2008年12月11日

七瀬ふたたび 最終回

『祈り』

七瀬(蓮佛美沙子)たちはパクス・シエンティアと戦う計画を練り直すため、藤子(水野美紀)の山荘に一時避難する。

恒介(塩谷瞬)がたったひとりでパクス・シエンティアに潜入し情報収集につとめていることを知った七瀬は、藤子やヘンリー(郭智博)、朗(宮坂健太)たちに何も告げず、パクス・シエンティアへ向かい、その中枢に乗り込んでいく。
佐倉(光石研)から銃口を突きつけられても七瀬は彼の誘いを受けることはなく、毅然とした態度で対決を宣言する。

高村(市川亀治郎)は警察が、にわかに七瀬たちを犯罪者扱いし始めたことでパクス・シエンティアが警察組織すらも支配し始めたことを知る。

フリージャーナリストの大野(堀内正美)を味方につけた藤子は、七瀬によるパクス・シエンティア告発のメッセージをインターネットで発信しようとする。
しかし、その動きを嗅ぎつけた西尾(今井朋彦)の放つ銃弾に倒れる。

恒介も撃たれ、ヘンリーと朗の立てこもる山荘も機動隊と警官隊によって包囲される。
高村の制止にもかかわらず、ヘンリーが狙撃された。


七瀬ふたたび DVD-BOX
七瀬ふたたび DVD-BOX蓮佛美沙子

ポニーキャニオン 2009-03-18
売り上げランキング : 5244


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
続きを読む
22:41 | CM(3) | TB(0) | 七瀬ふたたび | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月04日

七瀬ふたたび 第9回

『それぞれの戦い』

七瀬(蓮佛美沙子)は、親友の瑠璃(柳原可奈子)がパクス・シエンティアの追っ手から銃撃され、激しいショックを受ける。

瑠璃の回復を祈る七瀬は、恒介(塩谷瞬)が「瑠璃からひと時も離れるな」と忠告したのはこのことを予知していたからではないかと思い至る。

恒介はパクス・シエンティアに潜入し、佐倉(光石研)から団体の理念と目的を聞く。かれらは科学者を中心とした集団で、科学の力による世界平和の実現を目指していた。そのためにかれらは、精一郎(小日向文世)の未知能力研究の成果を必要としていたのだ。精一郎が死んでその成果は失われたが、残されたノートから七瀬が他者の心を意のままに操る究極の能力者「アクティブ・テレパス」であることがわかった。だから彼らは七瀬を自分たちの仲間にしようとしていたのだ。

また、パクス・シエンティアには行方をくらましていた西尾も所属していた。彼は恒介に七瀬を連れてくるよう脅しをかける。続きを読む
21:58 | CM(2) | TB(0) | 七瀬ふたたび | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月27日

七瀬ふたたび 第8回

『能力の真実』

七瀬(蓮佛美沙子)は、父・精一郎(小日向文世)が
この世を去ったことの悲しみから立ち直れず、誰にも告げずに
故郷の町に戻っていた。

増田店長(北村総一朗)は心配して七瀬に電話をかけてくるが、
七瀬はもう自分が店に戻ることはないと思った。
そこへ、瑠璃(柳原可奈子)がやってくる。
七瀬の居場所を必死に探し当てたのだ。
彼女の変わらぬ優しさと明るさに七瀬は慰められる。

瑠璃は七瀬を夕食に誘った。七瀬は忘れていたが、
その日は七瀬の二十歳の誕生日だったのだ。
七瀬は初めてのお酒に酔い、店で知りあった二人連れの男と
軽い気持ちでカラオケ店にまで行ってしまう。
男のひとりに乱暴されかかった七瀬が強い拒否の気持ちを発した瞬間、
なぜか男は急におとなしくなる。
男の突然の変化に七瀬は奇異の念を覚えた。続きを読む
21:47 | CM(4) | TB(0) | 七瀬ふたたび | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月20日

七瀬ふたたび 第7回

『再会、そして…』

七瀬(蓮佛美沙子)は父・精一郎(小日向文世)と心の声で会話し
再会を約束した。
間近に迫ったその日を、七瀬は期待と不安を胸に待ちわびていた。

高村刑事(市川亀治郎)は藤子(水野美紀)を訪れ、未知能力の存在を
信じられない心境をありのままに話す。
徐々に高村は藤子や七瀬たちの悩みを理解できるようになっていた。

七瀬のことを思いやるマジックバーの増田店長(北村総一朗)は、
家族として一緒に暮らすことを七瀬に提案する。
周囲の人たちのそんな理解や愛情が七瀬には嬉しかった。

七瀬は意を決して、精一郎と会うことを恒介と藤子に話す。
しかし恒介(塩谷瞬)は「罠かもしれない」と精一郎に会うことに
反対する。
実は恒介には、七瀬が悲しみに泣き叫ぶ未来の映像が見えていたのだ。
それに気づいた藤子は
「忘れたの?私とだったら、その予知が変えられるかもしれない。
 二人で追いかけましょ」と恒介を説得。

七瀬に付き添い、精一郎が待つ郊外の山小屋へと向かう。

その頃、高村刑事は七瀬のことについて朗とヘンリーから
聞き出そうとしていた。
突然、突風で飛ばされた看板が朗を襲う。
「危ない!」高村が朗をかばおうと抱き寄せる。
だが間一髪でヘンリーが念動力で看板を食い止めた。
驚く高村だが、ほっと息をついてヘンリーに「助かったよ」と礼を言う。
高村が未知能力に理解を示したのた。

12年ぶりに再会する七瀬と精一郎。
精一郎は姿をくらましたことの真相を打ち明ける。
かつて勤務していた電機メーカーは、一日も早く、未知能力を
自社の利益に結びつけようとしていた。
コントロールする術もわからない未知能力を強引に実用化させようと
する体制に危機感を覚え、自分の知識を悪用されぬよう、
自殺を装ったのだ。
精一郎は七瀬にペンダントを渡し、再び会うことを約束する。

七瀬たちが後にした山小屋に、精一郎の同僚だった佐倉(光石研)が
現れる。
自分の仲間に引き入れようと精一郎を追ってきたのだ。
拒絶する精一郎に拳銃を向ける佐倉。
佐倉の手を掴み、自らの左胸に銃口を押し当て、引き金を引く精一郎。
自分の知識が悪用されないための、最後の選択だった。

ちょうどその時、帰路のバスに乗っていた七瀬の胸を激しい痛みが襲う。
『能力は使うな。能力者とは関わるな。
 何もかも忘れて、目立たないように暮らせ・・・』
途切れてしまった父の声・・・
動揺する七瀬は、藤子に父と別れる前の時間に戻らせて、とすがる。

過去へ戻り、必死に山道を駆け上がる七瀬。
しかし、また同じ衝撃が胸に走る。
父・精一郎の運命を変えることはできなかったのだ。
七瀬の悲痛な叫びが森にこだまする。

公式HPより続きを読む
21:54 | CM(2) | TB(0) | 七瀬ふたたび | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月13日

七瀬ふたたび 第6回

『父への鍵』

フェリーから海に落ちたミサト(宮本侑芽)を、ヘンリー(郭智博)が
念動力で海からすくい上げた。しかしミサトはすでに息をしていない。

七瀬(蓮佛美沙子)はミサトを救うため、藤子(水野美紀)の能力によって
時間をさかのぼる。

そこには母親の愛を感じることができず、自ら海に身を投じようとする
ミサトの姿があった。
七瀬はミサトを止め、母親に訴える。
「愛してるなら、愛してるってちゃんと言ってあげてください。」

ミサトは、心の中で七瀬に感謝する。
七瀬はミサトを救うことができたが、他人の運命を変えたことに
疑問を抱いていた。

目的の島にたどり着いた七瀬は恒介(塩谷瞬)と再会する。
七瀬たちは恒介に導かれ、謎めいた研究所の廃墟を訪れる。
そこに残されていた実験器具に七瀬は見覚えがあった。
父・精一郎(小日向文世)が使っていた実験器具と同じものだったのだ。
自殺したはずの父は生きていて、研究を続けていたのか。
七瀬にはそう思えた。

東京に戻った恒介は旧友の未知能力者・武田(長谷川博己)と再会する。
目標のない毎日を過ごしていた武田は、「パクス・シエンティア」という
NPO法人に加入してから、地雷除去活動に情熱を感じるようになったと言う。
以前の利己的な態度を一変した武田に恒介は驚く。
しかも、恒介と共に精一郎の研究に参加した未知能力者たちが
他にも数多くパクス・シエンティアに加入しているという。

七瀬のもとに精一郎のかつての同僚・佐倉(光石研)がやって来る。
佐倉から、精一郎が書き残したという遺書を見せられ、
父の自殺を否定し続けていた七瀬は大きく動揺する。

しかし、その夜。
どこからか精一郎が心の声で語りかけテレパスの七瀬はそれを感受したのだ。
精一郎は七瀬に、これまで七瀬に悲しい思いをさせたことを謝罪し、
七瀬への愛を語った。
そして3日後、七瀬が幼い頃に家族旅行で行った山小屋に必ずひとりで
来るように話す。
七瀬はその心の声を聞きながら、父の姿を探すが見つけることは
できなかった。

公式HPより続きを読む
21:31 | CM(4) | TB(2) | 七瀬ふたたび | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月06日

七瀬ふたたび 第5話

『時をのぼる』

七瀬(蓮佛美沙子)は、ヘンリー(郭智博)に能力を使わせ
西尾(今井朋彦)に重傷を負わせたことを後悔していた。
望んで得たわけではない未知能力に対して七瀬の悩みは深まる一方だった。

七瀬たちの能力を研究する藤子(水野美紀)は、自分自身に大きな変化が
起きていることに気づく。
危険が迫った時、時間をさかのぼるという驚くべき力が藤子には
備わっていたのだ。

一方七瀬はヘンリーに、安易に念動力を使わぬよう諭す。
未知能力の危険性を恐れていたのだ。
「私のためを思ってくれるなら、なおさら使わないで。」
七瀬の言葉に、ヘンリーは能力を使わないことを心に誓う。

藤子は能力の存在の証人になってもらおうと、時間逆行の現場に
七瀬を立ち会わせた。
しかし藤子ばかりか七瀬も時間を過去にさかのぼってしまう。
七瀬は驚異的な体験を共有したのち
「能力なんて人も自分も傷つけるだけです。私は欲しくなかった。」
と、能力者であることへの辛い気持ちを藤子にぶつける。
その言葉に藤子は
「人を幸せにする生かし方だって、きっとある。
 能力に負の部分、影があるなら光も存在するはず。
 研究を続けて、この光を見つけ出すのが私の仕事よ。」
と未知能力の可能性を訴えた。

その時、精一郎(小日向文世)の過去を探っていた恒介(塩谷瞬)から、
藤子に連絡が入った。
七瀬は彼がとある島で手がかりをつかんだことを知る。

それぞれの思いを胸に、フェリーに乗り島へと向かう七瀬と藤子。
七瀬を心配するヘンリーと朗もその船旅について来る。
高村刑事もまた、七瀬たちの謎を解き明かす決意で乗船していた。

七瀬たちは、海上を走るフェリーで子供が海に落ちる事故と遭遇する。
ヘンリーの念動力により子供を宙に浮かばせ船上に戻すも、
すでに息をしていなかった。

高村刑事が必死に応急処置を施す中、七瀬に藤子が呼びかける。
「飛びましょう、2人で。時間を戻してやり直すのよ。」
藤子は七瀬の手を握り、過去へと走り出す。

公式HPより続きを読む
21:30 | CM(2) | TB(3) | 七瀬ふたたび | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月30日

七瀬ふたたび 第4回

『対決』

七瀬(蓮佛美沙子)は、ルームメイトの瑠璃(柳原可奈子)が
西尾(今井朋彦)の甘い言葉にだまされていることを知りながらも、
瑠璃の目を覚ますことができずにいた。

マジックバーの従業員・ヘンリー(郭智博)は七瀬の前でスプーンを
宙に浮かべて見せた。彼は念動力を使うようになっていたのだ。

七瀬は自分がいることで周囲の人間の眠っていた能力が開花して
しまうのかと悩む。

超能力研究への情熱を燃やす藤子(水野美紀)は七瀬を対象に
科学実験を試み、結果の数値の高さに興奮するが、
能力から開放されたい七瀬は喜ぶことができない。

藤子が研究室で考え事をしている最中、突然背後から炎が上がる
幻覚を見る。
炎の上がったところの様子を見ると電源コンセントが火花を放つ。 
もう少しで火事になるところだった。
コンセントを抜き安心する藤子。
しかし彼女の右手にはなぜか火傷が残っていた。

瑠璃の勤め先の美容室で先輩美容師が鋏を置き忘れ、
瑠璃はそれを一晩だけ紛失しないように預かっていた。
しかし意に反して「誰かが盗んだ」との噂が店に広まる。

西尾は瑠璃に対し泥棒呼ばわりされないよう鋏はそのまま
持っているべきだと忠告。

しかし、その日の夜には西尾は
「泥棒として突き出されたくなかったら
 七瀬に今住んでいる部屋から出て行くように言え」
と瑠璃を脅迫する。

七瀬は西尾の住むマンションに向い、ふたりは対決することに。
再び七瀬に手を組むことを迫る西尾。
七瀬は彼の心に潜むコンプレックスを暴くが、西尾は
「お前は俺と同類だ」と言う。
「心を読んで、他人を見下す。お前は俺以上の悪魔だ」
七瀬を追い詰め、首を締めあげる西尾。

そこへ、七瀬を救おうとヘンリーが駆けつけた。
思わず「殺して……」と口走る七瀬。
それを聞いたヘンリーは念動力で西尾を跳ね飛ばす。
ベランダから落下していく西尾。

七瀬はヘンリーに、彼の能力が目覚めたのは自分のせいかも
しれないと話す。
だがヘンリーは明るく、七瀬を助けられて嬉しいと言うのだった。

自分の一言で西尾が命を落としかけたことに衝撃を受ける七瀬。
恒介は優しく七瀬を慰める。
しかし恒介は、かつて未知能力研究で一緒だった仲間の足取りを
つかむため、東京を離れることにする。

公式HPより続きを読む
22:06 | CM(2) | TB(2) | 七瀬ふたたび | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月24日

七瀬ふたたび 第3回

『悪魔のまなざし』

七瀬(蓮佛美沙子)と恒介(塩谷瞬)の働くマジックバーに、
透視能力の持ち主である西尾(今井朋彦)が客としてやってきた。
経営コンサルタントをしている西尾は表向きは紳士として振る舞って
いるが、実は能力を使って顧客の重要な情報を窃視し、
それを悪用していた。
西尾の隠された悪意に、七瀬は恐怖をおぼえる。

藤子(水野美紀)は七瀬の父・精一郎(小日向文世)が残した
研究ノートを元に子供たちを集めテストを行う。
また能力の謎を解明するため、恒介に研究への協力を求めるが、
予知能力に苦しむ恒介はそれをはねつける。

西尾は、店長の増田(北村総一朗)とその妻・尚子(伊藤榮子)の
おしどり夫婦を不幸のどん底に突き落とそうとする。
尚子が癌であると増田に信じ込ませ、手術費用をまかなうために
マジックバーを売却させるように追い込んだのだ。

いっぽう、恒介は自分の能力のことを調べようとしてかつて精一郎の
研究に参加した仲間たちと会っていたが、成果は上がらなかった。

開店前のマジックバーでヘンリー(郭智博)は七瀬と朗にマジックを
披露する。
しかしトリックを使わずにコインやシェイカーを動かしてみせた。
彼は念動力者だったのだ。

西尾にだまされている尚子に対し、七瀬は考え直してもらうように
訴えかけるが、答えはすぐに出ない。

西尾への怒りを募らせた七瀬は対決を決意。
たったひとりで彼の住むマンションへと向う。

七瀬がテレパスであることを知り、手を組もうと言い出す西尾。
しかし七瀬はその誘いを拒絶する。
「さみしいんでしょ?」
「見透かしたようなこというな!」
「わたしにはわかります。 
 でも、あなたの仲間にはならない。あなたの仲間だけには!」

西尾の元を走り去った七瀬は、心配して駆け付けた恒介の胸に
飛び込むのだった。

店に戻ると、店長が「店を売るのはやめた」と言う。
さらに、朗を家族として引き取りたいという店長夫妻。
夫婦の絆が西尾の悪意に勝ったのだ。

公式HPより続きを読む
00:06 | CM(2) | TB(1) | 七瀬ふたたび | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月16日

七瀬ふたたび 第2回

『危険な力』

「母が事故に遭った日、私は本当の自分に目覚めた。」

恒介が予知したがけ崩れ。
恒介を追いかけてきた刑事たちは、被害者の救助を優先。
結構いい刑事さんたちなのかもしれません。

「あ!おばちゃんの声聞こえた!」
てっきり電車に乗っていた人たち全員が亡くなってしまうのかと
思っていたので、ほっとしました。

朗を叔母の家まで送っていく七瀬。
「また・・会えるよね。
 僕たち、仲間だよね。」
七瀬は朗の言葉に頷きます。

翌日、辛そうな表情で朝刊を読む七瀬。
見出しには『崖崩れ直撃 列車脱線 死傷者30人』とありました。

そこへ、刑事がやってきます。
続きを読む
23:46 | CM(1) | TB(2) | 七瀬ふたたび | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

七瀬ふたたび 第1回

『そして扉がひらく』

「私の名前は火田七瀬。
 人の心が読める、テレパシーという能力を持っています。
 これは、誰かが作り出した力?
 それとも、私の中に眠っていた力?
 あなたと私が出会ったことが、
 世界の全てを変えてしまうかもしれない。
 全ての秘密がとかれたとき、
 大きな戦いが始まる。
 その時、私はまだ、本当の自分に目覚めていなかった。」

 
老人ホームに勤める田中七瀬(蓮佛美沙子)は、母・静子(中村久美)が
交通事故にあったことをきっかけに他人の心の声が聞こえる能力・
テレパシーに目覚める。続きを読む
14:02 | CM(1) | TB(3) | 七瀬ふたたび | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする