2009年06月27日

スマイル 最終話

『僕らが最後に手にした笑顔』

拘置所で 林 (小栗旬) 殺害時の夢にうなされる ビト (松本潤) は、
自分の罪を受け入れることを決意。
面会に訪れた 一馬 (中井貴一) に、控訴を取り下げて欲しいと依頼する。
死刑を受け入れ、林の命を奪った罪を自分の命で償うと言うのだ。

一馬は、死を選ぶことは償いにならない、と諭すがビトの決意は
変わらない。
同じく面会に訪れた 花 (新垣結衣) にも、面会に来ないで欲しいと
告げるのだった。

「裁判に出ないというビトの意志は固く、
 被告人不在のまま、高等裁判所に控訴。
 最高裁に上告したが、全て棄却。
 ビトの死刑が確定した。
 それはビトが出廷しなかったことが原因ではなく、
 判決を覆すだけの新たな証拠が手に入らなかったからだ。

 それから、5年の月日が経った。」


B0023B15VCスマイル 初回生産限定版 [DVD]
松本 潤, 新垣結衣, 小池栄子, 徳山秀典
TCエンタテインメント 2009-10-07

by G-Tools
続きを読む
01:26 | CM(4) | TB(3) | スマイル | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月20日

スマイル 第10話

『運命が動き出す!!−判決』

ビト (松本潤) の裁判員裁判も最終日となり、ビトの無実を証明する
ため 花 (新垣結衣) が証言台に立つ。
ビトが計画的に事件を起こしたと主張する検事の 北川 (甲本雅裕) に、
“真実” を伝えようとする花は、必死に声を絞り出す。
ところが、北川は花の過去を持ち出し、花を追い詰める。
そして花はまた声を失ってしまった。

次に証人席に現れたのは 林 (小栗旬) の母親・上倉暁子 (キムラ緑子)
だった。
「息子は、幼い頃から、父親の暴力を受けて育ちました。」
「暴力ですか?しつけ、ではなくて?」と北川。
「あれは暴力です。
 息子が、少しでも言いつけに背くと、殴る蹴るが当たり前で・・。
 髪の毛を掴んで引きずり回したり、
 気絶するまで風呂場の水に漬けたり。
 あの子を守ってやれるのは私しかいなかったのに、
 私自身が、夫の暴力に耐え切れず家を出てしまいました。
 私は、まだ小学生だった息子を・・捨てたんです。」
「それから、息子さんとは?」
「会っていません。
 それが、離婚の条件でしたし、今は・・別に家族がいますので。」
「暴力を振るう父親、自分を捨てた母親。
 昔の仲間である被告人に何度も接触したり、
 相談を持ちかけようとしていたのは、その深い、孤独を埋める
 為だった。
 その思いを、被告人は無情にも、踏みにじったのです。」続きを読む
23:54 | CM(1) | TB(1) | スマイル | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月13日

スマイル 第9話

『運命の裁判員裁判はじまる!』

ビト (松本潤) の運命を左右する裁判が始まった。
裁判員裁判、一日目。ビトを裁くのは6名の裁判員と3名の裁判官。
裁判員に選ばれた6名は、私立高校教師の 冷牟田 (浅野和之)、
トラック運転手の 叶 (モロ師岡)、
海外生活の経験があるエリート商社マン・真田 (忍成修吾)、
専業主婦の 徳島 (大島蓉子)、
出版社勤務のキャリアウーマン・掛井 (櫻井淳子)、
妊娠5ヶ月で専業主婦の 柴田 (酒井若菜) だ。

検事は 一馬 (中井貴一) をねたむ 北川 (甲本雅裕) が担当することに。

一馬は、裁判前のビトとの面会でビトが残虐極まりない犯罪者だと
思われているのが現状だと伝える。
凶悪な外国人犯罪者というレッテルを貼り、面白おかしく事件を
書き立てるマスコミの影響もあり、ビトには不利な状態だ。

裁判所の傍聴席には、花 (新垣結衣) や みどり (いしだあゆみ)、
金太 (徳山秀典)、ブル (鈴之助) が見守っていた。続きを読む
01:21 | CM(1) | TB(4) | スマイル | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月06日

スマイル 第8話

『本当の笑顔を取り戻す戦い』

林 (小栗旬) との関係を断ち切ろうと思っていた ビト (松本潤) に、
「相談がある」と林が近づいて来た。
花 (新垣結衣) にまで危害が及ぶことを恐れたビトは、
林に向けて発砲してしまい・・。

花が意識を取り戻す。
「どうしよう・・・殺しちゃった・・・。
 僕・・・殺しちゃった・・・。」
泣き出すビトを花は抱きしめ・・。

一方、ビトの安否を心配した 一馬 (中井貴一) 、金太、ブルは
二人の行方を捜して美奈子の部屋を訪ねる。
すると目の前には驚きの光景が…。

夜の街、警察から姿を隠しながら歩くビトと花。
ビトは既に指名手配されていた。

「花ちゃん・・最後にさ・・最後に・・・
 花ちゃんと一緒に、一緒に、どうしても行きたい場所があるんだ。」
ビトの言葉に花は頷く。

第一発見者として署に向かう一馬たち。続きを読む
00:33 | CM(1) | TB(1) | スマイル | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月31日

スマイル 第7話

『はじめてのキス』

ビト (松本潤) とのデートの待ち合わせ場所にいた花 (新垣結衣) は、
林 (小栗旬) に連れ去られそうになる。
それに気付いたビトは慌てて駆けつけ、走り出そうとするタクシーの
ドアを叩く。
仕切り窓を蹴り破って運転手を威嚇する林。
一瞬の隙をついて逃げ出す花。
「おぅビト。何してんのお前。」
「・・失礼します。
 行こう!」
ビトは花の腕を掴んで走り去る。

喫茶店で話す一馬 (中井貴一) と下平香苗(羽田美智子)。
「そもそもあなたと別れて・・いえ、別れさせられて、
 もう誰でもいいやって感じでダンナと付き合って、結婚して。
 でもやっぱり、そこに愛は無かったのよね。」
「・・・」
「私・・本当に申し訳ないことをしたと思ってる。」
「いや。」
「許してもらえるわけないだろうと思っていたし。」
「香苗が悪いわけじゃなかったし。俺は全然。」
「・・本当?」
「本当。」一馬が微笑む。続きを読む
21:43 | CM(1) | TB(3) | スマイル | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月24日

スマイル 第6話

『僕が社長の無実を晴らす』

宗助 (前田吟)の葬儀の席。
帝国食品の関係者は誰一人姿を見せなった。

「父さんバカだよ・・。
 自分が死んだらダメじゃん・・。
 みんなを守ったことにならないじゃん・・。」
涙を流しながら呟くしおり(小池栄子)。

そんな中、銀行の担当者・山根(石井正則)が姿を現す。
「何しに来たんですか!」としおり。
「しおり・・」みどり(いしだあゆみ)がたしなめる。
「支店長さんや副支店長さんは、来ないんですか!?」
「・・皆様をよく存じ上げている私が代表として・・。」

「何言ってるんですか・・。
 山根さん、何言ってるんですか!?」ビト(松本潤)が歩み寄る。
「・・すみません。」
「すみません・・。
 何がすみませんなにですか!!」
思わず山根に掴みかかるビト。
「自分達が何をしたかわかっているんですか!?
 社長を殺したのはあんた達でしょ!」
ビトを抱え込む一馬 (中井貴一) 。
「社長困ってるとき、助けてあげたじゃないですか・・。
 なのに・・何でその社長に・・・。
 社長・・山根さんのこと大好きでしたよ。
 信じてましたよ!
 なのに・・何で社長を追い詰めるような事を・・。」
「・・・」
「何で社長を助けてくれなかったんですか・・。
 何で・・。」
ビトはそのまま泣き崩れ・・。続きを読む
16:17 | CM(1) | TB(2) | スマイル | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月16日

スマイル 第5話

『誕生日にもらった一生の宝物』

ビト (松本潤) と 一馬 (中井貴一) は、食中毒事件の原因を調査する毎日。
ある日、街中で偶然にも二人は出所した 林 (小栗旬) と再会してしまう。

「久しぶり。人殺しのビーートちゃん。
 又誰か殺しちゃったのかな?」
「・・・」
「元気だったか?あ?」
「・・・は、はい。」
「昔の友達か?」一馬がビトに聞く。
「なんかー、大人になったっていうかー、
 お行儀良くなっちゃったんじゃねーの?
 ビートちゃん。」
林はビトの耳に息を吹きかけ、そして笑う。
林とは目を合わせずに愛想笑いを浮かべるビト。

カフェバー
「出所・・されたんですね。」
「ああ。ご祝儀くれっか?」
「え・・」
「今いくら持ってる?財布出せよ。」

「おいおいおい。」二人から少し離れた席に座る一馬が止める。続きを読む
12:02 | CM(1) | TB(1) | スマイル | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月09日

スマイル 第4話

『僕が彼女を守る!!』

食中毒の原因はもち米にあることを知った ビト (松本潤) は、
おはぎを差し入れた少女、里菜 (寺本純菜) の身を案じ、
花 (新垣結衣) と病院にかけつけるが、おはぎを口にした花も
倒れてしまう。

タクシーでまちむらフーズに向かう一馬(中井貴一)としおり(小池栄子) 。
「一般人がむやみにテレビに顔をさらすと、
 とんでもないことになるぞ。」と一馬。

まちむらフーズに到着した二人。
押し寄せるマスコミに、
「勝手に撮影すると肖像権の侵害になります。
 ちょっと下がって。けが人出ても責任取れないでしょ?」
一馬は冷静に対応していく。

病院
花を診察する医師と看護師。
「例の、毒物が混入された物を口にされたようです。」と看護師。
「付き添いの方?」医師がビトに聞く。
「はい。」
「口にしたのはどれ位前?」
「今朝早くに。」
幸い、花の症状は軽かった。
「あの、自分も食べたんですけど、本当にあのおはぎが原因なんでしょうか。」
ビトが医師に聞く。
「高齢の方とかお子さんとか、ちょっと体力的に弱い方に、
 症状は現れますんで。」医師がそう説明する。続きを読む
16:08 | CM(1) | TB(2) | スマイル | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月02日

スマイル 第3話

『君の笑顔を避ける理由』

ビト (松本潤) が働く 「町村フーズ」 の納品先、上原東小学校で
食中毒騒ぎが起きた。ビトが給食用の赤飯を納品した直後のことだ。

街頭ビジョンで、顔見知りの小学生・里菜 (寺本純菜) が救急隊員に
運ばれる様子を見たビトと 花 (新垣結衣) は、慌てて小学校へと向かうが、
野次馬でごった返した現場は立ち入り禁止。
さらに、テレビ局のレポーターやマスコミが興奮するのを見た花は
立ちくらみがして、しゃがみこんでしまう。


花が倒れこんでしまったのには、何か理由がありそう。
昔の嫌な事がよぎってしまったのでしょうか。


その頃、一馬 (中井貴一) と しおり (小池栄子) はテレビ局にいた。
一馬がこの事件のコメンテーターとして、番組に呼ばれたのだ。
念願のテレビ出演に張り切る一馬だが、いざ本番が始まるとガチガチに
緊張して声が出なくなってしまう。
ピンチヒッターのしおりは一馬と打って変わって堂々としたもの。
一躍 “美人弁護士” として有名人に。
続きを読む
12:28 | CM(2) | TB(2) | スマイル | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月26日

スマイル 第2話

『アナタは私が救う!!』

町村宗助 (前田吟) の保護観察のもと「町村フーズ」で働いていた
ビト (松本潤) は、身に覚えのない罪を着せられ警察に捕まってしまう。

2009年4月 第一回公判
東京地裁 第412号法廷

「僕は・・やっていません。」
「覚せい剤を所持したことはないということですか?」
「被告人が覚せい剤を所持したという事実はなく、
 無罪を主張します。」と弁護士のしおり (小池栄子)。
「僕ははめられたんです!
 本当に何も知りません!」
「傍聴席は静かにして下さい。被告人、落ち着いて下さい。」

第二回公判
法廷に呼ばれた近藤 (大口兼吾) は、自分は何も知らない、
ユキのことも知らない、と嘘をつく。

法廷後。
「余裕っすよ、余裕。」
「隠し場所変えるのもう少し遅かったら、アウトだったじゃねーか。」
「俺、そろそろガサ入れとかそういう勘、絶対当たるんですよ。」
「バーカ!余裕こいてんじゃねーよ。」

花 (新垣結衣) は、近藤が黒幕らしき男・甲斐 (松田悟志)と
そう話している場面に遭遇し、男達を尾行する。続きを読む
00:17 | CM(2) | TB(3) | スマイル | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする