2007年06月20日

セクシーボイスアンドロボ Voice 11

『ロボ』

冷蔵庫にホールケーキ。

「お父さんの誕生日。
 お父さんの可愛がっていたルミちゃんが、戻ってきた。」


庭の洗濯物干しにセキセイインコが止まっていることに気付いた
ニコ(大後寿々花)。
そっと手を伸ばし、ルミちゃんをキャッチ。
「ルミちゃん!家帰ってきたんだ!
 偉いね〜!
 お父さん喜ぶよ〜!絶対!
 あ・・・プレゼントルミちゃんにしよう。
 やった〜!買わないで済んだ。」

その頃、ロボ(松山ケンイチ)は家で一人カレーを食べていた。
「・・・誰だ!?誰だ!誰だ!!
 ・・・あ、気のせいか。
 ・・・」
なにやら気配を感じたらしい。続きを読む

2007年06月13日

セクシーボイスアンドロボ VOICE 10

『幸子』

家族4人揃ってカレーを食べる林家。
幸せそうに一口、口に運ぶが、みんなの表情が曇る。
「この肉、固い!噛み切れない!」と一海(村川絵梨)。
「胃に来さえすれば、胃液が溶かしてくれるわよ。」
一生懸命肉をかみながら母・雪江(片桐はいり)が言う。
「ここだっていう時に勇気を振り絞って飲み込むんだ!」
と父・竹男(塚本晋也)。
ニコ(大後寿々花)とその家族、固い肉に悪戦苦闘。

「テレビとかじゃ、
 ウソー、口の中で溶けるー!
 とか言ってるのになー。
 そんな肉、まだ食べたことないけど。」


テレビでは、チョウチンアンコウのもえもん(萌えもん)の作者で
知られる超人気漫画家・信田コーン(篠井英介)が
20億をかけてプロデュースした水族館が完成したと
ニュースが伝えている。続きを読む

2007年06月06日

セクシーボイスアンドロボ VOICE 9

『プッチーニ 後編』

「何も変わらない。」

一人テーブルで朝食を食べるニコ。
一海(村川 絵梨)が母・雪江(片桐 はいり)に、
自分の服を着たと怒っている。
「着るわけない。」ととぼける母。
「匂い!ほら、これお母さんの香水じゃない!」
「一回ぐらいいいじゃない!」

「一海!」父・竹男(塚本 晋也)が声をかける。
「うん?」
「お前西田さんに、俺と母さんが見合い結婚だって
 バラしたろう?」
「本当のことじゃん!」
「うちは、対外的には、恋愛結婚だってことになってんの!
 ね、そうだよね?」
「お父さん、この間バッタリ会った時、無視したでしょう、
 私のこと。」と雪江。
「あ・・ああ・・気付かなかった・・」
「上司の人に私のことを紹介するのがそんなに嫌なの!?」
「お母さん、この匂いどうにかしてよ!!」
「一海!!」
「何!」
「俺はつまんないことで嘘をつく、ちっちゃい人間と
 思われちゃったじゃないか!」
「知らない!」続きを読む

2007年05月30日

セクシーボイスアンドロボ VOICE 8

『プッチーニ・前編』

林家。
竹男(塚本 晋也)、雪江(片桐 はいり)、ニコ(大後寿々花)が
竹男の祖父の見舞いから戻ってきた。
危篤と聞き駆けつけたが、「全然死にそうじゃなかった」と
一海(村川 絵梨)に話す。
今まで何度も危篤と呼び出されたことがあったのだ。
「まだまだ、いけるんじゃないの?」
「おじいちゃんわざとやっているとしか思えない!」
呆れる家族。

「ひいじいちゃんが危篤だと聞いて、
 親戚中が駆けつけたけど、
 誰も泣かなかった。」


ニコは録画しておいた番組が撮れてなかったことにショック!

「人が死にそうだって時に、テレビの番組の方が
 気になっている私って・・・
 どうなんだろう。」
続きを読む

2007年05月22日

セクシーボイスアンドロボ VOICE 7

『』

ニコ(大後寿々花)とロボ(松山ケンイチ)は、ファミリー
レストランで立てこもり事件に巻き込まれる。
従業員によれば犯人は長時間、ある女性の到着を待っているという。

ニコとロボは、同店で働く一海(村川絵梨)や来店した
雪江(片桐はいり)、竹男(塚本晋也)らと犯人を説得するが
失敗。
調理場に隠れていた名梨(岡田義徳)が犯人のかばんを
取り上げようとしたことから、中に大金が入っていると分かる。

名梨によれば、その大金は犯人が勤務先の会社から持ち出したもの。間もなく、犯人は思わぬ犯行の動機を明かし始める。

ヤフーテレビより=

イメージ 1.png続きを読む

2007年05月15日

セクシーボイスアンドロボ VOICE 6

『ZI』

ガラスの割れる音。天井には晩御飯のステーキが突き刺さっている。
「私の青春返してよ!」
「食べ物をなんだと思っているんだ!」
ニコの父・竹男(塚本 晋也)と母・雪江(片桐 はいり)は
物を投げあい、大喧嘩!
ニコ(大後 寿々花)と姉・一海(村川 絵梨)はテーブルの下に
非難し食事中。
「ね、原因なに?」ニコが聞く。
「お父さんが勝手に定期預金解約したみたいよ。」
「え!?何に使ったの!?」
「友達に貸したらしいよ、50万。」
「50万!?そりゃ怒るわ・・」

翌朝。
部屋はめちゃくちゃ。
ケンカをしたまま、竹男は出張に出かけてしまった。
雪江は竹男が大切にしていた牛乳キャップをゴミ袋に詰め
捨てに行ってしまう。続きを読む

2007年05月09日

セクシーボイスアンドロボ VOICE 5

『うしみつ様』

姉・一海(村川 絵梨)が父・竹男(塚本 晋也)と一緒に、
明日から始まる教育実習の練習をしている。
「わかりませーん。」
「答えたくありませーーん。」
近頃の高校生はこれ以上だと、不真面目な生徒を演じる父。
「え?一海ちゃん学校の先生になりたいの?」
驚くニコ(大後 寿々花)。
「なりたいかどうか確かめに行くんじゃない。」
「とにかく、初めが肝心だから、ガキどもにガツンとかましてやれ!」と父。
「今から緊張してきて変な汗が出てきた・・」
「そんな一海にはい、これ!持って行きなさい!」
母・雪江(片桐 はいり)が何かを持ってきた。
「あ!うしみつ様じゃん!」
「何この汚い人形。」と父。
「汚いなんて!バチあたりね!!
 これうしみつ様と言ってね、あらゆる災いから守ってくれる
 ものすごいお方なのよ!
 渋谷やら六本木やらアメ横やら、若い子の間で
 恋愛成就、無病息災、家内安全、一攫千金、
 何でも効くって評判なんだから!」と母。続きを読む

2007年05月02日

セクシーボイスアンドロボ VOICE 4

『かんにん袋』

「テストやだねー。」
「今日の数学、マジやばい!」
制服姿のニコ(大後寿々花)は友達とそう話しながら
ベンチに座り、数学の教科書を広げる。
目の前の『おしどり喫茶』では、雑誌の撮影をしている。

「数字を、わざとややこしくして、
 一体将来なんの役に立つのか。
 私は今まで、連立方程式や平方根を使っている大人を
 見たことがない。
 そんな勉強、無駄じゃないのだろうか。」


二人の後ろでは、偶然ロボ(松山ケンイチ)の車が信号待ち。
「うーーん!
 又会えたな!ガン・キャノンよ。」
ご機嫌で車を発進させ、二人の後ろを通り過ぎていく。

その直後、大きな音が鳴り響く。
車の事故!?いや、目の前の喫茶店で爆発が起きたのだ。
『おしどり喫茶』の『ど』の字が吹き飛ばされ、
『おしり喫茶』になってしまった。
「おしり喫茶・・・」
友達とつい笑ってしまうニコ。

「ほら。世の中には、数学よりも、
 わけのわからないことがいっぱいあるのに。」
続きを読む

2007年04月25日

セクシーボイスアンドロボ VOICE 3

『お歯黒女』

「親の言うことってよくわからない。
 みんなと同じでなきゃダメだと言っておきながら、
 人とは違う能力を伸ばせ、と言ったりする。
 一体どっちなんだ?」


ニコ(大後寿々花)は縁側でタバコを吸う父・竹男(塚本晋也)に聞いてみる。
「ねえ、何の声?」
「別に何も聞こえないけど?」
「お歯黒女の泣き声だったりして。」
顔にパック中の姉・一海(村川 絵梨)が会話に加わる。
「お前も聞こえるの?」
「聞こえない。 
 ニコは特別耳がいいの。」
「そっか・・・お歯黒女の泣き声か。」
「何だよ、お歯黒女って・・」
「何って・・
 黒と黄色の縞々のスカートはいて、ネバネバの液かけてくるんだよ!」
「何のために・・」
「そうやって、人を襲うの。」続きを読む

2007年04月19日

セクシーボイスアンドロボ VOICE 2

『ごぼ蔵』

学校の休み時間。
友達の告白話に沸き立つ女子生徒たち。
その中にニコ(大後寿々花)もいた。

「人って何でこう恋愛話が好きなんだろう。
 恋愛してないと人としてみてくれない。
 だからとりあえず、みんなには高村君を好きってことに
 してるけど、」


廊下で高村君とすれ違うニコたち。
友人がニコを冷やかす。

「マジめんどうくさい!」

ニコの家。
「一海ちゃんさー、又彼氏変えたんだー。」
テレビのリモコンを操作しながらニコが言う。
振り返ると、そこにいるのは一海(村川 絵梨)ではなく、
新しい彼氏。
「・・・」
「お待たせ!
 ??
 どうしたの?」
お洒落した一海が部屋から出て来た。

「洋服みたいにとっかえひっかえ相手を変えるクセに!」

「私の、運命の人に、何言ったのよー!!」
一海に締め上げられるニコ。

「何が運命の人だ!
 わけわからん。」
続きを読む