が、
 「何で噺やめんだ。急にやめるから目〜覚めちゃったじゃねーか!」
 本当にもう、今の若い人は幸せでございますな。
 まぁ今日は、大ネタでございますので、この位にいたしまして。

 品川に、城木屋という貸し座敷がございまして、
 そこで板頭を努める、お染という花魁(おいらん)がございました。」
続きを読む

2005年06月11日

タイガー&ドラゴン 第9話

『粗忽長屋』

第9話のオープニング。
本日高座に上がるのは、組長(笑福亭鶴瓶)!待ってました!
出囃子と共に、極道風(?)の歩きで登場です!


「え〜。上方一笑いに、いえ、日本一笑いにうるさい極道、
 新宿流星会の組長で、おま。
 本来なら早くここに上げてもらいたい言うてたんだけどね、
 私が出るとあとが出にくいよってやね。
 いよいよ真打登場で、おま。」

会場席で鶴子(猫背椿)のひざの上に座る娘が泣き出す。
「子供は手〜出せへんがな。銭持ってへんやさかいに。続きを読む

2005年06月04日

タイガー&ドラゴン 第8話

『出来心』

高座に上がる、ジャンプ亭ジャンプこと淡島(荒川良々)。
「どうも。ジャンプ亭ジャンプです。
 好きなスーツはジャンプスーツ!」

会場、し〜ん。
「え〜。出来心という言葉がありますが、心が出来てないヤツに限って
 よからぬ事を考えるもんです。
 心の隙間に魔物が入り込む、魔が刺したってヤツですね。」
続きを読む

2005年05月29日

タイガー&ドラゴン 第7話

『猫の皿』

高座に上がるのは 落語芸能協会・新会長の小しん(小日向文世)。

「え〜。古着ってーのがありますけれども、あれがどーもわからない。
 なんでわざわざ他人が着たものを、金出して買わなきゃいけねーんで
 しょう。子汚いジーパンが何十万もするんですから、理解に苦しむって
 もんです。」
続きを読む

2005年05月22日

タイガー&ドラゴン 第6話

『明烏』

第6話のオープニング。高座に上がるのは、薬師丸ひろ子!
出囃子は、『セーラー服と機関銃』の主題歌『夢の途中』!


「え〜。
 近頃じゃ、30代の女性を、『負け犬』ワン!なんて申しますが、
 男性の場合は、一概には言えません。」
続きを読む

2005年05月15日

タイガー&ドラゴン 第5話

『厩火事』

本日、オープニングで高座に上がったのは、
バスガイドのメグミ(伊東美咲)!
出囃子はメグミだけに、アニメ・魔女っ子メグちゃんの主題歌ですね。
『魔女っ子メグは〜魔女っ子メ〜グは〜、 
 あなた〜の心に〜、忍び込む♪』でしたっけ?(笑)
メグミのテーマソングにピッタリです!
そのメグミ、バスガイド姿で手を振りながらの登場です。
続きを読む

2005年05月07日

タイガー&ドラゴン 第4話

『権助提灯』

オープニング、高座に上がるのはそば辰の辰夫(尾美としのり)!
出囃子は、やだねったらやだね♪『箱根八里の半次郎』!


「(五代目志ん生のモノマネで)
 え〜。いっぱいの、お運びで、ありがとうございます。
 今の五代目志ん生で! ・・・若い人にはわかんないか。
 緊張しちゃうね〜。う〜ん。
 これ、カメラ?回ってんの?
 オィーッス。辰っちゃんです。御年四十です。バツイチです。
 え〜。跡腐れない恋愛をしてくれる二十代前半の女性、
 募集しておりま〜す。
 え〜。
 私が贔屓にしている噺家で、林家亭小虎って〜男がおりまして、
 こいつが二つ目になったんです。」
続きを読む

2005年04月30日

タイガー&ドラゴン 第3話

『茶の湯』

本日、オープニングで高座に上がったのは銀次郎(塚本高史)!
出囃子は、『男の勲章』!
つっぱることが男の〜たった一つの勲章って〜
誰よりも信じてた〜♪

「え〜。毎度ばかばかしいお笑いを。
 つーか自慢していいっすか?
 自分最近、彼女出来たんすよ。

 あ、この女(メグミ)(伊東美咲)じゃねーっす。
 これもいい女なんっすけどね。
 ちょっと俺の手には負えねーって、
 俺の中のシナリオライターが言うんで。
 あ、うそうそ。アニキに言われたんっすよ。」
続きを読む

2005年04月24日

タイガー&ドラゴン 第2話

『饅頭怖い』

町内の若い衆の集まりに留が遅れて来た。
ひどく慌てているので聞くと、蛇に飲まれそうになったので
逃げて来たという。
この世で蛇が一番怖いという話から、皆で怖いものの話を始めた。

みんなそれぞれ怖いものの話をしていたが、
ひとり離れて聞いていた熊だけは怖い物はないと突っぱねた。
ところが急に思い出し、実は饅頭が怖かったと言い、
話をしているだけで具合が悪くなってきたと帰ってしまった。
日頃、あまのじゃくの熊を良く思っていない連中ばかりで、
ここは一つ脅かして笑ってやろうと、
それぞれ饅頭を買って来て熊五郎に投げつけてやる事にした。

熊の家まで行くと、寝ているところにまんじゅうを投げつけた。
さぞや慌てるだろうと戸の外でしばらく待ったが、中は静かなまま。
まさか死んだのかと耳を澄ますとムシャムシャと音がする。
覗いてみると、饅頭を食べている。

男「本当は何が一番怖いんだ?」
熊「今度はお茶が一杯怖い」

続きを読む