2006年09月24日

電車男2006DELUXE 最後の聖戦

『電車男2006DELUXE 最後の聖戦』

ネット掲示板の住人たちに支えられて愛を成就した“エルメス”こと
青山沙織(伊東美咲)と“電車男”こと山田剛司(伊藤淳史)は、
順調に交際を続けていた。

ふたりの物語は映画化までされ、大ヒットを記録。
かつては“ヲタクの聖地”と呼ばれていた秋葉原は、
映画の影響と大規模な都市開発が相俟って、
一般人や観光客などが急増していた。

「こんなアウェイな空気で、オタクが落ち着けるわけ
 ないじゃないですかーっ!」
インタビューに、そう絶叫する松永氏(劇団ひとり)。続きを読む
21:14 | CM(9) | TB(0) | 電車男 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月07日

電車男〜もう一つの最終回スペシャル

電車男とエルメスの『秘密の場所』で陣釜美鈴にプロポーズする桜井。
嬉しそうな美鈴。
その時桜井の携帯が鳴る。
桜井の会社の倒産を知らせるものだった。
それを知った美鈴の態度はひょう変!
お金のない桜井など興味のない美鈴は桜井を殴り蹴り、その場を立ち去る。続きを読む
12:20 | CM(16) | TB(0) | 電車男 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月23日

電車男 最終話

『史上最大の告白!!涙の卒業式』

沙織(伊東美咲)は、剛司(伊藤淳史)と出会ってからのことが全て綴られている
というインターネット掲示板の「独身男が毒づくスレ」を読み始めた。
酔客に絡まれたところを助けてもらったときのこと、
初めて一緒に食事に出かけた日のこと、
剛司の趣味がサーフィンだと勘違いして彼を苦しめてしまったこと、
ストーカーから助けてもらったこと…。
最初はスレを読むことに恐怖感すら感じていた沙織は、そのとき剛司がどんな思いで
いたのかを初めて知る。
剛司の真剣さや、彼を励まし続けた名前も顔もわからないネットの住人たちの
優しさを知った沙織は、いつしかそのスレに引き込まれていた。
いつしか、涙を浮かべながらスレを読みふける沙織・・・。続きを読む
23:35 | CM(26) | TB(0) | 電車男 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月17日

電車男 第10話

『最終章!奇跡の大逆転』

「アネキはあの山田って男に騙されてたんだ。
 あの野郎、アネキのことネットでバラしてたんだよっ!
 アネキとの出会いとかアネキのトラウマを、
 面白おかしく日本中にばらしてバカにしてたんだよっ!」
弟・啓介(速水もこみち)の言葉に驚く沙織(伊東美咲)。
「最低だよっ。あいつはアネキを裏切ったんだよ。
 見ろよ。ストーカーの一件や、親父とお袋の離婚話なんかの知られたくない事も
 全て鮮明に書かれてるんだぞっ!
 アネキに対しての変な想像や陰口も乗ってるんだよっ!」続きを読む
17:28 | CM(12) | TB(0) | 電車男 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月02日

電車男 第9話 

『最終決戦は悲劇の予感』

日本に帰国した沙織(伊東美咲)の父(山下真二)。
・・・と、ネットの住人・富永(我修院達也)。
祝!キボンヌ、帰国!(笑)

剛司(伊藤淳史)は、アニメやゲームが好きなオタクであることを
沙織に告白した。沙織にはもう嘘をつきたくない、と決意したのだ。
沙織は、そんな剛司のことを何の偏見もなく受け入れ、
仲直りしてほしい、と彼に頼む。

その夜、沙織は、剛司と一緒に秋葉原に行く約束をする。
パソコンを買い換えようとしていた沙織のために、剛司がアドバイスをする
約束をしていたからだった。続きを読む
21:50 | CM(18) | TB(0) | 電車男 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月26日

電車男 第8話

『復活!!涙のオタク激白』

沙織(伊東美咲)に誕生日のプレゼントを渡すために、雨の中、彼女が来るのを
ずっと待ち続けていた剛司(伊藤淳史)は、体調を崩し、意識を失って倒れた。
ラジコンで二人の様子を伺っていた桜井(豊原功補)。
そのラジコンから火花が飛び散る。
「おいおい!何で動かなくなっちゃったりなんかするんだよ、オイ!!」
リモコンに当たる桜井。
「あ、また壊しちゃった!」(また、なのかい!)(笑)
「山田さん!!」叫び続ける沙織の声に、放っておくことも出来ず
車から飛び出していく桜井。
ラジコンカーを蹴飛ばし、剛司の荷物を拾い上げ、剛司を担ぎ病院へ運ぶ。続きを読む
20:05 | CM(15) | TB(0) | 電車男 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月19日

電車男 第7話

『脱オタク!!涙の誕生日』

沙織(伊東美咲)は、剛司(伊藤淳史)が落とした封筒を彼の元へと届けに行った。
そこで沙織は、剛司が自分に仕事と嘘をついていたこに気づきショックを受ける。
エルメスの涙に泣きながら後悔する電車男。
だが沙織は「私たち、もう会わないほうがいいと思う。さようなら。」と告げ
剛司の前から立ち去る。続きを読む
17:28 | CM(16) | TB(0) | 電車男 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月18日

『電車男(秘)マニアな住人』

『F2スマイル』という番組で『電車男(秘)マニアな住人』というコーナーが
放送されました。

ネット住人の部屋はスタジオに隣りあわせで設置され
同時進行に撮影が行われているそう。
不思議な風景でした。(笑)続きを読む
17:23 | CM(16) | TB(0) | 電車男 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月12日

電車男 第6話

『告白は混乱の幕開け!』

山田剛司(=電車男)(伊藤淳史)は、ヲタ仲間の松永(劇団ひとり)と
川本(菅原永ニ)から、年に一度のコミックフェスティバルで『足首姫』を
初お披露目するべくブースを借りたので当日手伝ってくれと頼まれ大喜び。

その時キャッチホンが入る。青山沙織(=エルメス)(伊東美咲)からだ。
「今日はありがとうございました。」
ストーカーから救ってもらったこと、送ってもらったことの礼を言う沙織。
「またお礼しなきゃ。」と言われた剛司は、
「カップだけで充分です。大切に保管しています。」と答える。
「だったら・・・」続きを読む
01:03 | CM(21) | TB(0) | 電車男 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月04日

電車男 第5話

『ストーカー撃退大作戦』

沙織(伊東美咲)からのメールをにやけながら見ていた剛司(伊藤淳史)のもとに、
突然、美鈴(白石美帆)がやってきた。
インターネットの掲示板で話題になっている電車男とは剛司のことではないかと
勘ぐっていた美鈴は、さりげなくサーフィンの話を切り出し、彼が電車男本人だと
確信する。
すると美鈴は、もし自分なら、相手がオタクだと知ったら二度と会わない、などと
剛司に言い、不敵な笑みを浮かべた。続きを読む
23:41 | CM(17) | TB(0) | 電車男 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする