2005年12月15日

あいのうた 最終話

『あなたに逢えてよかった』

家族たちと家に帰る途中、倒れてしまった優二(玉置浩二)・・・。

=牧野中央病院=
牧野秀子(岸田今日子)が優二を診察する。
その場に付き添う洋子(菅野美穂)。
「ちゃんと話しとくけど。」
牧野が口を開くと、洋子は席を外そうとする。
「あ、先生。愛ちゃんなら、大丈夫。
 ・・・何?」
「・・・覚悟しておいて下さい。
 私は、医者としては、このまま入院することをお勧めします。」
病室に飾られたクリスマスツリーを見つめながら優二が言う。
「やだよ先生。入院は。
 だって、だってさ。
 もうすぐクリスマスだよ、先生。
 お願いします、先生。
 お願いします。」
優二が頭を下げると、洋子も同じように牧野に頼む。
「・・・わかった。」続きを読む
21:21 | CM(25) | TB(0) | あいのうた | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月08日

あいのうた 第9話

『僕が、奇跡を起こすんだ!!』

「あの・・・お願いがあるんだけど・・・。
 私と・・・私と結婚して下さい。」
優二(玉置浩二)に突然プロポーズする洋子(菅野美穂)・・・。

「えーーー!?結婚ーーー!?」
房子(和久井映見)は洋子にその日のことを聞き、
思わず店内中響き渡るような声で叫ぶ。
「プロポーズしたんだ!」
「そんなんじゃないわよ。」
「だってプロポーズじゃん。すごいね!」
「いや・・・すごいって言われると・・・。
 いや、あのね、」続きを読む
21:30 | CM(17) | TB(0) | あいのうた | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月01日

あいのうた 第8話

『私と…結婚してください!』

「朝だよー。起きてー!
 はい、あっさでっすよー!起きてください。」
フライパンをお玉で叩きながら子供部屋、そして優二(玉置浩二)の部屋に
起こしに行く洋子(菅野美穂)。

「おはよー。」
「ハイしゃきっとする!顔洗ってらしゃい!」
寝ぼけ眼の子供達に洋子が言う。
「愛ちゃん怖ーい。」と隼(渡邉奏人)。
「なんか最近張り切ってるよなー。」と大(佐藤和也)。
「付き合ってあげよう。そんなに続かないって。」と亜希(山内菜々)。
「そうだな。」
「ん?なんか言った!?」
「はい!!」子供達が洗面所へと駆け出す。
優二が嬉しそうに頷きながら洋子を見つめる。
「何やってんの。早く!」
「あ・・・すいません!」続きを読む
10:15 | CM(14) | TB(0) | あいのうた | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月24日

あいのうた 第7話

『嫌だ…彼を失いたくない!』

優二(玉置浩二)が病院から出てきたところを見かけた洋子(菅野美穂)。
心配して駆け寄ると、優二は洋子に「ちょっと胃の調子が、」と笑い
元気な素振りを見せた。

片岡家に戻った洋子は表札を見て驚く。
4人の名前+ミルクの下に『愛ちゃん』と自分の名前が付け加えられていたのだ。
「あいつら。」優二も嬉しそうに笑う。
「ミルクより下だし!」
「ま、しょうがないな。ミルクの方が先輩だしな。」続きを読む
09:46 | CM(20) | TB(0) | あいのうた | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月17日

あいのうた 第6話

『さよなら・・・幸せをくれた家』

土手に腰を降ろしコンビニ弁当を食べる洋子(菅野美穂)と房子(和久井映見)。
洋子が青空を見上げて言う。
「気持ちいね。」
「うん。
 ・・ん?」
「美味しい!」お弁当を口に運んだ洋子が言う。
「ん?ん??」
「なに?」
「なんか、愛ちゃん変わったね。」
「は?何が?」
「だって、美味しいとか、気持ちい、とか、言う人じゃなかったじゃん。」
「はぁ?そんなこと言った?今。」
「言った言った!
 風が気持ちイー!空は何で青いんだろう。オーイ雲よ君はどこへ行くんだー!」
「そんなこと言わないわよ。」
「幸せだってことだよ、愛ちゃんが、今。
 そういうさ、普通の暮らしの中の小さなこと、
 いい天気だなーとか、空がきれいだなーとか、
 そういうことをさ、感じていられればさ、
 幸せなんだよーって、私は思うな。」
「・・・ふーん。
 言われてみれば、全然考えたこともなかったな、そういうのって。」続きを読む
10:45 | CM(13) | TB(0) | あいのうた | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月10日

あいのうた 第5話

『好きになってるじゃん、私』

温泉旅行から戻った洋子(菅野美穂)たち。
洋子は、柳沼(成宮寛貴)に自分の過去を知られてしまったようだと
房子(和久井映見)に相談する。

あのあと、柳沼は洋子を抱きしめ、
「僕が守ります。
 愛さんは、僕が守りますから。」と言ったのだ。

「えーーーっ。なにそれー。すごい!
 なんで?ずるい!」
「いやあの、そういうこと言ってるんじゃなくってさ。」
「え?ちょっと待って。てことは、じゃあ、あのあと・・・」続きを読む
10:12 | CM(11) | TB(0) | あいのうた | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月03日

あいのうた 第4話

『ついに嘘がバレちゃった!?』

柳沼(成宮寛貴)が"松田洋子"の財布を持っていた男を問い詰めると
犯人の男は、自分の目の前でゴミ箱に捨てられたのを拾っただけだと言った。

房子(和久井映見)は『竃』に行くなりため息をつく。
「感動したんだ、私は。
 そしたらね、お腹が空いちゃったわけ。
 何にしようかなー。」
房子は店の自慢・おこげ定食を注文する。

そこへ片岡優二(玉置浩二)が大(佐藤和也)、亜希(山内菜々)、隼(渡邉奏人)
そして洋子(菅野美穂)と一緒に店にやって来る。続きを読む
18:53 | CM(5) | TB(0) | あいのうた | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月27日

あいのうた 第3話

『今日で性格ブスやめます!?』

「あなた・・・本当に記憶喪失なの?」
「・・・」
「ん?え?どうなの?・・え、ほんとに?当たり!?」
房子(和久井映見)に直球で聞かれる洋子(菅野美穂)。
「うぁ”ぁぁ。・・・ふぅ。・・・ぶぅぅぅぅ。・・・へぇ。」と唸ったあと、
「しょうがないか・・・。そうよ。」と諦めたように認める。
「そうよって?」
「だから、あんたの言うとおりだっていうこと!」続きを読む
02:11 | CM(15) | TB(0) | あいのうた | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月20日

あいのうた 第2話

『幸せなんて私に似合わない』

「これから先、生きていたからって、
 いいことがあるとは思えなかった。
 自分は人から愛されることもないんだ。
 自分には、絶対幸せはやってこないんだと、
 思っていた。」
続きを読む
09:35 | CM(17) | TB(0) | あいのうた | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月13日

あいのうた 第1話

『愛を知らない女の恋が始まった日』

「っていうかさぁ、何で赤ん坊は生まれてすぐ泣くのか知ってる?
 この世界に出てきたくないからあんなに泣くわけよ。
 だからといって、母親のおなかの中が居心地良かったとは
 思わないんだけどねぇ。私の場合。
 何しろ全く、100%、望まれないで生まれてきたからさぁ。
 えぇ?何言ってんの!いるよ、そういう子って。沢山!
 はぁ!?子供を愛さない母親はいない?
 バカじゃないの!
 いるにきまってんじゃん、そんなの!
 続きを読む
09:56 | CM(25) | TB(0) | あいのうた | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする