2007年01月08日

瑠璃の島スペシャル 2007 初恋

沖縄県 八重山諸島 鳩海島
周囲 3.8Km
人口 58人
平均年齢 60.3歳
子供の数 6人

「今も、時々だけど、思い出す。
 この島が生き残る為に、子供が必要だという理由で、
 東京の施設にいた私が、来ることになった。
 初めは、嫌だった。
 でも、気がついたら、この島は、私の家に、
 島の人たちは、私の家族になっていた。
 今思い出しても、笑えること、辛いこと、悔しいこと。
 今なら言える、その全部が、私の宝物なんだ。」


あれから2年。
すっかり島の子となり、逞しく成長した中学2年生の瑠璃(成海璃子)。続きを読む
01:31 | CM(3) | TB(0) | 瑠璃の島 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月19日

瑠璃の島 最終話

『この島がくれたもの…いつかまた逢える 』

沖縄県 八重山諸島 鳩海島
周囲 3.8Km
人口 50人
平均年齢 60・5歳
子供の数 3人続きを読む
11:32 | CM(10) | TB(0) | 瑠璃の島 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月12日

瑠璃の島 第9話

『信じる心 悲しい真実』

警察署 西表分室。
「名前は・・・高原信です。」
「現住所は?」
「あの・・・俺・・・」
『瑠璃を悲しませないでやってくれ。
 黙って消えたりしないと、約束してくれ。』
仲間勇造(緒形 拳)の言葉が頭をよぎる。
「ん?今住んでる所だよ。ケンカ程度で手間かけるな。」
「沖縄県・・・八重山郡・・・鳩海島。」続きを読む
16:28 | CM(6) | TB(0) | 瑠璃の島 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月05日

瑠璃の島 第8話

『親子の絆 希望の叫び』

島は豊年祭の準備で本格的に忙しくなった。
仲間家の庭には女たちが集まり、餅の準備をしている。

女たちは瑠璃(成海璃子)やいずみ(永井杏)にもやってみるかと
声をかける。
いずみはみんなの輪の中に入っていくが、瑠璃は笑顔を見せたものの、
縁側に座ったままだった。
「鳩海島ではお餅つくりは女の仕事なのよ。
 私も今年から。」少し不器用そうにさなえが餅を葉で包む。
「そっち、熱いから、こっちから。」
松隈奈津美(西山繭子)が優しくいずみに教える。続きを読む
19:50 | CM(8) | TB(0) | 瑠璃の島 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月30日

瑠璃の島 第7話

『台風の夜 永遠の別れ』

島の一大イベントの豊年祭が近づいてきた。
瑠璃(成海 璃子)は、新垣治衛(平泉 成)の家に里子に来た7歳の
暁(内田 流果)が小学校に通うことになり大喜び。登校初日、
「子供の心をつかむには、これが一番!」とシールの束を手に
元気に暁を迎えに行く。続きを読む
12:29 | CM(7) | TB(0) | 瑠璃の島 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月23日

瑠璃の島 第6話

『涙の再開 届け父の愛』

新宿警察署からの電話は、照明(小日向文世)の傷害事件を伝えるもの
だった。達也の電話に耳を傾ける勇造(緒形 拳)、恵(倍賞 美津子)、
そして瑠璃(成海 璃子)。
少年たちに暴行を受け、病院に運ばれた照明。
「幸い意識はあるが、僕の名を・・・」
達也は3人に警察からの電話を報告する。続きを読む
13:59 | CM(3) | TB(0) | 瑠璃の島 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月15日

瑠璃の島 第5話

『もう二度と逢えない』

黒板にチョークで字を書く音が響く教室。
シーサーのストラップを見つめ、ぼーっとする瑠璃(成海璃子)。
さなえ(小西真奈美)はそんな瑠璃に気付いていた。
「はい。前に出てきてこれを解いて下さい。」
だが瑠璃にさなえの声が聞こえていないようだ。続きを読む
17:55 | CM(10) | TB(0) | 瑠璃の島 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月08日

瑠璃の島 第4話

『先生の涙と熱い友情』

「似合うじゃない!ねぇ。」
「おーぅ!似合う似合う!」
娘のお下がりの白いワンピースを瑠璃(成海璃子)に着せ、
恵(倍賞美津子)と勇造(緒形拳)は嬉しそうに笑う。
那覇の小学生5人が、鳩海島で1泊2日の共同学習をすることになり、
二人が瑠璃の為に用意したのだ。続きを読む
15:48 | CM(16) | TB(0) | 瑠璃の島 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月01日

瑠璃の島 第3話

『海ガメがくれた勇気』

瑠璃の母親・直(西田尚美)が、突然鳩海島にやってきた。
勇造(緒形拳)や恵(倍賞美津子)の家に案内された直は、
「木造家屋っていいですよね〜!癒される。
 畳!なんか実家に帰ったみたい。」と無邪気に喜ぶ。
直が何を言い出すのか気が気じゃない勇造は、
瑠璃に早く学校へ行くように言う。続きを読む
17:52 | CM(13) | TB(0) | 瑠璃の島 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月24日

瑠璃の島 第2話

『初めての愛は涙の味』

沖縄県八重山諸島 鳩海島(はとみじま)。
周囲 3.8km
人口 49人
平均年齢 63.5歳
子供の数 1人

新しい表札に向かいペンを握り締める仲間勇造(緒形拳)。
「おーい。母さん。るりって、どう書くんだっけ。」
食事の支度をしていた妻・恵(倍賞美津子)は、
菜ばしで宙に書こうとするが
「もうすぐ起きてくるんで本人に聞けば?」と夫に言う。
「恥ずかしいじゃん。」
勇造は再び表札に向かい、『瑠璃』と書き入れる。続きを読む
18:25 | CM(13) | TB(0) | 瑠璃の島 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする