2005年12月20日

危険なアネキ 最終回

『顔だけイイ女が大逆転』 

皆川寛子(伊東美咲)は、勇太郎(森山未來)がアパートから出て行って
しまったことにショックを受ける。
勇太郎を探し、田村伸一教授(児玉清)を訪ねる寛子。
「彼の気持ちを尊重して、温かく、見守ってあげましょう。
 必ず、立派な医師になって戻ってきてくれると、私は、信じています。」
教授がそう言う。

家に戻った寛子は、勇太郎の部屋のゴミ箱から
『2006年12月
 「みながわ」
  ついに復興』
と書かれた紙が捨ててあるのに気付き、自分がどれほど勇太郎を傷つけて
しまったのかと、ショックで部屋に引きこもってしまう。
そんな寛子を心配して、武田育夫(高嶋政伸)は部屋を訪ねるが、
寛子は居留守を使い・・・。

その頃、勇太郎は「関西電力病院」にいた。続きを読む
21:50 | CM(8) | TB(0) | 危険なアネキ | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月13日

危険なアネキ 第9話

『人生最悪の姉弟ゲンカ!』

これからはお互い何でも話すと約束した皆川寛子(伊東美咲)と
勇太郎(森山未來)姉弟。
親子水入らずの旅行代の足しに、とお金を手渡す勇太郎。
寛子は、母・容子(萬田久子)がお金を持って逃げたことを
勇太郎に話せなくなる。

一方、北村さおり(釈由美子)の息子、太一(小室優太)の病室には
根本俊哉(岡田浩暉)が再三現れていた。
根本の出現は、さおりだけでなく中村拓未(平岡祐太)やスタッフたちにも
波紋を投げかけていく。

翌日、母を捜しに施設を訪ねていく寛子。
五十嵐祐一(矢柴俊博)は、ここ以外に行くところなんてないはずだと
心配する。続きを読む
01:30 | CM(8) | TB(0) | 危険なアネキ | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月06日

危険なアネキ 第8話

『お母ちゃんが見つかった』

みながわ復活のために、宮崎から送ってもらった種芋を植え始める
寛子(伊東美咲)。
「何年かかるんだよ!」と勇太郎(森山未來)。

そんな勇太郎のもとに、『みながわ』の広告の反響のすごさを伝える
連絡が入る。
勇太郎は借金返済の融資について銀行と相談。

街中で『みながわ』を振る舞う寛子。
「もうすぐ復活します!」と宣伝していると、颯爽と歩く一人の女性が
足を止める。続きを読む
21:04 | CM(8) | TB(0) | 危険なアネキ | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月29日

危険なアネキ 第7話

『敏腕社長の甘〜い誘惑!!』

「3000万、全部君にあげる。」
「こんな沢山のお金、受け取れません!」
「いやあげると言ってもこれはあくまでも投資。
 君がテレビに出てるのを見て、純粋に手助けをしたいなって
 思ったんだ。
 昔からみながわの大ファンでね。
 それこそ、お父さんが賞を取った頃からずっと。
 みながわを復興させたいんでしょう?じゃあ受けてればいい。
 全国のお客さんがみながわを待ってるんだよ!
 一日でも早く飲ませてあげたいでしょう。」
店に来た客にそう言われ戸惑う寛子(伊東美咲)。
鶴見辰吾さん、爽やかですが・・・・・。怪しい!(笑)続きを読む
00:54 | CM(11) | TB(0) | 危険なアネキ | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月22日

危険なアネキ 第6話

『史上最悪の密着24時間!!』 

皆川寛子(伊東美咲)に、テレビ局のプロデューサーだと名乗る
男(中川家 礼二)が近づいてきた。
その男は、テレビ番組で寛子の働いている姿を見せて視聴者の関心を高め、
焼酎『みながわ』を復活させようと言い出す。
寛子はその話を受け、テレビ出演することに。

『密着24時六本木キャバクラ嬢
 〜3千万円の借金を背負った女〜』

「彼女の名前は、皆川寛子。
 宮崎生まれの28歳。
 3千万円の借金を抱えながら、『みながわ』復活という夢を抱き
 ここ、『Blue Velvet』ではミヒロという名で頑張っている。」続きを読む
08:35 | CM(10) | TB(0) | 危険なアネキ | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月15日

危険なアネキ 第5話

「宮崎の田舎から何の前触れもなく、
 突然転がり込んできた、姉の寛子。
 ただでさえ迷惑しているのに、弟の恋の邪魔をするわ、
 愛ちゃんが振られたのを喜んでいるわ、
 とにかくやりたい放題。

 まあとりあえず、愛ちゃんも、田村教授も感謝してくれたから
 良かったようなものの、
 本当に何をしでかすかわかったもんじゃない。

 価値観は合わないし、性格も正反対。
 教養もなければ常識もないうちのアネキ。
 顔だけいい女。」 
続きを読む
00:32 | CM(11) | TB(0) | 危険なアネキ | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月08日

危険なアネキ 第4話

『顔だけイイ女恋の勘違い』

「宮崎の田舎から何の前触れもなく、
 突然転がり込んできた、姉の寛子。
 実家が倒産したことも親父が死んだことも黙っていた。 
 なんだかんだでキャバクラの仕事は続けているし、

 しかもその格好で病院に乗り込んでくるんだから
 本当にたまらない。
 まあ、北村さんが看護士を続けられるようになったから
 良かったようなものの、本当に何をしでかすか
 わかったもんじゃない。

 価値観は合わないし、性格も正反対。
 教養もなければ常識もないうちのアネキ。
 顔だけいい女。」 
続きを読む
01:10 | CM(7) | TB(0) | 危険なアネキ | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月01日

危険なアネキ 第3話

『顔だけイイ女が大突破!』

「宮崎の田舎から何の前触れもなく、
 突然転がり込んできた、姉の寛子。
 実家が倒産したことも親父が死んだことも黙っていた。
 なんだかんだとキャバクラの仕事は続けているし、
 しまいには僕の担当患者をキャバクラで接待する始末。
 まぁ、息を引き取る前にアネキに感謝していたっていうから
 良かったものの、本当に何をしでかすかわかったもんじゃない。
 価値観は合わないし、性格も正反対。
 教養もなければ常識もないうちの姉。
 顔だけいい女。」
 続きを読む
00:46 | CM(11) | TB(0) | 危険なアネキ | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月25日

危険なアネキ 第2話

『顔だけイイ女が大借金!』 

「宮崎の田舎から何の前触れも無く、家に転がり込んできて姉の寛子。
 実家が倒産したことも、親父が死んだことも黙っていた。
 病院に来て金をせびるわ、勝手に僕の家に人を連れ込むわで
 やることなすこと腹が立つことばかり。
 東京に来て何をやっているかと思ったら、キャバクラで働いているという。
 よくよく聞けば、元婚約者に会うための行動で、
 おまけにその男に思いっきり振られてしまって、
 同情の余地はあるんだか、ないんだか。
 価値観は合わないし、性格も正反対。
 教養も無ければ常識も無いうちのアネキ。
 顔だけイイ女。」
続きを読む
00:22 | CM(14) | TB(0) | 危険なアネキ | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月18日

危険なアネキ 第1話

『顔だけイイ女が大失恋』

絶壁から海を見下ろす女性。サンダルを脱ぎ・・・
ぎゅっと握り締めた手を胸に、目を閉じる。

「皆川寛子。27歳。ふたご座のO型。宮崎生まれの宮崎育ち。
 好きな食べ物は、ぽんかん、バナナ、チキン南蛮。
 将来の夢は・・・
 私の27年間は、一体何だったんだろう。」
続きを読む
01:47 | CM(24) | TB(0) | 危険なアネキ | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする