2005年09月14日

海猿 EVOLUTION Final

『この手を離さない』

岩礁に引っ掛かったプレジャーボートにたどり着いた仙崎大輔(伊藤英明)は、
下川いわお(時任三郎)の娘、唯(一木有海)の名前を連呼した。
「唯ちゃん!そこにいるのか!?返事をしてくれ!」
「・・・助けて。」かすかに助けを求める声が聞こえる。
「生存者確認!!唯ちゃん生きてます!」大輔が下川に伝える。
潜水士たちが生存を喜ぶ。
「船内に生存者確認!」吉川が船長に報告を入れる。

その知らせは海上保安部で待つ唯の母親・里江子(奥貫薫)にも伝えられる。
船内に閉じ込められていると聞き、呆然とする里江子。続きを読む
17:39 | CM(9) | TB(0) | 海猿 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月08日

海猿 EVOLUTION10

『命にかえて』

池澤真樹(仲村トオル)の死を乗り越え一つ成長した仙崎大輔(伊藤英明)は、
新しくバディとなった吉岡哲也(佐藤隆太)と訓練に没頭している。

吉岡の訓練を見守りアドバイスを飛ばす大輔。
仲間の潜水士たちも大輔の成長振りが嬉しそう!
大輔は『ながれ』では吉岡の後輩に当たるけど、第1話で「年上だ!」と
立場逆転させたのは、こういう流れがあったからなんですね。

甲板で吉岡と並び腕立て伏せをする大輔と吉岡。
昔の大輔と池澤を見るようです。
番組の最初に流れる俳優さんの名前。
仲村トオル(回想)の文字が寂しい・・・!
続きを読む
16:59 | CM(8) | TB(0) | 海猿 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月01日

海猿 EVOLUTION9 

『失われた夏を求めて』

海賊の銃弾に倒れた池澤真樹(仲村トオル)。
池澤を撃った犯人も含め、海賊たちは人質を装って海に飛び込み潜水士たちに
救助された。だが、仙崎大輔(伊藤英明)は人命救助作業を放棄してしまう。

下川いわお(時任三郎)は命令に従い、3人の海賊を救出し『ながれ』に戻る。

池澤が大輔に、何か呟く。
必死に聞き取ろうとする大輔。
だが、大輔の手から池澤の手は滑り落ちた・・・。
「池澤さん!死ぬな!池澤さん!!」
大輔の叫び声が悲しく響く。続きを読む
01:30 | CM(14) | TB(0) | 海猿 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月24日

海猿 EVOLUTION8

『池澤、死す』

プールの中に仕掛けられた障害物を潜り抜けていく訓練。
池澤真樹(仲村トオル)と仙崎大輔(伊藤英明)は20秒以上もタイムを短縮させた。
「もっと落ち着いて、ゆっくり呼吸をするんだ。
 眠っている状態をイメージしてみろ。」
池澤が大輔にアドバイスする。
そんな二人のやり取りを、嬉しそうに見つめる下川いわお(時任三郎)。続きを読む
23:25 | CM(7) | TB(0) | 海猿 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月17日

海猿 EVOLUTION7

『人を殺した』

『ながれ』に威嚇射撃の命令が下り、船内に緊張が充満した。
射手の池澤真樹(仲村トオル)と助手の仙崎大輔(伊藤英明)は言わずもがなである。
そのころ、池澤の妻、尚子(芳本美代子)は緊急治療を受け、付き添いの伊沢環菜
(加藤あい)はロビーのニュースを見つめていた。
また、下川いわお(時任三郎)の娘・唯(一木有海)は電気店のテレビニュースで
父の危険に気付き、オーシャンズのスタッフは息をのみ…と、
それぞれに恐怖と不安を受け止めている。続きを読む
17:20 | CM(19) | TB(0) | 海猿 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月10日

海猿 EVOLUTION6

『不審船射撃』

『横浜会場防災基地
 荒天下現場想定訓練用A水槽』

人口の大波の中、ヘリから降ろされたロープに見立てた紐を掴もうとする
仙崎大輔(伊藤英明)。
大輔のバディ・池澤真樹(仲村トオル)は、
「上ばかり見ていないで、波と風を見ろ。
 波が上がるタイミングに合わせて力を入れるんだ。」とアドバイスする。
そんな池澤の様子に、いい顔になったと噂する山路拓海(平山祐介)と
永島康太(坂本真)。
池澤の言われたタイミングでロープを掴む大輔。
「よしっ。」池澤が頷き、同僚達が「よっしゃーっ!」とガッツポーズを作った。続きを読む
17:17 | CM(13) | TB(0) | 海猿 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月03日

海猿 EVOLUTION5

『突然の別れ』

プールを使った、溺れる遭難者を救う潜水士の訓練。
池澤真樹(仲村トオル)は遭難者に落ち着いた様子で声をかけ救助。
その様子に、「さすが元特救隊!」と山路拓海(平山祐介)が呟く。

仙崎大輔(伊藤英明)の番。
大輔は要救助者に「今助けます」と声をかけ、潜水し、要救助者の後ろに回る。続きを読む
21:10 | CM(8) | TB(0) | 海猿 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月27日

海猿 EVOLUTION4

『海に消えた想いを探せ』

「3日前、この海は 台風の影響で 波が高かった。
 漁船・第一永徳丸が、横波を受けて沈没したのは、15時02分。
 乗組員4名のうち3名は、近くにいた漁船に救助されたが、
 海に投げ出された、永徳丸の船長・徳永栄さんは、
 そのまま、行方不明になった。
 潜り始めて、既に2日。」


海底の捜索から海面に上がってくる仙崎と池澤。
「ダメだ。」
「移動だ。」
潜水士たちは一度船に上がり、別のポイントへと移動していく。

「自分達がやっているのは、遺体捜索だった。」続きを読む
17:13 | CM(13) | TB(0) | 海猿 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月20日

海猿 EVOLUTION3

『置きざりの愛』

「会いたいと連絡入れたのに何の連絡もない。
 つまり自分はフラれた。
 そもそも付き合う気もなかったし、これでいいんだ。」
伊沢環菜(加藤あい)は『オーシャンズ』の従業員・光森千佳(佐藤仁美)と
星野怜(臼田あさ美)にそう話す。続きを読む
11:30 | CM(18) | TB(0) | 海猿 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月13日

海猿 EVOLUTION2

『潜水士浮上せず』

三浦半島族 北緯35度 東経140度
エイジアントリップ号海難現場

「午前、7時30分。
 エイジアントリップ号の、船底に沈む。
 ウチダ船長が発見された。
 沈没時、内田船長は、空気抜き管の、油止めの処置をする為に、
 エンジンルームにいたらしい。
 安らかな、死に顔だった。」
続きを読む
11:20 | CM(18) | TB(0) | 海猿 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする