2007年09月15日

山田太郎ものがたり 最終回

『サヨナラ貧乏王子最後の挑戦そして・・・』

太郎(二宮和也)にアメリカ留学の話が持ち上がる。
小学校の頃の夢が「アメリカで大きなお野菜を作る」ことだった太郎に、綾子(菊池桃子)はアメリカ行きを進める。
しかし、家族や弟妹たちと離れたくない太郎は決断に迷っていた。

そんなある日、太郎は商店街のお祭りで「エアギター選手権」が開かれることを知る。
優勝者には超特大プレミアムハンバーグが贈られるため、太郎は出場を決意。
御村(櫻井翔)と隆子(多部未華子)にも協力してもらい、3人で優勝を目指して練習に励む。
そして、みんなで大きなハンバーグを食べると誓うのだった。

一方、太郎がアメリカ行きを迷っているのは自分たちのせいだと思った次郎(鎗田晟裕)ら弟妹たちは、兄ちゃんのために何かできないかと一生懸命。
そして、アメリカへの旅費をゲットするため、ある作戦を実行するのだが・・・。

公式HPより=続きを読む

2007年09月08日

山田太郎ものがたり 第九話

『号泣!!最大の決断』

大豪邸に引っ越した太郎(二宮和也)ら山田一家は、富沢(猫背椿)らメイド達から至れり尽くせりの世話を受ける。弟妹達は、自分の部屋が出来たことに大喜びの様子だ。しかし太郎だけは、ここでの生活に馴染めずにいた。和夫(松岡充)から「生活費の心配をする必要はないからアルバイトせずに遊んでいいぞ」と言われても、何をしたらいいのか分からない。放課後も家に帰りたくないと憂鬱な表情だ。太郎にとっては、高級車での送り迎えもお手伝いさんが作る豪華な食事も悩みの種でしかないようで…。

太郎が本当のお金持ちになったと知った隆子(多部未華子)は、玉の輿への意欲を再び燃やし、猛アタックを開始。嫌がる御村(櫻井翔)を引っ張り、太郎の家に遊びに行く。豪邸での太郎との生活を妄想する隆子とは対照的に、御村は太郎がこの生活に満足しているのか、と心配する。

ある日、和夫と綾子(菊池桃子)は、太郎に「前の家に戻ってもいいよ」と提案する。本当は今すぐにでも元の家に戻りたい太郎だったが、弟妹達の楽しそうな顔を見ると、素直に首を縦に振れない。さらに、思い悩む太郎を見かねた隆子は、太郎をスーパーの特売セールに連れて行き、母親ゆずりのハイテンションで元気付けようとする。一方、御村も太郎をある場所へと連れて行く。果たして御村の狙いとは…!?

そんな中、城南学院大学の永原(吉沢悠)が太郎を呼び出した。バイオ栽培の権威であるアメリカのクレメンス教授が太郎に会いたがっているのだという。幼い頃からの夢であるアメリカ…。そこで太郎は、人生最大の決断を迫られる!!

公式HPより=続きを読む

2007年08月25日

山田太郎ものがたり 第八話

『ド貧乏がバレた!?』

二学期が始まった。成績優秀の太郎(二宮和也)だが、相変わらず進学の意思はなく就職を希望している。担任の鳥居(吹石一恵)は、一ノ宮校長(宇津井健)に太郎の進学について相談するが反応はいまいち。そこに御村(櫻井翔)がやって来た。一ノ宮校長は御村に「私とゲームをしないかね?」と切り出し、トランプを取り出す。自分と御村、鳥居の三人のうち誰が一番初めに太郎に進学への興味を抱かせるか、ゲームをしようと言うのだ。鳥居はそれに反発するが、御村は即座に校長の意図を察し、早速行動を開始する。

放課後、御村は巧みな誘導尋問を展開し、太郎を城南大学に連れて行く。果物のバイオ栽培に力を入れている永原(吉沢悠)の研究室に行けば心が変わるのではないかという目論見だ。永原も御村の意図を察し「大学の支援で野菜や果物が好きなだけ作れる」と吹き込む。しかし、太郎の興味は他にあるようで……。

そんな中、和夫(松岡充)がお友達のウメ(吉行和子)に絵を届ける為に帰国した。和夫が綾子(菊池桃子)と絵を届けに行くと、ウメは「海外に行く自分の代わりに、この家に住んで欲しい」と言う。それを聞いた山田家は夢のような豪邸生活に思いを馳せ大興奮!しかし、和夫は「太郎が決めろ」と決定を委ねる。

ある日、杉浦が街中で割ぽう着姿の太郎を目撃。たちまちクラス中に「太郎は貧乏だ」との噂が広まり、真実を知る隆子(多部未華子)は激しく動揺。半信半疑のクラスメイト達は、放課後に太郎を尾行することに……。

公式HPより=続きを読む

2007年08月18日

山田太郎ものがたり 第七話 (録画失敗!)

『大波乱!!の夏合宿』

山田家の夏休みも残り二日。
しかし一家の大黒柱である太郎(二宮和也)に休息の時はなく、
今日も炎天下でバイトに励む。

そんな太郎に夏休みを作ってあげようと、次郎(鎗田晟裕)ら弟妹
達は太郎に「一日夏休みをプレゼント」したいと提案。
太郎はその気持ちだけでいいと言うが、綾子(菊池桃子)の助言も
あり、休みをもらう事にする。

一方、必死の覚悟で太郎に告白したものの、あえなく玉砕した
隆子(多部未華子)はため息ばかり。
落ち込む隆子を見た中井(大塚ちひろ)は、夏休みの最後に
もう一度告白のチャンスを作ろうと夏合宿を計画。
太郎と御村(櫻井翔)を誘って勉強会を開こうと計画する。

そして、やって来た夏休み最後の日。
太郎と御村、隆子と中井、杉浦(忍成修吾)の5人はお寺での
勉強会に出かける。
どうしても家族が気になる太郎だったが、御村から
「今日一日は家族を忘れろ」と言われ、その場を楽しもうとする。

その頃、山田家では次郎を中心に家の掃除や菜園の手入れ、
買い物などを分担して取り組んでいた。
しかし、なかなか上手くいかず・・・。

家庭訪問に来た一ノ宮校長(宇津井健)と鳥居(吹石一恵)も
家事を手伝うことに。

果たして、隆子は太郎に再び告白することが出来るのか?
そして山田家のお留守番の行方は??

公式HPあらすじより=続きを読む

2007年08月11日

山田太郎ものがたり 第六話

『兄ちゃん一目ボレ』

夏休みを迎えた山田一家は、あまりの暑さにグロッキー状態。
弟妹たちは、庭のビニールプールで大はしゃぎだが、
その継ぎ接ぎだらけのプールに又穴が開いてしまった。

太郎(二宮和也)は、弟妹たちをプールに連れて行ってあげたいと
思うが、夏期講習が始まり、アルバイトをする時間もない。
山田家の唯一の頼りは、御村(櫻井翔)からもらうお中元の数々だ。

御村家。
おすそ分けのお中元に感激する太郎。
「これは・・宝の山だな!」
素直に喜ぶ太郎に微笑む御村。
お中元の中に、外国の小麦粉もあった。
「小麦粉もこんなにあると助かるわ!」
「そういうもんなの?」
「そうだよ!小麦粉を制するものは貧乏も制すっていってね、
 ほんっとうに便利なんだよ。
 すいとんにお好み焼きに、ホットケーキだって作れるし、」
突然寒がる太郎。
「寒くはないだろう?」と御村。
「クーラー効かせすぎだって。」と太郎。
「いやいやいやいやいや。」
「いやいやいやいやいや。
 こんなとこにいるとね、レイビョウボウになるよ。」
「冷房病だろ?」
「レイビョウボウ!・・・冷房・・」続きを読む

2007年08月04日

山田太郎ものがたり 第五話

『灼熱!!浴衣デート』

期末試験の成績が発表になった。
3年生は今回も太郎(二宮和也)と御村(櫻井翔)が満点の同点一位。
ちなみに3位は、900万点中839点で杉浦圭一(忍成修吾)。
「二人とも猛勉強しているイメージないのに、
 いつ勉強しているんだろう。」
中井正美(大塚ちひろ)の言葉に、隆子(多部未華子)は、
わらぶき屋根にすむ貧乏な青年・太郎が妹や弟をおんぶ、抱っこ
しながら勉強する姿を想像する。

そこへ、太郎と御村がやって来た。
自分の成績に微笑む太郎。
御村は顔色一つ変えずに先を行く。

「山田君!すごいね!
 今隆子と、いつ勉強しているんだろうって噂してたの!」
正美が太郎に声をかける。
「おはよう。」
太郎に声をかけられ、思わず逃げ出してしまう隆子。続きを読む

2007年07月28日

山田太郎ものがたり 第四話

『出現!!嵐を呼ぶ男』

太郎(二宮和也)からパーティーに誘われた隆子(多部未華子)は、
幸福の絶頂!!
ウキウキして山田家を訪ねるが、目の前には築45年のボロ屋と
自分の母・まりあ(柴田理恵)の姿が…。
そう、王子様だと信じていた太郎が、実はド貧乏家族の長男だったのだ。
「私の・・・玉の輿が・・・。」
あまりの衝撃にその場から逃げ去る隆子。

と、その時。
「どっからバーベキューの匂いが!
 入れてもーらおぅっと!」
バーベキューのにおいに乗って一人の男が山田家に向かっていく。
その男と隆子がすれ違う。

「あれ?池上さんは!?」と太郎。
「照れちゃったのかねー。
 わっかんないね、あの年頃の娘は。
 いいよ、ほっといて。」まりあが笑いながら太郎に言う。続きを読む

2007年07月21日

山田太郎ものがたり 第三話

『告白VS夢の松坂牛』

庭に植えた野菜を見渡す太郎(二宮和也)。
まだ小ぶりな野菜たちに
「みんな頑張れ。」と優しく声をかける。
太郎のお腹がグーっと鳴る。
「俺も頑張れ!」笑顔でそう呟く太郎。

進路相談。
鳥居(吹石一恵)に悩み事を聞かれた隆子(多部未華子)。
「悩みかー。
 恋の悩みなら・・・。」

「とくに、ありません。」
「若いっていいなー。悩みがなくて。
 私は・・・」

鳥居の頭に浮かぶのは、クールな永原眞実(吉沢 悠)の姿。
思わず頭を振る鳥居。
「えーっと・・じゃあ、進路のこととか、
 何か今気になっていることとか。」鳥居が隆子に聞く。
「はぁ・・・」
「気になっている人ならいるけど・・」
「別にないです。」
「そう・・じゃあ・・」
鳥居にまたもや永原の姿が浮かんでしまう。
「違う!!だから出てこないで!!」
「将来、やりたいことは?」
「それは・・」
「ずばり!!玉の輿に乗ること!!」
「今は・・まだありません。」
「そっか。
 ま、これから考えていけばいいと思うんだけど、
 池上さんは、あれかな?
 もう少し、積極的になった方が、いいかな。」
「ですよねー・・・。」
「そう・・積極的に・・
 積極的にならなきゃな・・・。」
続きを読む

2007年07月14日

山田太郎ものがたり 第二話

『潜入メイド大作戦』

セレブばかりが通う一ノ宮高校で女子生徒の人気を二分する
山田太郎(二宮和也)と御村託也(櫻井翔)。
二人は3年生で初めて同じクラスになった。

太郎に興味を持った御村は、山田家を訪れる。

『御用の方はこちらをお引き下さい』
玄関の前に、そう書かれた札と、その手前には鎖がぶら下がっている。
引っ張ってみると、空き缶をまとめたものが引っ張られ、音が鳴る。

「や〜ま〜だ君!あ〜そぼ! 
 ・・・なんて・・・
 子供の頃から一回も言ったことがない。」


「手土産持っていくのなんて・・・やっぱ変か。」
引き返そうとしたとき、割烹着姿の太郎が玄関の戸を開ける。
「おぉ!あれ!?御村君!」
「・・やあ!」
「どうしたのlあ、ここ俺んち。」
「うん、知ってる。」
「あ、そうだ。せっかくだから上がっていってよ。」続きを読む

2007年07月07日

山田太郎ものがたり 第一話

『麗しの王子様は…ケタはずれのド貧乏』

東京のど真ん中に建つ一軒のあばら家。

家の屋根に座り、青空を見上げる太郎(二宮和也)。
空に浮かぶ雲がコロッケに見えてしまい、空腹にお腹の音が鳴る。
「ああ・・・お腹空いた・・・。」
そう呟き、大の字に横になる。

「行ってきまーーす!」
下から聞こえる、6人の弟妹たちの元気な声に太郎は微笑むと
屋根の上に立ち上がり、大きく伸びをする。

家の中に吊るしてあるスーパーのちらしには、
『横綱コロッケ超特価1コ120円→100円』の文字。

元気よく飛び出してきたのは山田太郎と6人の弟妹たちを
見送るのは、美しい母・綾子(菊池桃子)。
子どもたちはみんな笑顔で手を振り、学校へ出かけていく。続きを読む