2008年12月21日

ブラッディ・マンデイ #11

『今夜0時東京破滅テロ宣言へ!!生死を懸けた終幕へ』

ついに姿を現したテロリスト教団の首謀者「K」の正体は、なんと、
藤丸(三浦春馬)と同じ新聞部の同級生・真子(徳永えり)だった。
真子は、自分を助けに来た藤丸に対し、ためらいもなく銃口を向ける。
そして、撃ち放った銃弾は、藤丸をかばった竜之介の胸へと突き刺さる。

「K」とマヤ(吉瀬美智子)はその場を逃げ出し、藤丸と竜之介は
駆け付けた「THIRD-i(サード・アイ)」によって保護される。
「ブラッディ・マンデイ・・
 ブラッディ・マンデイの・・全てが・・この中に・・。」
竜之介が加納に何か渡そうとする。
「時間がない!全てがここにある!」
加納は竜之介からそれを受け取ろうと手を伸ばす。
その手をぎゅっと握り締める竜之介。
「絶対、止めろ!
 ・・・頼んだぞ。」
「・・了解しました。」


B001GXR102ブラッディ・マンデイ DVD-BOX I
三浦春馬, 吉瀬美智子, 佐藤健, 松重豊
アミューズソフトエンタテインメント 2009-01-23

by G-Tools



B001O6W9SAブラッディ・マンデイ DVD-BOX II
三浦春馬, 吉瀬美智子, 佐藤 健, 松重 豊
アミューズソフトエンタテインメント 2009-03-27

by G-Tools
続きを読む

2008年12月13日

ブラッディ・マンデイ #10

『東京炎上!?死と裏切りの絶叫の中、遂にテロ最終舞台へ』

ずうずうしくも藤丸(三浦春馬)の自宅へと上がりこんでいた
J(成宮寛貴)。
「お前と音弥は何なんだ。」
「僕らは・・・血の繋がった兄弟なんだ。」
「・・・」
「本当はね、僕も教える気はさらさら無かったんだよ。
 こんな・・誰も得をしないような真実をさ。
 でもわかったろ?
 真実を知れば知るほど、現実が崩壊していくんだ。
 友達まで失っちゃって、大変だ。
 守りたいものが沢山あるってさ。」
「・・・」
「じゃ、そういうことで。」
「待て!」
「・・あっそうだ。
 さき妹さんに注射しちゃったから。
 これ。」
そう言い、Bloody-Xを見せるJ。
藤丸は慌てて2階の遥(川島海荷 )の部屋へ。

「痛い!何するの?」
「あいつに何かされなかったか?」
「何もされてないけど。」
「・・・」

下に降りていくと、Jの姿はもうなかった。
藤丸の携帯に音弥からの着信。
だが藤丸はその電話に出ることが出来ず・・。続きを読む

2008年12月06日

ブラッディ・マンデイ #09

『テロ最終章!!神が与えし教祖の死、そして最後の月曜へ』

学校に潜んでいたテロリストとの格闘の末、藤丸(三浦春馬)たちは
ついに抗ウイルス剤を手に入れる。
しかし発症の早かった英(久野雅弘)はそれを接種する事が出来ずに
息絶えてしまう。

一方、拘置所を襲撃し教祖・神島紫門(嶋田久作)の奪還に成功した
J(成宮寛貴)らテロ集団。
彼らは下水道を使って、拘置所から抜け出した。

防護服を身に着けたTHIRD-iの部隊が彼らを追う。

伊庭を撃ったあと、加納は霧島に
「先に行ってる!応援よこしてくれ!」と言い、マヤたちを追う。

学校
藤丸は、英を死なせてしまったのは全部自分のせいだと、悲しみに
打ちひしがれ失意のどん底に…。続きを読む

2008年11月30日

ブラッディ・マンデイ #08

『ついに大量感染!?拘置所に眠る犯罪者の大脱走計画の全貌』

警察官・船木(螢雪次郎)を殺したという無実の罪を着せられ追われる
藤丸(三浦春馬)を、音弥(佐藤健)、あおい(藤井美菜)、
真子(徳永えり)、英(久野雅弘)ら新聞部のメンバーが
学校の一室でかくまうことに。

家族がバラバラになり「THIRD-i(サードアイ)」も信用出来なくなった
藤丸にとって、そこは唯一の落ち着ける場所であった。

そんな中、英が鼻血を出し、吐血する。
洗面台に駆け込みそこでまた血を吐く英。
あおいは英の背中を心配そうにさすっている。
洗面所に広がる鮮血を水で流す英。
それを見つめる音弥、真子、そして藤丸。
「どうしちゃったんだろう・・」と英。
「病院に行こう。」とあおい。
「ちょ・・ちょっと待って。待って!」
藤丸が止めようとしているところへ、テロリスト2名が銃を手に
やって来た。
「久しぶり、ファルコン!」とピエロの男。続きを読む

2008年11月23日

ブラッディ・マンデイ #07

『テロ全貌が今夜明らかに!!非常な計画が日本を襲う!!』

独房
怪しい指の動きを見せる神島紫門(嶋田久作)。

その頃、石川看守(野間口徹)は浅倉看守(佐伯新)殺害に関しての
取調べを受けていた。
「交換殺人です。」と石川。
「交換殺人?」と船木刑事(蛍雪次朗)。
「あの人は、妻の不倫相手を殺してくれた。」
「吉岡慶介のことです。」と伊庭刑事(尾崎右宗)。
「俺が朝倉さんを殺さなきゃ・・俺が・・あの人に・・」
「それは何度も聞いたよ!
 だがな、独房から一歩も出ない神島が、
 どうやって外に居る人間を殺害できるんだよ!」
「あの人には・・そういう力がある・・。
 実際に人を殺す事を出来る力が・・。
 あの人は言った。
 外に居る人間を殺してみせると。
 女の人の名前を。
 そしたら・・その人、本当に死んだ。」
「その女性の名前は?」
「・・・安田、由紀子。」
「・・・」
石川はそう言うと、怯え始め・・。続きを読む

2008年11月16日

ブラッディ・マンデイ 06

『日本最後の日!?破壊と滅亡、そして父の真相が明らかに』

藤丸(三浦春馬)は、父・竜之介(田中哲司)が使用していたパソコンに
残されていたアクセス履歴を頼りに“抗ウイルス剤”の在り処を
突き止めるべく、とある生物科学研究所へ向かう。

だが、藤丸の置かれている状況を知って力を貸すというクラスメートの
音弥(佐藤健)、あおい(藤井美菜)と共にやってきた研究所には、
既にテロリストの出門(TET)が侵入していた。

出門に追い込まれ逃げ惑う3人。
警察に連絡しようとするが、携帯が繋がらない。
電波を妨害する電波が仕掛けられているようだった。
「どうする!?」とあおい。
「・・・二人は帰れ。
 やっぱり、二人を巻き込めない!」
そう言う藤丸の頭を叩くあおい。
「バカ!」
「シーッ!」
「・・やっぱあるんだよ、ここには。抗ウイルス剤が。」と音弥。
「・・・」続きを読む

2008年11月09日

ブラッディ・マンデイ 05

『東京壊滅!?現れたテロ首謀者との生死を懸けた対決!!』

目隠しをされた藤丸(三浦春馬)はマヤ(吉瀬美智子)に連れられ、
とあるファミリーレストランを訪れる。
そこには、テロリスト集団の首謀者「J」(成宮寛貴)の姿があった。

「どうもこんにちは!高木藤丸君。
 いや・・それとも伝説のハッカー、ファルコンって呼んだほうが
 いいかな。」
「・・・」
「ご苦労さん。
 まあ座って。」
Jの言葉に、マヤは藤丸をイスに座らせてその場を立ち去る。
「僕はJ。アルファベッド10番目のJ。
 と言っても、本名じゃないんだけどね。」
「・・・」

Jは藤丸にメロンソーダを注文する。
「本当にあんたがリーダーなのか?」
「驚くよね。テロリストの指揮者がこんなところに姿を見せちゃ。
 でも、おめでとう。僕は本物だ。
 食べないの?」
「・・・親父に会わせてくれるというのは・・」
「本当だよ。」
「どこにいる!」
「僕たちの側にいる。
 ・・・君もだ。」
「・・・」
運ばれたメロンソーダを手に取るJ。続きを読む

2008年11月02日

ブラッディ・マンデイ 04

『裏切りと悲劇の女!!明らかになる日本崩壊テロの真相!?』

マヤ(吉瀬美智子)に案内され、人気(ひとけ)のない倉庫へと連れて
行かれた藤丸(三浦春馬)、加納(松重豊)、宝生(片瀬那奈)。
裏切り者の宝生へ銃を向ける藤丸だったが、なかなか撃つ事が出来ない。

すると突然、宝生が加納に向けて銃を撃ち放った。
「加納さん・・何で・・
 何で仲間を撃つんだよ!!」と藤丸。
「仲間なんかじゃないもの、ね!
 ほら、これだって。
 あらかじめ外れるようにしておいてくれたのよ。」とマヤ。
「銃をこちらによこしなさい。」と宝生。
「お前こそ銃を捨てろ!
 ・・・俺が撃てなかったせいで・・加納さんが・・」
「銃を捨てなさい!」宝生が藤丸に銃を向ける。
「・・・」
「やめなさいよ。子供の強がりに付き合ってる場合?」とマヤ。
「あなたこそ、勝手な真似して。
 忘れないで。
 あなたは私たちの言うことを聞いていればいいの。」
「そうだったわね。
 撃つなら私を撃ちなさい。」
マヤはそう言いながら藤丸に近づいていく。
「どうぞ。
 この方が撃ちやすいかしら。」
藤丸に背中を向けるマヤ。続きを読む

2008年10月26日

ブラッディ・マンデイ 03

『裏切り者は誰だ!?味方に潜む敵の影!!テロ首謀者・現る』

藤丸(三浦春馬)と音弥(佐藤健)は、ロシアで起きたウイルステロ
「クリスマスの虐殺」の映像に映っていた女が、
生物教師の折原マヤ(吉瀬美智子)ではないかと疑う。
二人はその真偽を確かめるため、マヤの自宅マンションへと潜入。
自分の正体に気付いた藤丸に、マヤはついに本性をあらわし銃を向ける。
「逃げても無駄よ!」
「・・・」
マヤが引き金を引こうとしたその時、何者かが窓の外から
彼女の右腕を撃つ。

向かい側のビルには射撃班と加納(松重豊)の姿があった。

恐怖で動けずにいた藤丸は、マヤが落とした銃に手を伸ばそうと
しているのに気づき、慌てて銃を払いのける。
「・・・なんでだよ!
 何であんな酷いことが出来んだよ!!」
「・・・」続きを読む

2008年10月19日

ブラッディ・マンデイ 02

『ウイルステロついに勃発!!迫り来る日本最後の日!! 』

制服を着た女子高生が、一瞬、蝶のタトゥーの男の前で足を止め、
引き返していく。

その女子高生が、路地で足を止める。
足元に大量の血痕。柵を開くと、上半身裸の男が倒れてくる。
女子高生はその遺体に微笑みを浮かべ・・
「誰かー!誰かー!!」と助けを呼ぶ。

少女はテロリストの仲間・出門と何か受け渡しでもしたのでしょうか。

この子はモールで二番目に吐血した女子高生ですよね。
ちなみに制服は別。
演じているのは、恒吉梨絵さんだと思います。
続きを読む