2006年09月16日

誰よりもママを愛す 最終話

『泣くな!パパ』

ママの手術の日が近づいてきた。
パパの手作り弁当を持って見舞いにやってくると、
ママは入院患者の人たちの法律相談に乗っている。
その姿を見て安心するパパ。

パパがお見舞いに持ってきた手作り弁当を、
同室の人たちに、
「パパの料理はほんと最高なんですよ〜!」
とのろけるママ。
テレビで放送されていた、『愛妻弁当コンテスト』に出てみたらと
楽しそうに薦める。続きを読む

2006年09月10日

誰よりもママを愛す 第10話

『ママがいなくなる日』

パパ(田村正和)の目の前でママ(伊藤蘭)が倒れた。病院に連れて行ったパパはこずえ(小林聡美)からママが乳がんであることを聞かされる。そのことを知ったママは、子供たちにはもう少し秘密にしておいてと頼む。

 家に帰ったパパは、子供たちから矢継ぎ早の質問を浴びせられる。みんなママのことが心配なのだ。過労で2〜3日入院すると説明するパパだったが、その声は嘘をつくとついなってしまう裏返ったものに…。訝しがる子供たちを何とかはぐらかしその場を逃げ切るパパだったが…。

 しかし、数日後大変な事件が起こる。こずえから、「ママが病院からいなくなった」と連絡が入ったのだ。すぐにママの携帯に電話をするが留守電で連絡が取れない。ついに、パパは子供たちにママの病気のことを話す。いくらママから頼まれたからといって、何で秘密にしたのかとパパを責める子供たち。そこへ、おねえちゃん(内田有紀)の電話が鳴る。相手は山下(劇団ひとり)。こんな時に、と怒りながら電話に出たおねえちゃんに、山下は「先程ママを見た」と告げる…。続きを読む

2006年08月28日

誰よりもママを愛す 第9話

『涙のバースデー』

人間ドッグの結果、ママ(伊藤蘭)に乳癌が見つかった。
その結果を悩みながらも宣告するこずえ(小林聡美)に、
ママは「パパ(田村正和)だけには黙っていて欲しい」と懇願する。
こずえはせめてパパには言った方が良いのではと薦めるが、
ママは「心配をかけたくないから」とその提案を拒否。

図書館で知に宿題を教えてもらう薫。
つい知に見とれてしまうが、同級生3人組に冷やかされて言ってしまう。
「誰がこんなブス!!
 やめてくれよ、気持ち悪い!!」

その頃、ママの病気のことなどまったく知らないパパは、
ママの誕生日パーティーを画策していた。
ママの件をパパにこっそりと伝えようかと悩んでいたこずえも、
そのパーティーの準備に巻き込まれる。続きを読む

2006年08月21日

誰よりもママを愛す 第8話

『迷惑で最高な家族』

ピンコ(阿部サダヲ)と一夜を過ごした(?)明(玉山鉄二)は、
昨日のことはなかったことにして欲しいと言い、
ピンコの部屋を飛び出していく。

芸は身を助ける=ゲイ
お構いなく=オカマ
お客さんの言葉に激しく動揺する明。
「美容師はゲイの人が多いって言うわよね。」
この言葉に、手がすべり、お客さんの髪を間違えてバッサリ
切ってしまった!

一豊(田村正和)がいつも買い物をするスーパーマーケットで
一豊のことを隠れて見つめる怪しい男が一人。
それは・・・ピンコ。
一豊の方へ向かって行こうとしたその瞬間、ピンコはたくさんの
ダンボールを運んできた女性店員とぶつかってしまう。
「何するのよ!」
と叫んで睨んだその相手は雪(内田有紀)だった。
雪は、ここのスーパーでパートを始めていたのだ。続きを読む

2006年08月14日

誰よりもママを愛す 第7話

『できちゃった!?』

こずえ(小林聡美)が産婦人科の医者だということを知ったおねえちゃん
(内田有紀)が妊娠したらしいと相談にやってくる。
「父親は、誰なの?」
「元カレだと思います。多分・・・。」
「多分って・・・。」
「その前のカレとも1、2回あったので、その頃・・・。」
「何でそんなことしたのー。」
「元カレに冷たくされて、寂しくてつい・・・。」
つわりに苦しみながら雪が言う。
「どうしたらいいと思いますか?」
「パパとママに、相談してみれば?」
「両方とも無理!
 ママには怒鳴られるに決まっているし、
 パパは男だから相談し辛いって言うか、
 パパのことだからどうせテンパるに決まってるし。」
つわりに苦しみながら、雪はどうしたらいいか迷っていた。続きを読む

