2008年12月22日

SCANDAL 最終話

『友よ!大切な人よ』

教会で、理佐子(戸田菜穂)と再会出来た貴子(鈴木京香)・真由子(吹石一恵)・たまき(桃井かおり)。
今まで理佐子がみんなのことをどのように思ってきたか、結婚式に何故みんなを招待したのか、理佐子から真相が語られ貴子たちは驚きを隠せなかった。

そこへ、夫・雄一からすべてを聞き出したひとみ(長谷川京子)が駆けつけ、理佐子がこんなことになったのは夫のせいだったと詫びる。
理佐子は、今まで歩んできた自分の生い立ち、久木田(加藤虎ノ介)との出会い、殺人を計画したことなどすべてを語った。
そして、貴子たちは、改めて理佐子の純粋な愛情を知ることに…。

だが、その5人の前に、勝沼(小日向文世)率いる捜査員が踏み込んできた。傷害容疑で理佐子に、犯人隠避の容疑で貴子たち4人に逮捕状が出ていたのだった。
警察に連行され、留置されてしまった貴子たちは…。

公式HPより


B001GXR116SCANDAL DVD-BOX(5枚組)
鈴木京香, 長谷川京子
ビクターエンタテインメント 2009-03-06

by G-Tools
続きを読む
12:16 | CM(1) | TB(0) | SCANDAL | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月14日

SCANDAL 第9話

『妻が夫を捨てる日』

哲夫(石原良純)から、理佐子(戸田菜穂)からの手紙を受け取った貴子(鈴木京香)たち。だが、哲夫からも理佐子は逃げてしまい、居場所が分からなくなってしまった。
手がかりは「真実を知りたければ、日曜日に結婚式を挙げた教会に来て」という、理佐子から手紙だけ。事件のナゾ解きをする貴子たちだが、つじつまが合わないことばかり…警察に知らせたほうがいいというみんなに貴子は、何があったのか本人に会って聞くしかない、日曜まで警察に知らせるのは待って欲しいと頼む。

一方、勝沼(小日向文世)は、たまき(桃井かおり)の家から凶器と見られるナイフを発見したことから、再捜査のための会議をしていた。
財務省の金沢(春田純一)と雄一(光石研)が何らかのかかわりがあること、8年前の傷害事件に関してのことなど、明らかになってきたことを報告した。
貴子と秀典(沢村一樹)、ひとみ(長谷川京子)と雄一、真由子(吹石一恵)と賢治(遠藤憲一)、たまきと哲夫…4組の夫婦が、それぞれ解決しなければならないことに直面する。そして、ひとみ・真由子には新しい愛が…!?

公式HPより続きを読む
23:59 | CM(1) | TB(0) | SCANDAL | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月08日

SCANDAL 第8話

『妻の涙、母の涙』

哲夫(石原良純)が理佐子(戸田菜穂)を匿っていたことが分かり、たまき(桃井かおり)の元へ勝沼(小日向文世)がやってきた。息子の部屋に入ろうとする勝沼を、必死に止めるたまきの様子は尋常ではなかった。心配する貴子(鈴木京香)たちに「ずーと部屋には誰もいない」と告白したたまき。勝沼の気遣いで貴子たちを帰らせるが、その時たまきは、もう二度と会わないし電話もしないで欲しいと貴子たちを突き放した。

そして帰り道、ひとみ(長谷川京子)、真由子(吹石一恵)も貴子に別れを言う。もう少しで、理佐子を探すことが出来そうなときに、手を引いてしまうなんて…やっと何でも話し合える友達になったと思っていた貴子は納得できなかった。

その夜、貴子が帰宅すると咲希(荒井萌)が体調を崩し寝込んでいた。両親がケンカばかりしていたこと、貴子は浮気しているのではと、咲希はいろいろ心配していたのだ。久しぶりに自分を心配してくれる貴子に触れ、咲希の心は癒され、母を思う素直な子供に戻っていた。

翌朝、たまきは勝沼に呼ばれ警察にいた。駿介の部屋から血痕のついたナイフが見つかり、取調べを受けていたのだ。そのナイフには、理佐子の指紋が…!?続きを読む
12:27 | CM(2) | TB(0) | SCANDAL | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月01日

SCANDAL 第7話

『秘密の部屋』

結婚式の夜、理佐子(戸田菜穂)が一緒にホテルに行った男は、ひとみ(長谷川京子)の仲人で夫・雄一(光石研)の上司・金沢(春田純一)だった。実は8年前、久木田(加藤虎ノ介)が傷害事件を起こした相手なのだ。久木田からすべてを聞いた貴子(鈴木京香)は、たまき(桃井かおり)たちにそのことを伝えた。

河合家に集まった4人は、家に戻った雄一に金沢のことを尋ねると「みんながおかしな騒ぎ方をしなければ、警察もマスコミも騒ぐことはなかった。つまらない出来事をスキャンダルにしてしまったことを自覚したほうがいい」とピシャリと言われ、貴子たちは何も言い返すことが出来なかった。

貴子、ひとみ、真由子、たまき…それぞれの家庭で、夫との不協和音が響き始めてきた。

ひとみは金沢に会うため、雄一に内緒で財務省に向かう。理佐子との関係を聞こうとしたが、雄一に見つかり家庭が壊れてもいいのかとひっぱたかれる。どうして雄一がそこまで金沢を庇うのか、どうして何も言ってくれないのか不安に駆られるひとみ。

一方、様子のおかしい哲夫(石原良純)を尾行したたまきは、あるホテルに夫が入ったのを知り確認を取ろうとしたが、そこへ勝沼(小日向文世)から電話が入り…。

公式HPより続きを読む
11:28 | CM(1) | TB(0) | SCANDAL | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月24日

SCANDAL 第6話

『新展開!!女たちの逆襲』

ニューヨークから戻った久木田(加藤虎ノ介)と会った貴子(鈴木京香)は、結婚式の夜、理佐子(戸田菜穂)が別の男性といるところを見たと告白する。理佐子を庇おうとする貴子を、久木田は一緒にいた男がどんな人だったか教える義務があると責め、出て行く。あわてて追いかけた貴子に、久木田は8年前に起こした傷害事件の話を始めた。
理佐子がたまき(桃井かおり)の夫・哲夫(石原良純)に弁護を頼み、示談にしてもらい、留学中の久木田に代わり1000万円という高額の示談金をほとんど払ってくれたというのだ。さらに、理佐子は貴子の夫・秀典(沢村一樹)からもお金を借りていたと言い残し、もう一度振り出しに戻って理佐子の足跡をたどると行ってしまった。

その夜、帰宅した貴子は、理佐子にお金を貸したことを秀典に問い詰め言い争いになる。

翌日、貴子はひとみ(長谷川京子)を訪ねた。警察の事情聴取を受けたひとみの夫・雄一(光石研)と理佐子との関係を聞くためだった。だが、ひとみはなんと美容師・礼二(植田浩望)とキスしたと夢ごごちで話し出し貴子を驚かす。

一方、たまきは真由子(吹石一恵)を訪ねていた。出かけようとしていた賢治(遠藤憲一)から「真由子をよろしく」と頼まれ、真由子がたまきの名前を使って出かけようとしていたことを知る。問い詰めると、証券マンの隼人(細田よしひこ)とデートするとあっさり言う真由子にたまきは呆れてしまう。

そんな中、礼二に無視されショックを受けたひとみが貴子を訪ねてきた。そんなことを娘に悟られないようごまかす貴子に、咲希は昨夜家の前で理佐子を見たと告げる。この新事実に、再び高柳家に集合した4人だったが・・・。

公式HPより続きを読む
12:00 | CM(1) | TB(0) | SCANDAL | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月17日

SCANDAL 第5話

『真相!!全てがつながる』

貴子(鈴木京香)たちの目の前で、勝沼(小日向文世)から任意同行を求められた河合雄一(光石研)。驚くひとみ(長谷川京子)は、弁護士の哲夫(石原良純)や秀典(沢村一樹)と共に警察に行ったが状況が分からず心配を募らせていた。勝沼は、以前久木田(加藤虎ノ介)が起こした事件調書の中に雄一の名前が出てきたと言うのだ。雄一は黙秘を主張、調書のことも偶然居合わせた単なる目撃者だと言い張り、妻には絶対に言わないと約束をして欲しいと勝沼に言った。そこに、面会要求をするため哲夫が顔を出した。驚く雄一・・・実は二人は以前に知り合っていたのだった。

同じ頃、貴子は久木田から呼び出されホテルのラウンジで会っていた。今夜ニューヨークに帰る、もう理佐子(戸田菜穂)は探さないと言うのだ。さらに、心配する貴子に、理佐子は無事だといい、理佐子から届いたメールを見せた。その夜、久木田は報道陣の前で騒がせたことを詫びニューヨークへ発っていった。
あっけない幕切れで、ぽっかり穴が開いたようになってしまった貴子は、ひとみ、たまき(桃井かおり)、真由子(吹石一恵)と連絡を取り最後に4人で食事をすることになした。最高におしゃれをして集まった4人だったが、いろいろ話をしていく内に言い合いになってしまう。実は、真由子は貴子が久木田と会うことを知り尾行していたのだった。
その頃、夫たちも妻たちの知らないところで秘密の会合をもとうとしていた・・・。

公式HPより続きを読む
09:47 | CM(3) | TB(0) | SCANDAL | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月09日

SCANDAL 第4話

『衝撃!!夫が逮捕される』

ワイドショーのインタビューを受けてしまったことで、貴子(鈴木京香)たち4人の家庭では、それぞれ大問題になっていく。世間体を気にするだけの夫たちに反発する妻たち。
理佐子(戸田菜穂)を心配するあまり独自に調査を始めた貴子は、理佐子と最後に会ったワインバーに出かけてみる。偶然、美容院帰りのひとみ(長谷川京子)が、礼二(植田浩望)を伴ない同じ店にやって来た。同じ頃、行き先が分からなくなった真由子(吹石一恵)を探すため、賢治(遠藤憲一)が高柳家を訪れていた。状況も分からず、困った秀典(沢村一樹)からの電話を取った貴子は、何気なく言った秀典の言葉に腹を立て電話を切ってしまう。
そんな時、呑気にクラブで遊んでいる真由子の写メが隼人(細田よしひこ)から礼二に送られてきた。クラブで真由子と合流した貴子は、あまりにもお気楽にしているひとみや真由子に呆れてしまう。夫が必死になって探していることを知った真由子は、一晩泊めて欲しいとたまきを頼って電話すると、たまき(桃井かおり)は警察にいて「自首したの」と言いみんなを驚かせる。

一方、高柳家を訪ねる前、賢治は500万円の小切手を手に久木田(加藤虎ノ介)を訪ねていた。一月ほど前、理佐子から大金が必要になったから用立てて欲しいと言われたが断ったと告げる。だが、失踪したことがお金に関係したのではと心配しお金を用立てるということにしたという賢治に、久木田は「お金には困っていない」と憤慨した。
その夜、たまきを心配した貴子たち3人の主婦は、新藤家の前に来ていた。丁度、警察から戻ったたまきと遭遇し、帰りそびれてしまった貴子たちは一晩新藤家に泊まることになったが・・・。

公式HPより続きを読む
23:49 | CM(1) | TB(1) | SCANDAL | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月03日

SCANDAL 第3話

『夫たちにお仕置き』

夫の会社を訪ねた貴子(鈴木京香)は、秀典からプレゼントされたペンダントと同じものをしている夏子(滝沢沙織)と秀典(沢村一樹)が一緒にいるところに遭遇してしまう。その時、理佐子から貴子の携帯に着信があり慌てて出ると、理佐子の携帯から聞こえてきたのは男の人の声だった。驚いた貴子は、急いで久木田(加藤虎ノ介)に会い事情を話すと、久木田は警察には知らせず誰にも言わないで欲しいと言うのだ。困った貴子は、ひとみ(長谷川京子)の意見を聞こうと電話を掛けた。久木田から口止めされてはいるが、早く警察に知らせたほうがいいのか迷っていたのだ。だが、真由子(吹石一恵)・たまき(桃井かおり)にも話が広がり、理佐子は誘拐事件に巻き込まれたなどという話に発展していた。

その夜、高柳家に集合した4人だが、話せば話すほど話が飛躍してしまい、とりあえず明朝久木田のホテルを貴子が訪ねることになった。翌朝、貴子がホテルに行くと、心配したひとみ・真由子・たまきもホテルに駆けつけていた。とりあえず、貴子が久木田の部屋を訪ねると「信じていたのに何故約束を守ってくれなかったのか」と怒る久木田。さらに、部屋には、勝沼(小日向文世)はじめ数人の捜査員が来ていて、公開捜査が決まったと言うのだ。
誰が警察に知らせたのか疑う間もなく、貴子たち4人はホテルを出たところで大勢の取材陣に囲まれてしまう。そのことが報道されたことで、それぞれの家庭は大揉めになり、不満を爆発させてしまった貴子・ひとみ・真由子は、偶然にもみんな家を飛び出してしまう。

公式HPより続きを読む
16:14 | CM(4) | TB(0) | SCANDAL | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月20日

SCANDAL 第1話

『今夜発覚!!女の本音はスキャンダル!!』

高柳貴子(鈴木京香)は40歳の専業主婦。
大手広告代理店勤務の夫と中学生の娘と暮らしている。
家事も育児も完璧にこなす貴子だが、娘は反抗期、夫は浮気の疑いありと、家族との溝を感じる日々だ。

ある日、昔の同僚・白石理佐子(戸田菜穂)の結婚式で、3人の主婦に出会った。
財務省公務員の夫と2人の幼い子供を持つ河合ひとみ(長谷川京子)32歳、美容整形外科クリニックの院長夫人でセレブな生活を送る鮫島真由子(吹石一恵)25歳、8歳年下の弁護士を夫にもつキャリアウーマンの新藤たまき(桃井かおり)52歳だ。

その夜、貴子は年齢も夫の職業も何もかも違うこの3人と、理佐子のお祝いをすることに。
すると理佐子が「ねえ、ゲームしない?」と言い出した。そのゲームとは、夜の街で男を逆ナンして店まで連れてくるということ。一番遅かった人が店の支払いを全額負担するというのだ。
猛反対の貴子をよそに、街へ出て行く4人。
しかしそのゲームが、思いもよらないスキャンダルへ貴子を巻き込んでいく……。

公式HPより続きを読む
21:03 | CM(4) | TB(4) | SCANDAL | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする