2009年04月24日

BOSS CASE 02

『知りたい・・・・好奇心という罪』

冒頭のシーン、毎回、犯人の行動が組み込まれていくようです。
今回は、東京の夜景と共に、流れる血、"神"・藤原(浅利陽介)の顔、
胸にナイフが刺さった女性が工事現場の柵に向かって歩いていく姿、
ドクロのリング、パソコンのキーボードを叩く指、
先ほどの女性の遺体を写した写真を掲示板にアップするシーンが
組み込まれていました。


射撃の練習をする絵里子(天海 祐希)。
射撃の的の顔の部分に、部下の顔を重ねてみる。
「私、刑事じゃないですから。」(木元・戸田 恵梨香)
「決められた時間の中で、自分の仕事をします。」(片桐・玉山 鉄二)
「やる気元気!花形!」(花形・溝端 淳平)
「合コンセッティングしてくれ。業務命令だ。」(野立・竹野内 豊)
「眠気色気、岩井!」バチっと山村(温水 洋一)のおでこを叩く
岩井(ケンドーコバヤシ)。

無心に撃つと命中するのに、的に仲間の顔を思い浮かべると
ことごとく外していく。
これって、チームをどうまとめていくかという不安を表している?
続きを読む
17:26 | CM(1) | TB(4) | BOSS | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月17日

BOSS CASE 01

『最強アラフォー女刑事、ボスになる!』

アメリカの町を闊歩する絵里子。
その次のシーンはとあるマンション。
きちんと揃えられた紳士物の靴、脱ぎ散らかしたハイヒール、
スーツケースには『NRT FROM JFK』のステッカー。
その次に、液体を混ぜ合わせるシーン。

リビングの映像と、犯人が爆発物を作る映像が交互に現れて
初見、混乱しました。


朝、野立のベッドで目覚めた絵里子。美男・美女のカップル!?
「ここはどこ?私は誰?」
「ここは俺の家。お前は大澤絵里子40歳、独身!の中の独身!」
「・・そうだった。」
「今日から発出勤だろ?お願いしますよ。」
「・・昨日は?」
「焼酎3本に日本酒1升。
 これだけは・・言っておく。」
「何?」
「四十になって吐くな。」
「・・・」

5年ぶりの日本だから、つい、飲み過ぎて暴れてしまったらしい絵里子。

「あの・・この状況は・・」
「俺が脱がせた。」
「えぇ!?」
「心配するな。しっかり見た。怖いもの見たさで。」
「えぇ!?」
「気にするな。俺も気にしてない。むしろもう忘れたよ。」
「どういう意味よ、それ。」
「嘘だよ。お前が勝手に脱いで俺のベッドを奪った。」

野立との会話がさっぱりしていて面白い!続きを読む
17:18 | CM(3) | TB(6) | BOSS | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする