2011年07月04日

BOSS 2ndシーズン CASE 11

『ゆずれない正義』

大澤絵里子(天海祐希)ら「対策室」のメンバーが、あらぬ容疑で逮捕された。
野立信次郎(竹野内豊)は、対策室にサミットの警備をさせないための
妨害措置だと丹波博久(光石研)に訴える。
「いいんだ。これは私が預からせてもらう。」と丹波。
「しかし、」
「君も、共犯と思われてるんだぞ。まだ意見する気か?」
「・・・」

屋上
木元真実(戸田恵梨香)が野立に報告する。
「岩井さんの部屋に置かれていた死体は、黒い月の幹部で、
 死後2日経っていました。
 状況証拠だけです。」
「ディスクも取られた。コピーは?」
「コピーはしてあります。」
「さすがだな。急いで解読してくれ。
 敵の目的は48時間の留置と、ディスクを奪い取ることだ。」
「サミットまで、あと数時間しかありません。」
「しょうがない。俺たちだけで警備するしか。」
「これ。一部解読できたものです。」
「・・・・」

取調を受ける絵里子。そこへ丹波がやってくる。
「はぁ。とんでもないことをしてくれたな。」
「部長、これは、」と絵里子。
「言い訳はいい!逮捕されたという事実が重要なんだ。」
丹波の携帯が鳴る。
「はい。・・・は?早く出せ?一刻も早く。
 ・・・分かりました。申し訳ありません。」
携帯を切る丹波。
「はぁ・・。うちのトップだ。チッ!」

BOSS 2nd SEASON Blu−ray BOX [Blu-ray]
BOSS 2nd SEASON Blu−ray BOX [Blu-ray]林宏司

ポニーキャニオン 2011-11-16
売り上げランキング : 297


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



続きを読む
15:21 | CM(0) | TB(2) | BOSS | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月26日

BOSS 2ndシーズン CASE 10

『動き出す陰謀・・・』

大澤絵里子(天海祐希)ら、「対策室」のメンバーは、世界各国の首脳が出席する
環境サミットの警備に参加することが決まった。

野立と絵里子が参事官室に戻ると、
「動くな!」
男の手には・・・バナナ!森岡博(大森南朋)だった。

絵里子の頭にかぶりものを乗せる森岡。
「嫌だ!嫌だって!」
「よし、OK!」
「な、何なのよ一体!」
「うちの先生に約束したんだよ。
 例の環境サミット、何か面白いことないかっていうから、
 それじゃSPにかぶり物させますって。」
「バカじゃないの?バカなの!?
 だからあんた秘書どまりなのよ。」
「3か月間練りに練った計画だ。
 じゃ、当日頼んだぞ!な!」
「ちょっと。あんたこれだけのために来たの!?」
「政治家秘書は忙しいんだよ。バイビー。」
「・・・何あれ。信じら・・・あれ!?取れない。手伝って。
 早く!」
「楽しいコンビだね〜。」と野立。
「いや、そういうことじゃない。ちょっと。しっかりやってよ!」

世界環境サミットのポスターを意味深な表情で見つめる森岡・・・。

続きを読む
タグ:BOSS
16:50 | CM(2) | TB(2) | BOSS | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月19日

BOSS 2ndシーズン CASE 09

『最強の殺人者現る』

「そう。わかった。お疲れ様。
 ・・・いよいよね。」電話で話す大澤絵里子(天海祐希)。
「はい。」と木元真実(戸田恵梨香)
「こっちの準備はできてる。頼んだわよ。」
「はい。ボス。」

野立と話す絵里子。
「片桐がやめる!?」
「あいつは不器用だが、大事な戦力だった。残念だ。」
「そんな・・・。どうして急に?」
「思うことがあるんだろ?本人にしか分からん。」
「あんたに言う前に、私に一言言ってくれてもいいのに。」
「お前に言う必要はない。ボスは俺だ。」
「直属の上司は私でしょ?」
「何言ってんだ?俺だ。野立会のボスは。」
「あ、野立会っつった?」
「ああ。」
「辞めるって、野立会のこと!?」
「もう野立会には参加できませんと、直接本人から申し入れがあった。」
「・・・その報告私に必要?」
「報告じゃない。これは、愚痴だ。
 これから新たにな、片桐クラスの合コン要員を探すのは、
 非常に難しいな。」
「やめちまえば!?合コンとやら。」
「おい絵里子。待てよ。愚痴は終わりだ。」
「??」

続きを読む
タグ:BOSS
17:00 | CM(0) | TB(0) | BOSS | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月12日

BOSS 2ndシーズン CASE 08

『美しすぎる死体…』

「お見合い!?」と絵里子(天海祐希)。
「引き受けてくれ。」と野立(竹野内豊)。
「何で私が。」
「お見合い好きの上層部から頼まれた。
 ぜひ、売れ残ってるお前に会わせたいって。」
「売れ残ってるって・・・。」
「頼む。俺の出世のためだと思って、お見合いしてくれ。
 一度会うだけでいい。」
「相手は?」
「鑑識課の人間だと聞いてる。」
「それだけ?
 普通お見合いっていったら、写真とかあるでしょ?」
「贅沢言うな、お前。
 お前とお見合いしたい物好きなんか他にはいないぞ?」
「私のこと何だと思ってんのよ。悪いけどパス!ほか当たって。」
「そうか、残念だ。
 相手は相当なイケメンだと聞いてたけどな。」
「任しとけ!」

山村(温水洋一)が仕入れたボス見合い情報に賑わう対策室のメンバー。
「失礼よ。結婚は女の夢。
 一度は結婚してみるべきよ。
 せっかくボスだって、一応は女なんだから。」と幸子(長谷川京子)。

そこへ、ボス登場。
「どうかした?」

「お見合いってことは、ボスもおめかしとかしちゃうんでしょうかね。」
と花形(溝端淳平)。
「ボスがおめかし!」と山村。

続きを読む
タグ:BOSS
17:48 | CM(0) | TB(1) | BOSS | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月05日

BOSS 2ndシーズン CASE 07

『かなりヤバい事件』

「時計を巻き戻すことが出来れば、と思う瞬間が
 人生には確かにある。
 あの時、あの瞬間、あの場所に戻ることが出来れば・・・
 でもそれは、決して適うことが無い。
 対策室のメンバーにとって、それが、あの日だった。
 そう。あの日、あの時。」


警視庁内で「ふれあいフェスタ」というイベントが開かれ、
一般市民が見学にやってきた。
「対策室」のメンバーも案内係として借り出されたため、
大澤絵里子(天海祐希)は不機嫌になる。
しかし、野立信次郎(竹野内豊)や片桐琢磨(玉山鉄二)ら対策室のメンバーは、
まんざらでもない様子だった。

そんな隙を突いて、取調室に男(田中圭)が立てこもった。
花形一平(溝端淳平)から報告を受けた絵里子は、自分で処理をしろと
花形に命じる。

続きを読む
16:57 | CM(0) | TB(1) | BOSS | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月29日

BOSS 2ndシーズン CASE 06

『消えた銀行強盗』

大澤絵里子(天海祐希)は、岩井善治(ケンドーコバヤシ)に連れられ、
韓国のイケメンが働くクラブにやってきた。
そして、そこでパフォーマンスをする2PM(2PM)というグループに熱狂する。

そんな折、ある銀行がライフルを持った男に制圧された。
男は、行員や客を人質に取ったが、そのなかに田所幸子(長谷川京子)の姿があった。

事件の一報を受けた絵里子は、片桐琢磨(玉山鉄二)、山村啓輔(温水洋一)、
花形一平(溝端淳平)、岩井とともに銀行に急行。
すでに着いていた野立信次郎(竹野内豊)は、絵里子を犯人との交渉役に命じた。
絵里子が銀行に電話をすると、ソニー(高杉亘)と名乗る男が出る。

「もしもし。」と絵里子。
「うん?女か。」
「あら、男がよかった?」
「ホモじゃねえよ。」
「なら良かった。
 私は、警視庁捜査一課、特別犯罪対策室の、大澤です。
 あなたは?」
「俺は、ソニー。」
「『狼たちの午後』ね?あのアル・パチーノ、良かった!」
「フッ。知ってんのか。」
「銀行強盗の映画でしょ。無あk詩男と一緒に見に行った。
 じゃあ、あなたの相棒の名前は、サルね。」
「何なんだ。お前のプライベートはどうでもいい。」
「ねえ、あの映画には確か、犯人は3人いたわよね。
 名前は・・・」
「クリスだ。」
「そう!クリス。あれが情けない!
 すぐに怖気づいて逃げ出した。」
「俺は最初から逃げるやつとは組まない。」
「賢明ね。」

続きを読む
タグ:BOSS
15:55 | CM(0) | TB(1) | BOSS | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月23日

BOSS 2ndシーズン CASE 05

『節約殺人レシピ』

女性3人が失踪する事件が起こった。
3人とも失踪の理由は全く見つからない。
水曜日に失踪したという以外3人に共通点はないが、大澤絵里子(天海祐希)は、
そのうち主婦の青木洋子と接点がある、主婦でカリスマブロガーの
山本香苗(松下由樹)を訪ねる。

ゆ〜ママこと香苗は、ちょうど家の前で電話で話していた。
「え?洋子が、行方不明!?
 嘘でしょう?いつから? 
 そんなに?
 あ、うん。分かった。
 また、何かあったら知らせて。うん。絶対よ。 
 じゃあね。」
香苗は郵便物に目を通しながら電話を切る。

「こんにちは。
 警視庁特別対策室の、大澤と申します。」
「・・ああ。行方不明っていう洋子ちゃんのことですね?
 たった今、電話があったばっかり。びっくり・・・。」
「あの、少しお話聞かせていただいてもよろしいですか?」
「ええ。中に入ってらして。散らかってますけど。」
「ゆ〜ママと知り合いになれる!」と岩井(ケンドーコバヤシ)。

メールボックスには『せいいち かなえ ゆうた』の名前。

続きを読む
タグ:BOSS
17:30 | CM(0) | TB(1) | BOSS | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月16日

BOSS 2ndシーズン CASE 04

『羊たちの反撃!』

大澤絵里子(天海祐希)が、胆石で通院することとなり「対策室」を
留守にすることが増えた。
野立信次郎(竹野内豊)は、片桐琢磨(玉山鉄二)らに、捜査の出来が
よければ絵里子に代わりボスの座に就かせてやると煽り、
山村啓輔(温水洋一)、花形一平(溝端淳平)、岩井善治(ケンドーコバヤシ)、
田所幸子(長谷川京子)までもがその気になる。

山村からそんな話を聞いた黒原理香(成海璃子)は、あきれてしまう。

そんな折、真田という若い男がボーガンで射殺される事件が起こる。
目撃者は夜散歩していた老人2名。
対策室のメンバーが捜査に乗り出した。

一方、絵里子は、病院で知り合った黒木泰平(古谷一行)と将棋を指していた。
洞察力の鋭い黒木は、絵里子が仕事が気になっているようだ、と言い当てる。
「将棋は精神力の勝負だ。
 盤の上にすべてが現れる。」
「さすが。随分強いですもんね。」と絵里子。
「頭の中に、将棋盤が浮かんでるからね、この人は。」と別の患者。
「お嬢さん。悪いが、もう詰んでるよ。」
「うわ!くぅぅっ。」
「でも筋がいい。また教えよう。来るんだろ?」
「胆石が出るまで通わなきゃいけないんです。」
「ああ、この病院待ち時間が長いからな。
 ちょうどいい。」
「あの、どこが悪いんです?」
「悪いところはいっぱいあるが、強いて言えば、頭かな。
 黒木泰平だ。」
「大澤絵里子です。」

続きを読む
12:15 | CM(0) | TB(1) | BOSS | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月08日

BOSS 2ndシーズン CASE 03

『悲しき暴力の連鎖』

GOJという雑誌を見てため息をつく野立(竹野内豊)。
「何?」絵里子(天海祐希)がやってくる。
「これを見ろ。」
「若き官僚、日本を支えるニューリーダー"
 これが?」
「今月号で俺が取り上げられる。もうすぐ取材が来る。」
「それが?」
「まずいんだよ。」
「何が?」
「ほかの省庁のやつらに比べてカッコ良すぎる。俺。」
「・・・」
「クオリティーが違いすぎる。
 こんなことで官僚同士が対決したらどうする?
 チッ。ったく〜。何て罪作りな、美形だ。」
「・・・」
「おい、ちょっと待てよ、絵里子。」
「忙しいの。寝言に付き合ってる暇ない。」
「この恰好どう?もう少し若い方がいいかな?」
「・・・」

「文英館の、佐神です。」
編集者の佐神公一(山本耕史)が二人に挨拶する。
「佐神さん、お待ちしておりました!さあ、参りましょう。」
「よろしくお願いいたします。」

続きを読む
タグ:BOSS
17:50 | CM(0) | TB(0) | BOSS | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月04日

BOSS 2ndシーズン CASE 02

『絶対に死なせない』

大澤絵里子(天海祐希)は、野立信次郎(竹野内豊)に、連続殺人犯は
沼田良美(釈由美子)だと告げた。
良美は、絵里子のストーカーで、絵里子が憎んでいると思う人物を殺したというのだ。
そして、ターゲットは、野立や「対策室」のメンバーに変わりつつあると説明した。

そんななか、絵里子は、片桐琢磨(玉山鉄二)から、良美が木元真実(戸田恵梨香)と
一緒だと聞き、真実に危険が及ぶと直感。
案の定、絵里子にメールが届き、添付画像に、倉庫に寝かされた真実がいた。
画像と同時に、心電図と心拍数の数値も送られていた。

対策室に電話が入る。
「木元!?」
「大澤さん?良かった。やっと話せるね。」良美からだった。
「木元は?木元はどこ!?」
「私ね、嬉しかった。大澤さんの気持ち。
 私を対策室担当に呼んでくれたの、大澤さんでしょ?
 大した仕事もしてなかった私を。
 だからね、だから頑張んなきゃって。
 内示を受けたその日から、頑張って殺したの。」
「・・・あなたね!!」
「ごめんね。本当はもうちょっとやるつもりだったんだけど、
 あなたの無能な部下たちがうるさくて。
 だからね、あなたの為に、先にそっちからやっちゃおうかなと思って。」
木元の足を蹴る良美。
「木元は?」
「大丈夫。簡単には死なせない。
 ちゃんと計算して撃ってるから。
 心拍数、送ってるでしょう?」
「・・・」
「こいつが大澤さんが飛ばされた元凶だもんね。
 たっぷり苦しめなきゃ。」
「それは違う!」
「一緒に楽しみましょ。彼女の心が折れる音。
 じゃ。」
「もしもし!?もしもし!?」

続きを読む
タグ:BOSS
17:30 | CM(0) | TB(1) | BOSS | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする