2008年09月13日

魔王 最終話

『最後の対決 死が絆を引き裂く!!』

領(大野智)の復讐劇が、ついに終焉を迎える!!
直人(生田斗真)にタロットカードが入った赤い封筒が届く。
それは、次のターゲットが直人であることを意味していた。
「成瀬は、最後に俺を殺すつもりです」。

そこに薫(上原美佐)が血相変えてやってきた。
取り調べ中の典良(劇団ひとり)が、直人を呼んでいるとのこと。

取調室
葛西を助けるためとはいえ、実の兄を任意連行してしまったことに、
直人はやり切れない思いを抱えていた。
「俺は・・ダメな兄貴だな。
 昔から、意気地がなくて。
 お父さんに・・言いたいことをはっきり口にするお前を、
 ずっと羨ましいと思ってた。」
「何だよ・・急に・・」
「俺は・・いつもお父さんの顔色ばかり伺っていた。
 お父さん、本当は、お前に後を継いでもらいたいんだよ。」
「そんなことない。」
「俺にはわかる。」
「・・・」
「お父さんのこと・・頼むな。」
「・・・ああ。」
「・・・タバコ、買ってきてもらえないか?
 最後に一服したいんだよ。」
「・・・わかった。」
直人が部屋を出ていこうとする。
「直人!・・・すまない。」
「・・・」


B001FADK7Y魔王大野智, 生田斗真, 小林涼子, 田中圭, 加藤新;坪井敏雄TCエンタテインメント 2009-01-09by G-Tools
続きを読む
13:19 | CM(7) | TB(7) | 魔王 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月06日

魔王 第10話

『一族の崩壊・・・・死のラストカード!!』

直人(生田斗真)は、宗田(忍成修吾)を殺したのは自分だと
葛西(田中圭)が言い張るのは、恋人だった麻里(吉瀬美智子)を
庇うための嘘の供述だと悟る。
全ては事件を影で操る領(大野智)の思惑通りに進んでいるのだ。
友人と義理の姉との不倫という事実を突きつけられ、深く傷つき、
苦しむ直人。

そこにしおり(小林涼子)が現れる。
「・・大丈夫ですか?」
「・・・ええ。
 遅くまですみません。
 送ります。」
「あの・・
 刑事さんは・・犯人が誰なのか知ってるんですか?」
「・・・」
「わかってるんですね・・」涙ぐむしおり。
「・・・」
「刑事さんは・・その人のこと・・憎んでますか?」
「わからないんです。
 その人を殺人犯にしたのは・・俺だから。
 11年前、俺があんなことさえしなければ、
 あの人は、こんな事件を起こさないで済んだんです。
 一人の人間の人生を、こんなに狂わすことになるなんて、
 あの時考えもしなかった・・。
 あの人と・・死んでいった人たちのことを考えるたびに、
 ・・・自分の過去を、全部捨ててしまえたらどんなにいいかって・・。
 俺は・・」
「残酷ですよね・・。
 そんなにまで傷つかないと、生きていけないなんて・・。
 そんな人生残酷すぎますよね・・。
 でも私は・・その過去があるから、
 今のまっすぐな刑事さんがいるんだと思います。
 刑事さんは・・もう充分苦しみました。
 刑事さんだけじゃない。
 もう誰も・・これ以上傷つく必要なんてないんです。
 傷ついちゃいけないんです。
 そのためなら私・・どんなものが見えたって、
 絶対に逃げたりしません。
 だから刑事さん・・真実から逃げないで下さい。」
しおりの言葉に頷く直人。
  続きを読む
22:57 | CM(3) | TB(5) | 魔王 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月30日

魔王 第9話

『真犯人は俺だ 知りすぎた男の悲劇』

直人(生田斗真)は領(大野智)の正体が死んだはずの真中友雄で、
彼こそが真犯人"雨野真実"だと遂に突き止め、
それを電話で中西(三宅 裕司)に報告。

その頃、直人の友人・宗田(忍成修吾)は、大隈(嶋田久作)の部下達に
廃墟のような場所に拉致される。
そこに葛西(田中圭)の姿を見つけ驚くそうだ。
「きたねーぞ!」
「汚いのはお前だよ。」
葛西に掴みかかろうとする宗田を佐々木(榊英雄)が殴り飛ばす。
「最後ぐらい男らしくしろよ。」
佐々木ら大隈の手下が宗田に暴行。
その様子を見ていられずに目をそむける葛西。
「葛西!助けてくれ!」宗田が叫ぶ。
佐々木が鉄パイプを手にする。
「・・・やめて下さい。
 ・・・やめろ!!」
「・・・すみませんでした!許してください!助けて下さい!
 葛西!助けて下さい!!」
「・・もういいです。」
「あとで面倒なことになりますよ。」と大隈。
「こいつは、中学の時からの親友なんです。
 だから・・最後は自分でケリをつけます。」
葛西の言葉にショックを受ける宗田。
「引き上げるぞ。」大隈たちが帰っていく。続きを読む
13:25 | CM(2) | TB(5) | 魔王 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月24日