2006年08月07日

誰よりもママを愛す 第6話

『誘拐犯はオマエだ』

「オタクノ息子ヲ誘拐シタ」
パパ(田村正和)が取った電話の主はそう告げた。
薫(長島弘宜)を誘拐したというのだ。

オロオロするパパは、もちろん警察には言えず、たまたま通りがかった
こずえ(小林聡美)と帰ってきたばかりのママ(伊藤蘭)に相談する。

「おっきな事件でもないかな〜。」
鼻歌歌いながら不謹慎なことを言いながら、
山崎邦正さん@お巡りさんが登場。(笑)
お巡りさんに不審者に間違えられ、通りがかるこずえに
助けを求める一豊。
「お知り合いですか?」お巡りさんに聞かれたこずえ、
「いえ、全然!」
この時のこずえの衣装は黒。
続きを読む

2006年07月31日

誰よりもママを愛す 第5話

『あばかれた秘密』

おねえちゃん(内田有紀)に続き、おにいちゃん(玉山鉄二)も
出て行ってしまった嘉門家・・・。

薫(長島弘宜)は本屋で知と一緒になる。
マンガを買っているところをバカにされムっとする薫。
嘉門家では、姉に続き優しい兄までが豹変し、
家を出ていってしまったと聞いた知は、
「みんな、本当の自分を抑えて、
 人には言えない秘密を持って生きているもんなの。」

そんなことを話しながら歩いていると、薫の憧れの香奈ちゃんが
友達と塾に入っていくところを見かける。
「あんたの好きな子、
 ほんとはすごいことを考えているのかもしれないよ!
 心の中で。」
知に言われて、「まさか!」とつぶやく薫。続きを読む

2006年07月24日

誰よりもママを愛す 第4話

『優等生の正体』

おねえちゃん(内田有紀)が家出をして、淋しくなるボク(長島弘宜)。
家に帰ると、意外なことにパパ(田村正和)の楽しそうな声が聞こえる。
家にはなぜかピンコ(阿部サダヲ)がやってきていて、パパと楽しそうに
料理を作っていた。
おにいちゃんの友達だと紹介されてギョッとするボク。

するとそこへ、おにいちゃん(玉山鉄二)が帰ってくる。
明るく挨拶され、驚きを隠せないおにいちゃん。
家をどうして知っているのかと尋ねると、先日デートをすっぽかされた
ときに、おにいちゃんの後をつけてきたという。
あきれるおにいちゃん。

今度はそこへママ(伊藤蘭)が帰ってきた。
ママにはきっとピンコのことは理解不能だろうと判断したおにいちゃんは、
今度必ずデートするという約束で、何とかピンコに帰ってもらう。

しかしそのデートの日、断りたいけれどピンコを傷つけたくないと言う
思いから、隣人のこずえ(小林聡美)に頼み込んで恋人のふりをして
もらうことに。

そしてその帰り道、一同は、先日おねえちゃんが結婚すると言って
連れてきた山下(劇団ひとり)が、ヤクザ風の男たちに取り囲まれている
ところに出くわす。
公式HPより=続きを読む

2006年07月17日

誰よりもママを愛す 第3話

『信じられない破局』

「結婚します!」 
と、パパ(田村正和)に宣言したおねえちゃん(内田有紀)。
いつも好きになるとしつこくつきまとって、結局ふられるという恋愛を
繰り返したおねえちゃんを、パパもおにいちゃん(玉山鉄二)も
ボク(長島弘宜)も心配していた。

特にママ(伊藤蘭)は、玉の輿に乗ろうとバカなことを考えているかも
しれないから気をつけるようにと進言する。

ママの予想通り、おねえちゃんは相変わらずその運命的な
出会いをした男・山下(劇団ひとり)とのデートでは猫を被っていた。

お腹いっぱい食べたい豪華ディナーも控えめに、
欲しいものも遠慮をして、という次第・・・。

そんなある日、おねえちゃんは山下を家に連れてくるという。続きを読む

2006年07月10日

誰よりもママを愛す 第2話

『』

「うちのパパは変だと、みんな言います。
 ママのことを誉められると、むちゃくちゃ喜んで、
 どんな面倒なことでも引き受けてしまうし、
 逆に、ママの悪口を言われるとすぐキレて、
 色々トラブルを起こすから、もう大変!
 
 でも、僕は不思議です。
 いつも一緒にいたいから結婚したのに、
 パパがママを大好きなのが、なぜ可笑しいんだろう。
 うちのパパは、ママ以外の女の人には目もくれず、
 ママを幸せにすることだけが生きがいの、
 日本一の愛妻家なのです!」
続きを読む