2008年04月21日

ロス:タイム:ライフ 延長戦 特別編 

『延長戦 特別編・前編』

『昨日のミスの言い訳のためにする練習などない
 明日の試合のためにする練習なのだ
 元ブラジル代表 ジャニーニョ』

職もなく住むところもなかった尾元勇蔵(温水洋一)は、
ショーパブで住み込みの仕事を見つけ、なんとか雨風をしのいでいた。
同僚の真理子(酒井若菜)らにも慕われて、それなりに平和な日々。

一方、ある病院では1人の男・黒崎幸三(田村亮)が24時間の
ロスタイムに突入していた。
病気で体が動かない黒崎は、娘の彩香(栗山千明)を呼び出して
尾元を探し出して連れてきて欲しいと頼む。

同じ頃、尾元の行方を追って1人の男・石田修吾が警察を訪ねていた。
日本の将来を左右するかもしれないとの警官に詰め寄る石田。
そして、その言葉を聞きつけた新聞記者・古橋典孝(梶原善)も
動き出した…。

ショーパブで閉店後の片づけをしていた尾元のもとへ彩香がやってきた。
彩香は黒崎の娘であることを告げ、父親がひどいことをしたと頭を下げる。
黒崎は、戦闘機購入を巡る国家レベルの贈収賄疑惑の中心人物として
今世間で騒がれている、道波商事社長だった。

黒崎は元上司ではあるものの謝罪の意味がわからないと恐縮する尾元に、
彩香は説明を始めた。
尾元のリストラは黒崎が仕組んだもので、書類上では尾元は道波商事の
専務になっていてその給与が賄賂として使われているというのだ。

あまりの事実に驚くもやがて笑顔になった尾元は、彩香と共に黒崎の
病院へ向かう。
尾元に謝罪をし、彩香と和解して黒崎の試合終了のホイッスルが鳴った…。

閉店後のショーパブに再び彩香がやってきた。
黒崎が亡くなったことを告げ、父親の意思だと道波商事の裏帳簿を
尾元に差し出す。

そこへ古橋がやってきた。あっさりと古橋に裏帳簿を渡そうとする尾元。
その瞬間、黒尽くめの2人組の男が現れ、尾元らに銃口をつきつけた。
その頃、石田から尾元の居場所を聞きだした女性国会議員(岸本加世子)が
ショーパブに向かい走っていて…。

公式HPより=


B001AQWRVIロス:タイム:ライフ Life in additionaltime瑛太, 小山慶一郎(NEWS), 友近, 上野樹里ポニーキャニオン 2008-08-20by G-Tools
続きを読む

2008年04月06日

ロス:タイム:ライフ 第9節

『ひきこもり編』

三浦謙太郎(大泉洋)は31歳にして実家の自分の部屋にひきこもって
生活している。
その日も妹・亜矢(小出早織)が、母・智恵子(田島令子)が用意した
朝ご飯の磯辺巻きを運んできて、部屋のドアの外に置いていった。
謙太郎はすばやく皿を室内に入れるとドアを閉め、
餅をひとつ口に入れ、ベッドに横になる。
ところがその餅が喉に詰まり・・・
意識が遠のいていく。
「苦しい。
 もうダメです。
 血圧、脈拍の急激な上昇に伴い血中酸素濃度が低下。
 二酸化炭素濃度上昇。
 これはきっと死んでしまいます。
 ・・ていうか、どうせならもうちょっと楽な死に方が
 良かったりするんですけど・・。
 よりによって窒息なんて・・。
 時刻は、午前8時。
 ついに・・心配停・・」
続きを読む

2008年03月30日

ロス:タイム:ライフ 第8節

『部長編』

スポーツ用品メーカーに勤める堀池清美(真木よう子)は
若くして広報部部長に抜擢され、仕事漬けの毎日を送っていた。
家に帰ることもままならない生活で万年睡眠不足、
友人との食事の約束もドタキャンばかりだ。

会社では、年上の部下は清美が美貌で今の地位を手に入れたとやっかみ、
年下の女性部員は清美のようにはなりたくないと仕事の手を抜く。
それでも清美は、黙って部下の失敗の尻ぬぐいをし、会社のために
全力投球で働いていた。