魔王 第8話

『許されぬ愛の終わり・・・・復讐、再び』

領(大野智)は、しおり(小林涼子)の一言に胸を締め付けられ
思わず抱き寄せてしまうが、その目には涙が…。
しかし、ふと冷静になった領はしおりを放す。
「・・・すみません。」
「いえ・・」
領の涙を見つめるしおり。
「・・・送ります。」
領はそう言い歩き出す。

刑事課
「池畑は、死んだやつが相手じゃ捕まえられないって言ったんです。 
 それって・・俺たちが死んだと思っているやつこそが、
 犯人だっていう暗示だったんじゃ・・」
直人(生田斗真)が中西(三宅 裕司)らに言う。
「どういうこと?」と薫(上原 美佐)。
「真中友雄は・・生きてるんです。」
「え!?」
「きっと池畑は、真中友雄が生きているという証拠を
 掴んでいたんです!」

しおりを家まで送り届ける領。
家の前まで来ると、突然雨が降ってきた。
「ちょっと、待っていて下さい。」しおりが家に入っていく。
空を見上げて雨を見つめる領。
そこへしおりが戻ってきた。
「これ、どうぞ。」しおりが傘を渡す。
「ありがとうございます。」

しおりに傘を貸してもらった領は、懐かしい思いに浸る。
11年前、英雄が刺された事を証言した少女・しおりに、
「弟の為に証言してくれてありがとう。」
と自分が使っていた傘をあげた記憶を思い出していた。

「どうか、しました?」しおりが聞く。
「・・いえ。
 じゃあ、お休みなさい。」
「おやすみなさい。」

領と別れたあと、幸せそうに微笑むしおり。続きを読む
12:14 | CM(4) | TB(4) | 魔王 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月16日

魔王 第7話

『偽りの姉弟・・・・優しい嘘が死を招く』

成瀬領(大野智)は、本当は真中友雄であるという“領の正体”を
突き止めた池畑(六平直政)を倉庫で転落死させた。
大胆にも死に際に立会い、秘密を録音したボイスレコーダーを回収し、
危機を脱した領。

駆けつけた芹沢直人(生田斗真)は、池畑に懸命な心臓マッサージを
施す。
そこへ、救急隊が駆けつける。が、時はすでに遅かった・・・。
「また、俺のせいで・・・」直人が呟く。

その時直人は池畑のポケットから、赤い封筒と自分に送られたのと同じ
「ソードのエース」のタロットカードを見つけ、愕然とする。
三人目の被害者が出てしまったことに、落ち込む直人。
直人の脳裏には、"雨野真実"が父・栄作を操って
池畑を殺させたのでは?という疑念が拭い去れない。続きを読む
17:57 | CM(3) | TB(5) | 魔王 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月09日

魔王 第6話

『教えてやるよ・・・・真犯人の正体を!!』

領の過去を探る記者・池畑(六平直政)に、領が本当は真中英雄の兄・友雄で、
友人だった成瀬領が事故に遭った際に身元を証明する者が誰もいない
家出少年だったことを利用し、領と入れ替わり、領に成りすまして
生きていることを突き止められた領。

「人違いなさってませんか?
 私は成瀬領です。」
領は冷静にそう答え、その場を立ち去ろうとする。
「いい人選びましたね!
 親族は、目の見えない姉が一人。
 身元を証明するものがいない、家出少年。
 成瀬領か!」
「・・・」
「あなたは彼が死ぬとき、現場に居合わせ、
 天が与えたチャンスだと思った。
 そして真中友雄の名前を捨て、成瀬領として生まれ変わった!
 殺された、弟の復習の為に。」
ふっと笑みを浮かべて領は答える。
「すごい想像力ですね。」
「資材置き場で聞いた話は、録音してあるんです。
 これでもシラを切り通せますかね。」
池畑がボイスレコーダーとCDRを見せる。
「・・・」
「別に、復習を邪魔しようっていうんじゃないんです。
 むしろ芹沢栄作が苦しむなら願ったり叶ったりだ。
 でも、気づいちゃった以上ねー。
 見逃す代わりに、5千万。
 先生なら可能な額でしょう?」
「・・・」続きを読む
13:40 | CM(2) | TB(4) | 魔王 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月03日

魔王 第5話

『殺人予告・・・・!?魔王に届く赤い封筒』

領(大野智)は、姉の真紀子(優香)を見舞うために海沿いの
とある病院を訪れていた。
「久し振り。姉さん。」
「領!来てくれたんだ。」
「ごめんね。忙しくて・・。
 これ。お見舞い。」
真紀子の手に花束を置く領。
「いい匂い!ありがとう。」
領の手を探るように掴む真紀子。
「・・・少し痩せたんじゃない?大丈夫?」
「・・僕は、元気だよ。
 姉さんこそ、体はどう?」
「私も元気よ。」

一方、図書館で“芹沢直人様”と書かれた赤い封筒を見つけた
直人(生田斗真)は、その中に入ったタロットカードと手紙を見つける。
手紙には
《LIVE=EVIL》
という暗号のような一文だけが書かれていた。
「生きる事は、悪い事…」
しおり(小林涼子)は不吉な予感を感じて、そう呟いた。
「この、カードの意味は?」
「ソードのエース。
 愛や憎しみにおける、大きな力を意味します。
 それから・・避けられない変化が起きる事を暗示しています。」
「避けられない変化・・。」続きを読む
16:11 | CM(3) | TB(3) | 魔王 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月26日

魔王 第4話

『狙われた魔王 地獄の門は開かれた』

直人(生田斗真)は、しおり(小林涼子)のサイコメトリーに導かれて、
自分が関わった11年前の現場に辿り着く。
そして、一連の殺人事件が自分の起こした11年前の事件と関わりが
あることを確信し、愕然とする。

その帰り道。
車を運転しながら、直人はあの日のことを思い浮かべていた。
(回想)
「山野を苛めるな!」
そう言い立ちはだかる英雄に、直人はナイフを手に微笑む。
そして英雄の腹を刺し・・・。

「危ない!!」しおりの声に我に返る直人。
横断歩道で慌てて急ブレーキを踏み込む。
「・・・刑事さん?」
「・・すみません・・。
 すみません・・。」
視線を落としてそう呟く直人・・。

火葬場に駆けつけた直人は、石本(脇知弘)の棺に泣き叫ぶ。
感情をむき出しにして泣き叫ぶ直人・・・
遅れてきた直人に宗田 充(忍成 修吾)が掴みかかる。
「おせーよ。何やってたんだよ!親友じゃないのかよ!!
 お前が死んだら石本ならすっ飛んできたぞ!!」
「・・・」泣き崩れる直人。
火葬場に、領(大野智)も来ていた。
「心からお悔やみ申し上げます。
 大切な人を失う辛さ・・私にもわかります。」
領はそう言い直人を見つめる。

直人の背中を険しい表情で見つめる領。
そんな領を、何者かのカメラが狙っていた。続きを読む
20:24 | CM(3) | TB(3) | 魔王 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月19日

魔王 第3話

『暴かれる素顔 愛とひきかえの復讐』

領(大野智)としおり(小林涼子)は、教会の表でクマのぬいぐるみを
抱いて泣いている迷子の空(大野百花)を発見する。
しおりは、自分の見た残像を思い出しハッとする。
少女が、直人の元に届いた殺人予告を示す赤い封筒に入っていた
月のタロットカードから読み取った残像と同じぬいぐるみを持っていたからだ。

「どうしたの?迷子?
 もう大丈夫だからね。
 名前は?」領が優しく尋ねる。
「新谷空・・。」少女が答える。
「空ちゃんか。 
 どこから来たの?」
「遊園地。」
「遊園地?誰と行ってたの?」としおり。
「お兄ちゃんと。」
「空ちゃんのお兄ちゃん?」と領。
「ううん。」
「じゃあ、誰?」としおり。
空は領を見つめ・・。
「知らない。」としおりに答える。
「知らない人と行ってたの!?」としおり。
「うん。」
「空ちゃん、自分のおうちわかるかな。」と領。
「うん。」
領は優しく空の頭を撫で・・・。続きを読む
10:15 | CM(3) | TB(4) | 魔王 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月12日

魔王 第2話

『裏切りの罠・・・・引き裂かれた親子!!』

11年前の忌まわしい記憶―――直人(生田斗真)が領(大野智)の
弟・英雄を刺殺してしまった事件―――
領の壮大な復讐は、まずその記憶を直人に呼び覚ますことから
始まったのだった・・・

その事件の担当弁護士であり、直人の父・栄作(石坂浩二)が経営する
会社の顧問でもあった熊田(森下哲夫)が殺された翌日。

熊田の通夜の会場
直人は熊田の遺影を見つめ、そして自分の届いたタロットカードを
ポケットから取り出して衣つめる。
「熊田先生、お気の毒に・・。
 あの林って男許せないな!」と葛西(田中 圭)。
「殺したのは林じゃない。」
「え!?」
「真犯人はコイツだ。 
 こいつが林を操って・・殺したんだ。」
タロットカードを見つめる直人。

そんな中、加害者・林(きたろう)の弁護人である領がやって来た。
「成瀬先生・・」先に葛西が気づく。

「加害者の、弁護士です。」典良(劇団ひとり)が栄作に耳打ちする。

「お体は大丈夫ですか?
 昨日はかなりお疲れのようでしたから。心配しました。」
領が直人に言う。
「それはどうも。俺は平気です。」
「それは良かった。
 事件も、解決したことですし、ゆっくり休んでください。」
「事件はまだ終わってません。
 この事件の裏には、雨野真実という黒幕がいます。
 そいつを捕まえるまで、事件は俺が終わらせません。」
「・・・」続きを読む
21:17 | CM(2) | TB(5) | 魔王 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする