2008年07月15日

CHANGE FINAL

『最終回拡大90分SP
 さようなら、朝倉総理涙のラストメッセージ22分間の全国生中継』


ついに倒れてしまった朝倉啓太内閣総理大臣(木村拓哉)。
それも、キャベツ農家の復旧を国が支援することも決まり
“チーム朝倉”としてさらにさまざまなことに取り組み、
国民のために働こうとしていた矢先。
啓太が予算委員会中に神林正一(寺尾聡)の質問に答えている最中だった。

記者会見場
「総理の病状ですが、急性発作頭位目眩症。
 これは極度の過労とストレスが原因で起こる症状で、
 耳石に異常が生じ、急に目眩が起こるというものです。
 恐らく総理は、倒れられた時に頭を打ち、
 一時的に意識不明になったと思われます。」
月丘瑠美子(堀内敬子)が説明する。 
「総理はどんな様子なんでしょうか。」
「・・・今は、」

秘書官室
「ずっと、眠っておられるんですか?総理は・・」と郡司(郡司敏夫)。
「今はとにかく、安静にしているのが第一だそうなので。」と理香(深津絵里)。
「で・・いつ頃、復帰出来そうなんだ?」と百坂(西村雅彦)。
「それはまだ・・。
 とにかく、この3日間のスケジュールは全てキャンセルして下さい。」と理香。
「はい。」

B0016HO2T6CHANGE DVD-BOX
ジェネオン・ユニバーサル 2009-10-14

by G-Tools
続きを読む
01:51 | CM(6) | TB(12) | CHANGE | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月08日

CHANGE 第9話

『衝撃!! 総理倒れる』

朝倉啓太(木村拓哉)は、神林正一(寺尾聡)にあらためて協力して欲しいと伝えた。
だが、神林は記者を集め「朝倉総理より罷免された」と発表。

街中でのインタビュー
「朝倉総理が神林官房長官を罷免したことについてどう思われますか?」
「あれは、どうかと思うね、朝倉さん。」
「なんかちょっと調子に乗っちゃったって感じ!」
「神林さんずっと内閣支えてきたのにどうして辞めさせちゃうのよ!」
「口うるさい姑に、うんざりした、みたいな。」
「自分だけで政治が出来ると思っちゃったんじゃない?総理は。」
「結局、権力に取り付かれたわけだ、朝倉啓太は!」

「俺とあいつは約束したんだよ!なのに・・なのに、バカヤロウ!」
「総理にだってね、何か事情があってのことだと思うんです。」
と食堂を経営する夫妻。そこへひかる(加藤ローサ)が乱入。
「みんな、総理のこと誤解しています!
 調子に乗っているとか、勘違いしてるとか、
 そんなことありません!」続きを読む
20:58 | CM(1) | TB(5) | CHANGE | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月01日

CHANGE 第8話

『別れ。そして逆襲 』

朝倉啓太内閣総理大臣(木村拓哉)を辞めさせようと、神林正一(寺尾聰)はあらゆる手をつくす。
美山理香(深津絵里)を総理首席秘書官から外し、啓太の補正予算案を支持する小野田朝雄(中村敦夫)グループも切り崩しにかかる。
これにより、啓太の補正予算案は野党の協力を得ても、国会での過半数割れで否決されることが確実に。

そして・・

朝倉邸
「総理がいなくなったというのは・・。」驚くSP・檀原(大倉孝二)。
「本当です。」とひかる(加藤ローサ)。
「携帯は?」
「繋がりません。」
「車ありますよ!?」
「でもいないの!」
「どっか隠れてるんじゃ・・」
「探しました。」
「天井裏は!?」
「タンスの引き出しまで!」
「なんてことだーーーっ!」頭を抱えて座り込む檀原。続きを読む
20:24 | CM(3) | TB(9) | CHANGE | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月24日

CHANGE 第7話

『15分拡大SP・衝撃の結末!!消えた総理』

朝倉啓太総理(木村拓哉)は、補正予算案は公共事業より小児科医療
対策を優先させるべきと異論を唱え、与党内から強い反発にあう。
しかし、考えを同じくする野党代表の野呂議員(高橋英樹)と
協力体制を構築するという斬新な発想で、啓太は自身の予算案を
通そうとする。

美山理香(深津絵里)ら秘書官や、韮沢勝利(阿部寛)、宮本ひかる(加藤ローサ)も啓太とともに奔走する毎日なのだが…。

神林正一(寺尾聰)にとって、啓太はもはや無用のものとなっていた。
神林は、啓太から周囲の人間を引き離すことで辞職に追い込もうと企む。

病室
天井に映し出された星の影像を見ながら、啓太が亮介(広田亮平)に説明する。
「あそこにさ、柄杓の形に星が並んでいるのわかる?
 1、2、3、4、5、6、7、7つ。柄杓の形。」
「柄杓って何?」
「あの、お玉みたいな。」
「お玉?」
「ほら、水を救う柄杓ってあるじゃない。その柄杓の形。
 あれ、北斗七星っていうんだけど、
 えーっとー、北斗の拳って漫画知ってる?」続きを読む
22:30 | CM(4) | TB(8) | CHANGE | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月17日

CHANGE 第6話

『恋愛スキャンダル 』

朝倉啓太(木村拓哉)、美山理香(深津絵里)の二人が新聞に
ただならぬ関係であると書き立てられる。

その新聞を読む啓太。
「相合傘で店から出てきた朝倉総理と、美山秘書官。
 どう見ても仕事だけの関係とは思えない雰囲気だった!?
 でも、これって・・
 あ、このスーツが出来た時にみんなで飯食いに行った時の、
 写真ですよね。」
「隠し撮りされてたんです!」と理香。
「パパラッチか?」と韮沢(阿部 寛)。
「韮沢さんもひかるちゃんも一緒に。」と啓太。
「二人の側にいました!」とひかる。
「あ!俺の足だ。」写真の端っこに自分の足を見つける韮沢。
「こんないい加減な記事!」と理香。
「でも、美人秘書官って。」と啓太。
「嬉しくない!」と理香。
「そうか?」と韮沢。
「どうして私じゃないんですか!」啓太に詰め寄るひかる。

「無視すりゃいいじゃないですか、そんな記事!」と郡司秘書官(平泉 成)。
「男女が一緒に仕事してりゃすぐそういうこと言われるんですよ。」
と西秘書官(矢島健一)。
「私も総理と一緒に仕事してます!」とひかる。
「ムキになっても仕方がありません。」と秋山秘書官(鈴木浩介)。
「ていうか一緒に住んでる!」とひかる。続きを読む
09:27 | CM(2) | TB(12) | CHANGE | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月10日

CHANGE 第5話

『総理休日の大事件』

執務室
「特別補佐官として今日から官邸に入っていただきます。
 韮沢さんです。」
朝倉啓太(木村拓哉)が事務秘書官たちに韮沢勝利(阿部寛)を紹介する。
「よろしく!」と韮沢。
「どういった役割を担われるんですか?」と百坂(西村雅彦)。
「広報、及び、コミュニケーション戦力を。」と美山理香(深津絵里)。
「日本のリーダーがどんな人間なのか、何をやろうとしているのか、
 国民が政治に何を期待しているのか、
 国民と官邸との橋渡しが、私の仕事です。」
「あ、あとあの、僕の、相談相手になってもらったり。」と啓太。
「的確なアドバイスをしますよ!」
「お茶汲みも、手伝ってくれたり!?」と宮本ひかる(加藤ローサ)。
「・・もちろんだ。」
「皆さん、よろしくお願いします。」と啓太。
「・・・」

執務室を出てきた秘書官たち。
「なんだあれ!
 もともとただの選挙プランナーだろ?」と西(矢島健一)。
「いるんですよね。政治を飯の種にしてるうさん臭いやつが!」と秋山(鈴木浩介)。
「韮沢さんは選挙で200勝以上しているやり手です!」と理香。
「選挙はプロでも政治は素人!」と郡司(平泉 成)。
「そ!あの総理にはぴったりだよ。」と百坂。
「・・・」続きを読む
08:59 | CM(5) | TB(8) | CHANGE | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月03日

CHANGE 第4話

『いじめられる総理』

「僕のすべては、みなさんと同じです。」
朝倉啓太(木村拓哉)の国民目線の発言は人々の心を打ち、
総裁選に圧勝、日本政友党総裁となり、
ついに史上最年少の朝倉啓太第92代内閣総理大臣が登場した。

マスコミにインタビューされた街ゆく人々は、
「カッコイイ!」「大ファンなんです!」「当選すると思ってました!」
「政治経験は浅いと思いますけれど、
 今までの総理にはなかったカリスマ性を感じます。」
と、朝倉総理を歓迎する。

啓太がトイレを済ませ手を洗っていると、
「総理終了。執務室に戻られます。」
SPの檀原 段(大倉孝二)が連絡を入れる。
「・・・終了です。」
啓太は自分の腕時計を無線に見立てて真似てみる。

「今日から私、首席秘書官として、総理をサポートさせていただきます。」
美山理香(深津絵里)が啓太に言う。
「主席秘書官・・」と啓太。
「それから、私の下で、総理をサポートする事務秘書官は、
 この、4名です。」
「財務省から出向して参りました、百坂哲也です。」と百坂(西村雅彦)。
「財務省・・お願いします。」と啓太。
「郡司敏夫でございます。経産省から参りました。」と軍司(平泉 成)。
「ケイサン省・・・あ、経済産業省!」
「外務省から出向の、西 誠二です。」と西(矢島健一)。
「警察庁から参りました、秋山太郎勘助です。」と秋山(鈴木浩介)。
「タロウカンスケ・・。」
「よろしく、お願いします。」と百坂。
「こちらこそ、よろしくお願いします。」と啓太。
4人が執務室を出ていく。続きを読む
20:00 | CM(2) | TB(8) | CHANGE | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月27日

CHANGE 第3話

『今夜、総理誕生!!』

朝倉啓太(木村拓哉)は、小学校教師から補欠選挙で僅差の勝利を収め、
ついに新人議員としての一歩を踏み出した。

そんな折、史上最低の支持率をたたき出してしまっていた
鵜飼武彦総理(伊東四朗)がついに辞任を発表する。

様々な思惑がうごめく中、啓太は驚くべき事態に襲われる。
なんと、啓太は政友党の神林正一総務会長(寺尾聰)から
総裁選に立候補してほしいという依頼を受けたのだ。
既に、党幹部らの応援も取り付けられていた。

朝倉邸
「お前が総裁選に!?」驚く韮沢勝利(阿部 寛)。
「総裁?」とひかる(加藤ローサ)。
「党のトップだ。
 衆議院で一番議席を持っているのは政友党だ。
 つまり、政友党総裁イコール内閣総理大臣!」と韮沢。
「総理大臣!?」
「あり得ない!あり得ない・・」と啓太。
「何で!朝倉先生が総理大臣なんですか!
 政治経験ゼロのド素人が何調子に乗ってんのよ!」と美山理香(深津絵里)。
「だからあり得ないって言ってるじゃないですか。」と啓太。
「いや、ある。」と韮沢。
「あるの?」とひかる。
「何で!?」と理香。
「政治の世界は一寸先は闇だ。
 誰も予想しなかったことが起きる。」と韮沢。
「そうか・・。」とひかる。
「そうだけど!」と理香。
「それに、神林から直々に頼まれたんだろ?」と韮沢。
「そうか!」とひかる。
「そうだけど!」と理香。続きを読む
03:04 | CM(1) | TB(9) | CHANGE | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月20日

CHANGE 第2話

『国会王子の初体験』

朝倉啓太(木村拓哉)は、美山理香(深津絵里)や韮沢勝利(阿部寛)らの
協力を得ながら、その誠実さが民心を動かし見事、補欠選選挙に当選した。

東京の朝倉家
着替えながら父が使っていた部屋を見渡す啓太。
法律関係の本、そして記念写真などが並んでいる。
インターホンの音。理香が迎えにくる。
「おはようございます。」と啓太。
「おはようございます、朝倉先生。
 素敵なお宅!」
「親父が東京滞在用に使っていたやつで。
 せっかくなんで、ここに住もうと思うんですけど。」
「じゃあ、議員寄宿舎にはお入りになられない?」
「ダメですか!?」
「いえ。
 永田町に通うには多少不便ですけど。
 今日はこれから、国会に登院していただきます。」
「はい。」
「初登院ですからわからないことは私にお尋ねください。」
「ありがとうございます。よろしくお願いします。」
「でも、先生のサポートは今日だけです。
 私は、神林先生の秘書ですから。」
「・・ですよね。」
「みなさん、秘書はご自分で探していらっしゃいますよ!
 新人議員が楽してどうすんの。」
「はい。」
ソファーの上にある天体望遠鏡に目を留める理香。
「これ、いいでしょう!
 ビクセンのGPD2っていって、スターブックtypeSっていう
 天体ナビゲーションが、」
「そろそろ出ましょう。」
上着と小物を準備する啓太。
「はい!」
「あーーー。その頭で・・・。」
理香の一言に啓太は髪をセットに洗面所に向かう。
理香の咳払いに啓太、急ぐ!続きを読む
02:47 | CM(3) | TB(9) | CHANGE | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月13日

CHANGE 第1話

『小学校教師が日本を変える!?政治の素人が最年少総理大臣に!!』

『WONDER Athletic and Sports』
「検索開始!」
SPたちが敷地内に不審物がないか調べていく。
パーティー会場、調理場、トイレ。
施設内には警察犬も配置され、
施設の周りの道路には、検問が行われる。

二瓶派会長の二瓶栄議員(神山 繁)、
垣内外務大臣(垣内達彦)、
小野田幹事長(中村敦夫)、
神林総務会長(寺尾 聰)、
厳重警備体勢の中、政治家が集り始める。

日本政友党のヘリコプターが敷地内に着陸。
降りてきたのは、テニスウェアに身を包んだ鵜飼内閣総理大臣(伊東四朗)。
右手にはラケット。左手で大きく手を振る。
「や!お待たせ!」
テニスウェアに着替えた垣内外務大臣、小野田幹事長、二瓶議員が
総理を出迎える。
「おはようございます!鵜飼総理。」と二瓶。
「防衛大学校の卒業式、いかがでした?」と小野田。
「ああ。楽しかった。」
「今日は、テニスですか?総理。お若いですな?」と二瓶。
「・・・神林君、君、テニス嫌いなのか?」
総理が神林総務会長に聞く。
「申し訳ありません。
 ご覧の通り、捻挫をしてしまいまして。」神林の手には包帯。
「ふーん。私の付き合うのが嫌なのかと思ったよ。」
「まさか。
 今日は私の代わりに、秘書がお相手を。」
「美山です。実は、テニスの経験は・・」
美山理香(深津絵里)が挨拶する。
「手加減はいらん!
 若いもんにはまだまだ負けん!
 さあ行くぞ!」続きを読む
21:35 | CM(2) | TB(9) | CHANGE | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする