2005年12月31日

大奥〜華の乱〜スペシャル

『悲恋の果てに』

徳川綱吉(谷原章介)が5代将軍となる以前。彼は館林宰相と呼ばれる一大名であった。正室に迎えた信子(藤原紀香)は京の公家出身で京風を良しとするあまり、江戸での武家風の生活になじむ気配がない。その様子を見た綱吉の母・桂昌院(江波杏子)は側室の必要性を感じ始める。そこに現れたのがお伝(小池栄子)だった。

一方、柳沢吉保(北村一輝)は綱吉の信頼も厚く、禄は低いものの将来を嘱望され、綱吉とは時には兄弟のように接していた。その頃、柳沢には将来を約束した女性がいた。館林藩の下級武士の娘で名を里久(内山理名・安子と二役)といった。

悲劇は突然訪れる。あろうことか綱吉が里久を見初めてしまったのだ。綱吉と柳沢の関係に微妙な変化が生じる。そんな折、綱吉が後継将軍候補筆頭に躍り出て…。
公式HPより=続きを読む

2005年12月22日

大奥〜華の乱〜 最終話

『乱心』

柳沢吉保(北村一輝)が自らの野望を遂げられるよう、吉里は綱吉(谷原章介)の子であると証明するため遺書を残して亡くなった染子(貫地谷しほり)。柳沢の手にかけられての死だが、自害とされた。だが、右衛門佐(高岡早紀)と信子(藤原紀香)は、柳沢を跋扈させ染子を死に追いやったのは、綱吉の優柔不断な性格のせいとして、安子(内山理名)に再び毒薬を渡そうとする。

安子は綱吉に考え直すよう説得すべきだと拒否するが、その役目を任せてほしいと大典侍(中山忍)が名乗り出た。その上、大典侍から、綱吉の子を身ごもったことをほのめかす爆弾発言まで飛び出し、一同驚愕。大典侍が世継ぎを産めば、吉里が世継ぎでなくなり、柳沢の権力も弱まり万事治まると言う。しかし、その言動は信子の嫉妬心を燃え上がらせて…。
公式HPより=続きを読む

2005年12月15日

大奥〜華の乱〜 第9話

『遺言』

柳沢邸で催された宴席の最中、吉里が柳沢(北村一輝)と同様に左利きであることから、柳沢の子であると悟った桂昌院(江波杏子)がショックのあまり倒れた。
騒然となる中、柳沢は安子(内山理名)を別室に招き入れる。そこにはなんと、死罪となったはずの安子の夫・成住(田辺誠一)が幽閉されていた。柳沢の野望が安子に阻まれぬよう、成住は人質にされていたのだ。思いもかけない再会に涙する安子。

信子(藤原紀香)は病気ですっかり弱った桂昌院に対して、“お末上がりのお玉”と侮蔑しながらこれまでの恨みを述べ、吉里は柳沢の子で、染子(貫地谷しほり)はまだ柳沢と密会していると桂昌院を苦しめる。

一方、染子は、世継ぎの母を演じる重圧に耐え切れず、安子に「吉里は上様の御子ではございませぬ。」と打ち明けるが、そのやりとりを隣室で聞いていた音羽(余貴美子)と右衛門佐(高岡早紀)が踏み込み、桂昌院の前でそう証言するよう申し渡す。
しかし…。
公式HPより続きを読む

2005年12月08日

大奥〜華の乱〜 第8話

『お犬様』

世の乱れも大奥で女性が苦しむのも全ては綱吉(谷原章介)のせいと右衛門佐(高岡早紀)と信子(藤原紀香)にたきつけられ、病床に臥せる綱吉に毒を盛ろうとした安子(内山理名)。安子が逡巡したその瞬間、後継将軍選びの席で、綱吉にはもう一人若君がいると柳沢(北村一輝)が衝撃の発言をしたことが伝えられた。
その若君・吉里とともに染子(貫地谷しほり)は綱吉の側室として大奥入りを果たし、綱吉の病状も快方に向かう。

“生類憐みの令”に民衆が苦しむ中、世直しを願う水戸光圀(大杉漣)は、病床にありながら、江戸城に犬の毛皮を送りつけ騒ぎを巻き起こす。
もともと柳沢の側室であった染子の子・吉里は、綱吉の子ではなく、実は柳沢の子ではないかと疑う右衛門佐は証拠をつかみ問いただす。事前に信子から情報を得ていた柳沢は、うまく言い逃れ、右衛門佐はむしろ返り討ちにあってしまう。ますます権勢をほこる柳沢は、桂昌院(江波杏子)に女性として最高の従一位の位を献上するが…。
公式HPより続きを読む

2005年12月01日

大奥〜華の乱〜 第7話

『真の敵』

 我が子、長丸が死に至らしめた者が、お伝の方(小池栄子)だと思い込んでいた安子(内山理名)。しかし、お伝の子、徳松も怪我を負う。安子とお伝、互いに恨みの矛先がぶつかり合い、火花を散らす。だが、その争いの最中、安子は自らの勘からお伝に罪はないことに気づく。一方、右衛門佐(高岡早紀)も一連の事件に黒幕がいる気配を感じるのだった。

 度重なる不幸が避けられなかったと桂昌院(江波杏子)に責められる隆光(火野正平)は、最近、綱吉(谷原章介)が拾った犬を可愛がっていることを知った。そして、将軍家の子孫繁栄のためには、無益な殺生を禁じ、中でも犬を大切にすることが重要だと綱吉と桂昌院に説く。こうして“生類憐みの令”が誕生することに…。
公式HPより続きを読む

2005年11月17日

大奥〜華の乱〜 第6話

『殺意』

大奥という闇の中に、安子(内山理名)が見出した、たった一つの希望の光。それは我が子・長丸であった。しかし、その長丸も・・・。安子と綱吉(谷原章介)は茫然自失。
長丸への災いが、お伝の方(小池栄子)のしわざに違いないと確信した安子は、綱吉と桂昌院(江波杏子)に詮議にかけるよう訴える。だが、綱吉の血を引く徳松の母・お伝の方を罪人にするわけにもいかないとの思いから、桂昌院は世継ぎのお墨付きを授けさせることに。

その上、信子(藤原紀香)が京から呼んだ右衛門佐(高岡早紀)と対抗させ、さらにお世継ぎ候補をとの思惑で、桂昌院は京から新たな側室・大典侍(中山忍)を呼び寄せる。大典侍は別殿を要求し普請が始まった。女性としても自信満々の大典侍は、綱吉に対して積極的で、お伝の方を挑発するほど。そんな中、お伝の方に対する安子の恨みと怒りは爆発寸前・・・背後で安子の不幸とお伝の方とのバトルを楽しんでいる人物がいるとも知らずに・・・。
 そして、後日大奥にさらなる波紋を呼ぶ子どもが産まれた。柳沢(北村一輝)の側室・染子(貫地谷しほり)にも男児が誕生したのだ。
公式HPより続きを読む

2005年11月11日

大奥〜華の乱〜 第5話

『逆襲』

身重の安子(内山理名)を水風呂に突き落とし、湯殿に閂をかけて去ったお伝の方(小池栄子)。薄れゆく意識の中、安子は母の形見のかんざしで閂を開け、湯殿を脱出した。力尽きて倒れているところを音羽(余貴美子)に助けられた安子は、なんとか無事に新たなお世継ぎとなるべき男子・長丸を出産する。お伝の長男・徳松に続く、この新たなお世継ぎ誕生が大奥に波紋を呼ぶのだった。

綱吉(谷原章介)の安子と長丸への愛情は深まる一方で、他の女性や政治への関心は消え失せ、桂昌院(江波杏子)からは腑甲斐なさをそしられる。母に言われ、綱吉はしぶしぶお伝を訪ねるが、徳松をお世継ぎにしたいという執着ぶりに、綱吉はほとほと嫌気がさすのだった。
安子は仇の子とはいえ、母となった幸せを感じていた。そんな安子の幸せに理解を示す右衛門佐(高岡早紀)。母としての気持ちが分かるようになり、お伝の哀れさに気づく安子は、人の恨みを買ってまで我が子をお世継ぎにしたいとは思わない。続きを読む

2005年11月04日

大奥〜華の乱〜 第4話

『疫病神』

京から招聘された才色兼備の常磐井の局改め右衛門佐(高岡早紀)は、
大奥を激震させた。
女中たちは雅な京菓子をほおばりながら、右衛門佐の噂話で持ちきりである。
その右衛門佐が桂昌院(江波杏子)のもとへ菓子を手土産にご挨拶のため
訪ねてきた。
恭しく挨拶し、柳島妙見堂にお参りした際、桂昌院が寄進した参道の敷石に
感服した話などを持ち出して機嫌をとる右衛門佐。
思わず上機嫌になる桂昌院だが、その隙のない振る舞いに、ますます猜疑心を
募らせるのであった。続きを読む

2005年10月28日

大奥〜華の乱〜 第3話

『仇の子』

安子(内山理名)が綱吉(谷原章介)の子を身ごもったこと。そのことで、大奥での安子の立場は大きく上がり、綱吉のひいきはさらに強くなった。それに伴い安子の苦しみは大きくなるのだが、隆光(火野正平)から「安子の子は男子」という卦を聞いた桂昌院(江波杏子)は、世継ぎがお伝の方(小池栄子)の子だけでなくなるので、上機嫌である。しかし、隆光は安子の子は無事に産まれるまで幾多の困難に遭うと不吉なことも口走った。続きを読む

2005年10月21日

大奥〜華の乱〜 第2話

『伏魔殿』

安子(内山理名)は母の仇を討つ覚悟で綱吉(谷原章介)の閨に入った。
だが、宿直の中臈・音羽(余貴美子)に牽制され、なすすべもなく綱吉に
抱かれてしまう。
 
綱吉の寵愛を受ける安子を快く思わぬお伝の方(小池栄子)は陰湿ないじめを始め、
不満の多い正室・信子(藤原紀香)は信子で、心に秘めた思惑から安子を仲間に
引き入れようと画策。

そんな中、周囲の目を盗み、安子は元夫の成住(田辺誠一)と外出先での心中を
企てるが…
公式HPより続きを読む