2007年08月20日

パパとムスメの7日間 最終回

『「パパ、ありがとう・・・」7日間の秘密!』

「思えば、長い修行のような日々の連続。
 父親としては、あってはならない屈辱もあった。
 ハラハラドキドキの連続。
 だがそれが遂に終わりを告げようとしている。
 そう、そのキーアイテム!それは・・・
 10年に一度、実を付ける伝説の桃!
 この機会を逃したら、元に戻れるのは10年先。
 それなのに・・・
 そこには最大の敵が待ち受けていた。」


突然の入れ替わりから、はや10日。
ついに、恭一郎(舘ひろし)と小梅(新垣結衣)は入れ替わって
しまった原因を突き止めた。
その原因とは、ひそかからもらった
“10年に一度しか実をつけない伝説の桃”。
また桃を食べれば元の身体に戻れると確信した2人は、桃を手に
入れるため、ひそかの描いた地図を手に千葉の奥地へ向かう。
そうしてやっとのことで見つけた桃に、すぐさまかぶりつく2人。
しかし、2人の身体は一向に元に戻る気配すらない・・・。続きを読む

2007年08月13日

パパとムスメの7日間 第六回

『これで、もとに戻れる!!・・・かも?
 伝説の桃の秘密


「これは、入れ替わった直後の私と娘。
 私がパパでいた頃は、娘が恋をしているなんて
 信じたくなかった。
 青春、それは、人生の中でもっとも輝いている日々。
 本来ならば、青春を謳歌している娘の為に、
 一刻も早く戻りたい。
 もう7日以上経ったし、そろそろ元に戻れるような
 気がしていたのに・・・。」


恭一郎(舘ひろし)と小梅(新垣結衣)の心が入れ替わって
7日以上が経ったある日、会社を休んだ和香子(佐田真由美)が
川原家へやってきた。

試験休みで自宅にいた"小梅"は、
「今日は、奥様にお話がありまして。」
と言って家に上がりこんだ和香子を警戒する。

「この、ただならぬ雰囲気・・・
 とてつもなく嫌な予感・・・。」
続きを読む

2007年08月06日

パパとムスメの7日間 第五回

『「だって、あたし、小梅なんだもん!」
 もう戻りたい7日目!嵐の告白!3者面談』


「暫く話もしてなかったパパと私。
 そんな私達が入れ替わって1週間。
 今まではなんとか上手くやってこれてたと思う。
 だけど・・私は、パパとの約束を破った。
 土壇場で私の悪いクセが出た。
 でも、部下の人たちだってやる気になってくれた。
 私も、自分の言った事は間違ってないって自信ある!
 ・・・と思ったら、新しい問題が発生。
 大人の世界って面倒なことが次々起こる。
 大人ってみんなこんなに大変んわけ!?
 入れ替わって今日で7日目。
 今日こそ元に戻れますように!!」


"恭一郎"(舘ひろし)の「レインボー・ドリームは売れない」という
発言が波紋を呼び、美生化粧品では、前例のない新しい売り方で
レインボードリームを展開していく方針が決定。
"恭一郎"は、ますますピンチに立たされてしまった。続きを読む

2007年07月23日

パパとムスメの7日間 第四回

『決戦!御前会議』

恭一郎(舘ひろし)と小梅(新垣結衣)は、“心”と“身体”が入れ替わったまま、ついに大事な『御前会議』と留年のかかった『期末テスト2日目』を迎えてしまった。
プリントを見て暗記しながら登校した小梅(の姿をした恭一郎)は、1限目のテスト用紙を覗き込んで大喜び!!なんと、そこには昨夜、健太先輩(加藤成亮)が持ってきてくれた去年の過去問とまったく同じ問題が並んでいたのだ。喜びを隠せない小梅は、御前会議に挑む恭一郎(の姿をした小梅)に「こっちは絶好調!パパは頑張ってる」とメールを送信。しかし、喜んだのもつかの間、2限目の化学のテスト用紙を目にした小梅は、頭を抱え込んでしまう…。
試験後、小梅が恭一郎(の姿をした小梅)に電話をしているところへ、律子(森田彩華)が声をかけてきた。聞けば、「夏休みに、親には内緒で健太先輩達と一緒に旅行に出かけないか」というのだ。『高校生が、男と旅行なんてとんでもない!』と怒り心頭の小梅は誘いを断るが、恭一郎とのやりとりに忙しい小梅は、あいまいな返事をしてしまう。さらに、担任・両角(田口浩正)からは、成績不振を理由に呼び出しをくらってしまい…!?

一方、御前会議を目前に控えた恭一郎は、事前の社内調整も無事に済ませ、今日という一日を穏便にやり過ごそうとしていた。
そうして始まった御前会議。厳しい表情の社長を前に、なんとか会議は順調に進行。終盤にさしかかり、“どうにかやり過ごした、乗り切った”と内心安堵する恭一郎へ、渡辺専務(小野寺昭)から意外な一言が…。プロジェクトリーダーとして、この場で抱負を語るように促されてしまったのだ。突然のことに動揺した恭一郎は、つい余計なことをつい言ってしまう小梅の性格が災いし「売れないと思いますよ」と爆弾発言をしてしまう。携帯で一部始終を聞いていた小梅は、その場にへなへなとしゃがみ込んでしまい…!?

公式HPより=続きを読む

2007年07月16日

パパとムスメの7日間 第三回

『パパのせいで留年!?
 ムスメのせいで夫婦の危機!?』


「いつの間にか俺は、愛する娘に全く相手にされなくなっていた。
 何とか会話をしようと努力しても、空回りの連続。
 そんな、パパとムスメの乗った電車が大事故に遭った。
 目覚めた時には、なぜかパパがムスメで、
 ムスメがパパ。
 ずっと、片思いをしていた彼と、デートをしているこのムスメは、
 パパ。
 失態を犯さないかと尾行しているこのパパが、ムスメ。
 日曜出勤のあと、なぜか部下のOLと一緒にいるこのパパは、
 ムスメ。
 ハラハラしながら尾行しているこのムスメが、パパ。
 二人の心は入れ替わっている・・ということは、
 二人だけの秘密。」



和香子(佐田真由美)から「相談に乗ってほしい」と頼まれた
"恭一郎"(舘ひろし)(の姿をした小梅)。続きを読む

2007年07月09日

パパとムスメの7日間 第二回

『パパのせいで失恋!?
 ムスメのせいでリストラ!?』


「私、川原小梅。17才、高校2年生。
 これ、私のパパ。47歳、化粧品会社のサラリーマン。
 ある日、私たちは・・・
 気付いたら、パパと私の体が入れ替わってた。
 本当のこと話したら、頭が変になったって思われちゃう。
 だからママにも、他の誰にも、絶対に内緒!
 仕方なく元に戻るまで、私たちは生活を交換して、
 しかも大好きな健太先輩との初デートまで、
 大嫌いなパパに任せることになっちゃった。
 とは言ったものの・・・ 
 ごめん、パパ。私、やっぱり、パパに任せるなんて無理!!」


ある日、突然人格が入れ替わってしまった恭一郎(舘ひろし)と
小梅(新垣結衣)。

小梅に頼み込まれ、健太とデートすることになった恭一郎。

そして迎えた、土曜日。
健太先輩(加藤成亮)を待つ恭一郎(姿は小梅)。続きを読む

2007年07月02日

パパとムスメの7日間 第一回

『マジ!?パパがあたしで、あたしがパパでー』

川原恭一郎(舘ひろし)は、妻・理恵子(麻生祐未)、
高校2年生の娘・小梅(新垣結衣)とともに東京郊外の
一軒家に暮らす”しがないサラリーマン”。
誰もが知る大手化粧品会社・美生化粧品に勤めている。

高校。
片思いの相手・大杉健太(加藤成亮)のサッカーの練習を
見つめている小梅。

そこへ友達がやって来た。
友達の一人が、大手化粧品会社に勤める小梅の父親のことを
カッコイイと羨ましそうに話す。
そのせいで、彼がシュートを決めるのを見逃してしまった小梅。
「私のいい気分いっつもパパのせいで台無しだよー。
 うちのパパはね!!」続きを読む