ある日社長に
「社員の声は上まで上がってこない。
 いい機会だから、酒でも飲みながら忌憚のない意見を聞かせてくれ」
と言われ、忌憚のない意見を言ったところ、社長は激怒。
突然地方の工場への異動を言い渡される。続きを読む

2008年03月16日

ロス:タイム:ライフ 第7話

『極道の妻編』

「泥まみれで勝つより、美しく負けたい」
 元アイルランド代表 D.ベックハム

昭和63年――。

「これは
 昭和と平成の狭間に
 生きた女の
 最後の一華を
 描いた物語である」(尾元の声)

「なんで・・
 なんでこんなことになっちゃったんだろう・・。」


ロスタイムの表示は、49分。
主審が急ぐよう笛を吹く。
「わかってる。急かさなくても。
 あんた達が悪魔か天使か知らないけど、
 このまま惨めに死ぬ気は無いから。
 この白水仙に誓って。」

「それは、ほんの少し前の出来事だった。
 あの瞬間まで、私は幸せだった。
 そう・・あの瞬間まで・・。」
続きを読む

2008年03月09日

ロス:タイム:ライフ 第6節

『ヒーローショー編』

「サッカーに主役はいない。
 しかしながら、観客はかくも熱狂する」
オランダ代表 ヨハン・アイスマン

「ヒーローショー。
 それは、子供たちに夢を与える仕事だ。
 湧き上がる歓声を受け、ヒーローは今日も戦う。
 そしてクライマックスは、必殺技の、サンバイザーキック。
 今日も無事に、平和が守られた。
 ・・・それにしても・・もっと目立ちたい。」


売れない役者、北澤光一・35才(田中直樹)は、オーディションに
落ち続け、仕事といえばいつまでたっても遊園地のヒーローショーの
悪役・シャドー団しかない。
目立ちたがり屋の光一は舞台でリアクションを取りすぎて、
ヒーロー・サンバイザーX役の赤井隼也(原田篤)からも
おねえさん役のみどり(安田美沙子)からも嫌みを言われる始末。続きを読む

2008年03月02日

ロス:タイム:ライフ 第5節

『幼なじみ編』

「選手のスケールは、想いに比例する」
元イングランド代表 L・コーエン

森保甫(伊藤淳史)は幼いころからの夢がかなって、自作の漫画が
漫画誌の新人コミック大賞でグランプリを受賞し有頂天だった。
受賞作が載っているその漫画誌を何冊も買っては母親に
あきれられている。

ある日、新作漫画を編集部に届けるため家を出た甫は、
大型書店の前を素通りできず、つい入ってしまった挙げ句、
また例の漫画誌を手に取っては、たまたまそこにいた
他の客(温水洋一)にまで自慢する始末。
甫がレジに向かったとき、大爆発が起こった。

審判団にロスタイムを提示され、自分が死んだことに気付いた甫。
編集部に向かって猛然と走り出したが、途中で行き先を変更し、
幼なじみの由香里(美波)の家に向かった。
甫はそこで由香里の結婚話を知り、ショックを受ける。
落胆し、あてもなく歩いていると、近所の公園で、由香里と
ばったり会う。
久しぶりの再会と会話に照れながらも昔話を始める2人。
やがて、甫は漫画家を目指したのは幼い頃の由香里が命令した
からだと告げる。
そして“もう1つの命令”である「私たちは結婚するんだから」も
覚えていると。
泣きながら幼い頃からずっと甫が好きだと告白する由香里に、
自分も同じ気持ちであると告げる甫だが残り時間は30分に。
それを指摘したのは由香里だった。
実は由香里も同じ書店にいて、ロスタイム中だったのだ。

砂場で“2人の家”を作りながらロスタイムを過ごした2人は、
やがて書店に戻る。
残り3分となり元の位置に立つ甫だが、由香里のロスタイムは
残り1時間33分。
一緒に居たいと訴える由香里に、甫は自分の原稿を編集部まで
届けるよう最初で最後の“命令”をする。
甫のロスタイム終了を告げるホイッスルを背中に聞きながら編集部へと
走る由香里。
無事に編集担当に原稿を渡した由香里にもロスタイム終了の
ホイッスルが鳴り…。


公式HPあらすじより=続きを読む

2008年02月24日

ロス:タイム:ライフ 第4節

『看護師編』

『例え試合に敗れても、世界が終わるわけじゃない』
元セルビアモンテネグロ代表監督
イヴァン・ブラジェヴィッチ

国立天皇杯総合病院
「もう、何もかもが嫌になりました。
 ずっと信じてきた自分が、どうしようもなく情けなくて、
 正直、もう耐えられそうにありません。
 あなたにはわからないかもしれないけど、
 私はずっと信じてきました。
 二人はきっと幸せになれるって。
 いつか結婚しようって、言ってくれたあの言葉。
 疑ったことなんて、ただの一度もありませんでした。
 それなのに他に婚約者が・・女がいたなんて・・。
 今更どうしようもないってこと位、わかってます。
 だけど私には、生きる道はもう、見えません。
 お母さん、お米ありがとう。
 ごめんね、食べられなくて。
 でも、心配しないで。
 こうすることを選んだ私は、幸せなんだから。」
続きを読む

2008年02月17日

ロス:タイム:ライフ 第3節

『スキヤキ編』

「母は懸命に走った。
 母は家族の為に走った。
 母は家族の為に戦った。
 母はただ、家族の幸せだけを願っていた。
 母は限りある時間の中で、家族の為に生きようとした。
 あなたは最近いつ家族一緒に
 スキヤキを食べましたか?」


「人生の無駄を清算する、生涯最後のひと時。
 それが、ロスタイムライフ。」


Saving Technique 1
ペットボトルで水量を調節

Saving Technique 2
新聞紙にはワックス効果がある

Saving Technique 3
米のとぎ汁は養分を含む(B1、B2、脂質)続きを読む

2008年02月10日

ロス:タイム:ライフ 第2節

『刑事編』

『辛抱強く追いかけた犬だけが、餌にありつける』
=元オーストラリア代表監督 イヴァン・オシミッチ=

警視庁 蔵間署
新米刑事の都並浩太(小山慶一郎)は意気揚々と初出勤する。

ちょうどその時、取調室では、尾元勇蔵(温水洋一)が
下着泥棒の容疑で刑事たちに取り調べを受けていた。
若手刑事の厳しい取調べ、
ベテラン刑事の"母親ネタ"→カツ丼と、泣かせテク、
「来たー、デカの世界だー!」
覗き見していた都並は感激!

その直後、チンピラに怒鳴られ萎縮してしまった都並。
「・・・ダメだダメだ。
 俺は今日から凶悪犯罪者を相手に戦う、デカなんだ!
 お回りさんじゃないんだぞ。
 あんなチンピラにビビってどうする!」

そう思いなおし、目の前に立ちふさがる強面の男に言い放つ。
「おうチンピラ。
 何やらかしたんだ?」
「・・・お前が都並か。
 こっちだ。入れ。」
その相手は遠藤警部、上司だった!
「デカとチンピラの区別もつかん新米は、 
 ベテランをつける必要があるな。」
「す・・すんません!!」続きを読む

2008年02月03日

ロス:タイム:ライフ 第1節

『人生の最期に何が起こる!?カメラマン編』

『人生はサッカーであり、サッカーこそ、人生』
=元アルゼンチン代表 D.マラディーノ=

中山春彦(瑛太)は「現場で死ねたら本望」と言う報道カメラマン。
事故や事件の現場では危険をかえりみず誰よりも前へ出て行って、
臨場感のある写真を撮ることだけを考えている。

火災現場に携帯カメラを向ける群衆。
そこへ、中山も駆けつけ、群集の先頭に踊り出る。
「火元はどこなの?」
「3階みたいよ。最初の爆発すごかったんですって!」
「上の階の子が逃げ遅れてるみたい。」
人々の噂を聞いた中山は、火災現場付近のビルの非常階段を
駆け上がる。
火災現場のベランダで、幼い子供が泣いていた。
中山は迷うことなくその少年の写真を何枚も撮影した。
まもなく、大きな爆発が起こり・・・。続きを読む