2009年11月12日

ロングバケーション〜Long Vacation〜 最終回

『神様のくれた結末』

瀬名の部屋
ベッドで一緒に眠る二人。

南の足が瀬名の上にドーンと乗ってて、
二人の顔はぴったりくっついていて。
安心しきってる感じが現れています。


真二の歌声が聞こえてくる。

歌っているのはウルフルズ『バンザイ』。

「・・・ねえ、お姉さん!起きて!ねえ!!」
「瀬名だ〜!」瀬名に腕を回す南。
「そうじゃなくって!そうじゃなくって!
 真二君帰ってきたって!」

部屋の電気がつき、動揺する二人。
二人は慌てて服に着替え・・・。


B00005QYINロングバケーション [DVD]ポニーキャニオン 2001-11-21by G-Tools
続きを読む

2009年11月11日

ロングバケーション〜Long Vacation〜 第10回

『最後の恋』

南のマンションの前
杉崎に声をかけられた南は、杉崎の車に乗り込む。
「いい?」
「・・・はい。」

瀬名は二人を乗せた車が走り去るのを見つめ・・・
そして帰っていく。

寂しそうな背中!

瀬名のマンションの前に涼子が待っていた。
「涼子ちゃん。
 どうしたの?」

食事後、南をマンションまで送る杉崎。
「ご馳走様でした。」
「ううん。ゆっくり休みな。」
「・・・」
「元気ないからなさ。疲れてるのかと思って。」
「・・はい!」
「じゃあな。」
「じゃあ。」
「おやすみ。」
「おやすみなさい。」

杉崎の車が走り去ると、南は瀬名が立っていた場所を見つめ・・。

瀬名の部屋
「最近、私ピアノ忙しくてなかなか会えなかったし、
 私自身ないんです。
 今まで男の人と付き合ったことないから。
 なんかいろいろ間違ってるんじゃないかって。」
「別に間違ってても・・・
 お互いの気持ちがあれば、大丈夫だよ。」
「そうかな・・。」続きを読む

2009年11月09日

ロングバケーション〜Long Vacation〜 第9回

『瀬名の涙』

大学
「私、考えたんですよね。
 音和堂コンクール受けるんです。
 誰かいい先生についた方がいいんじゃないかって思うんですよ。」と佐々木教授。
「・・・」
「瀬名君?」
「はい。」
「小田島和久って知ってますか?」
「もちろん知ってますよ!
 コンセルバトワールの楽員教授のピアニストでしょ?
 知らないヤツなんていないんじゃないんですか?」
「いや実はね、彼、僕の同級生なんですよ。
 彼のところへ行ってみませんか?」
「え・・」
「奥沢涼子と一緒に、頼んでおきました。」
「・・涼子ちゃんもコンクール受けるんですか?」
「ええ。
 二人とも、期待しています!」
「・・・」

萬金
「最近あのお姉ちゃん来ないね?」と店主。
「ああ。」
「どうしたの?結構好きだったんだよねー。
 カラっとしてて、威勢良くってさ。」
「俺も結構好きだったんだけどさ。」

「寂しいねー!」
南を思う瀬名。続きを読む

2009年11月06日

ロングバケーション〜Long Vacation〜 第8回

『別れの朝』

バスケットのコート
瀬名が朝帰りの南に言う。
「おさかんで。」
「何それ・・。」
「別に。」
「言っていいことと悪いことがあるよ。」
「・・この間キスした時は久しぶりのキスとか言ったくせに。」
「・・で今日は久しぶりの何って言わせたにの?」
「・・・」
「・・・」

そこへ、杉崎が車でやって来た。
「南ちゃん、ほら。鍵忘れて!」
「杉崎さん・・。」
「部屋、入れないんじゃないかと思って。」
杉崎が瀬名に気付く。
「・・・瀬名秀俊さん。
 一緒に住んでる人。」
「・・・」

瀬名のマンション
「そっか。そういうわけだったんだ。」と杉崎。
「うん、だから、瀬名君とは、全然そういうんじゃないんですよ。」

瀬名はあくびしながら、二人にコーヒーを入れる。続きを読む

ロングバケーション〜Long Vacation〜 第7回

『眠れぬ夜』

杉崎の事務所
瀬名とのキスを思い、ボーっと考え込む南。
そんな南に杉崎はフィルムを届けるよう託す。

音楽学校
子供達に教えながらもボーっと考え込んでしまう瀬名。
そこへ、佐々木教授が訪ねてくる。

「音羽堂のコンクールじゃないですか。」と瀬名。
「受けてみませんか?」
「こんな大きなヤツですか?」
「通れば、ボストンシティーフィルのピアニストです。」
「でも確かこれ、受けるにも推薦とか・・」
「僕が、推薦します。
 うちの大学の枠が3人あるんで、瀬名君を一人として。」
「いやそんな、とんでもないですよ。」
「もちろん、瀬名君にその気があればですが。
 でも、悪い話じゃないと思いますよ?」
「・・・」
「それとも・・女、ですか?」
「はい?」
「アハハ。」
「何言ってるんですか・・。」

バスの中
大切なフィルムの確認をする南。
窓の外の流れる風景を見つめながら、瀬名とのキスを思い起こし・・・。続きを読む

2009年11月04日

ロングバケーション〜Long Vacation〜 第6回

『KISS』

涼子のマンション、玄関前
「他に好きな人がいるの。」
「・・・好きな人って?
 ・・・好きな人って誰?」
首を子に振る涼子。
「話ってそういうことだったんだ。」
「・・・だから・・・私・・・先輩とは付き合えない。」
「・・・そっか。
 ・・・わかった。」
涼子の瞳から涙がこぼれる。
「何泣いてんの?」
「・・・」
「・・・じゃあ・・お休み。」
瀬名が帰っていく。

瀬名がマンションを出ると、南が車の中でたばこを吸いながら待っていた。
南を無視して立ち去る瀬名。
瀬名の歩くスピードで車を運転する南。
「帰り近道しようと想ったら道間違えちゃって、
 グルグル迷って、またここ出てきちゃった。」
「・・・」
「プロ野球ニュース撮ろうと思ったんだけど、
 ビデオあれどうやってセットするんだっけ?
 わかんないんだよねー。」
車がエンストしてしまう。
「チッ。ったく。」
瀬名が車に歩み寄る。
「ギア・・」
助手席へ移動する南。
「・・・」
「道わかんない。」
瀬名が車に乗り込む。続きを読む

2009年11月03日

ロングバケーション〜Long Vacation〜 第5回

『愛の告白』

帰っていく涼子を呼び止める瀬名。
「ここにいろ。」
「・・・」
「俺の側にいろ。
 もう・・・どこにも行くな。」
瀬名はそう言い、涼子を抱きしめる。

そんな二人を屋上から複雑な表情で見つめる南。

「先輩・・・。」
「・・・ごめん。あの・・・受け売り。」
「受け売り?」
「・・・頭パニっちゃって。何やってんだか・・。
 ホントごめん。」
「先輩、私、」
「いや、いいから。うん。・・もういいから、行って。
 ほらあの、バイトの時間あるし。」
「・・・ここにいます!」
「・・・」
「私・・・ここにいます!」
「・・・」
涼子は瀬名へと歩み寄り・・・。
「先輩の・・・側にいます。」

二人のやり取りに南は・・・。続きを読む

2009年10月31日

ロングバケーション〜Long Vacation〜 第4回

『君の噂』

瀬名のマンション
夜中の3時、ルミ子がやって来る。
「真二が、涼子さんを送ったまま帰ってこないんです!」
「・・・」

涼子の部屋
見詰め合う涼子と真二。
「いい?」と真二。
少しうつむく涼子。
そして二人はキスを交わし・・・。

瀬名のマンション
「大丈夫だって。
 ・・・いくら真二だってさ、あんな汚れなき乙女を
 会ったその日にどうこうしようなんて!」
「さあ・・。野獣だからね。」と瀬名。
「・・真二ってさ、ああ見えて結構・・ウブなところあるよね?」
「・・・」
「絶対大丈夫!!
 姉の私が保障・・・する?」

翌朝、コーヒーを飲む瀬名。
「おはよう。」スーツ姿の南。
「どうしたの?その格好。」
「うん?面接。
 一個会ってくれるところあったから。
 私もそろそろ職に就かないとー。」
「ふーん。」続きを読む

2009年10月30日

ロングバケーション〜Long Vacation〜 第3回

『彼の純情』

G.N.D Promotion(モデル事務所)
グラグラゲームで遊ぶ南と桃子。
オフィスのパソコンの型に時代を感じます。(笑)
「やったー!」と桃子。
「・・・いいなぁ、桃ちゃんは。
 頭の中いっつも春だもんねー。」
「はい!」
「春のうららの♪」一緒に歌いだす二人。

「でもなー。まさかなー。
 朝倉さん、逃げた女と、結婚してたなんて。」
「・・・しかし参ったなー、私としたことが。
 人前で涙見せてしまったなんて。」
「アイルトン、女の涙慣れてなさそうだからなー。」
「あの時アイルトン、タンスと化したんだよねー。」
「え?どういうことですか?」
「あまりのショックでアイルトンの存在忘れたの。
 家具と同じように思えたってこと。」

(回想)
朝倉結婚のハガキに号泣する南。
瀬名は胃薬を飲んでいる。
「・・・何してんの?」
「生まれて初めて・・・紙食べたから。
 漢方胃腸薬。」
「・・・」
(回想終わり)続きを読む

2009年10月29日

ロングバケーション〜Long Vacation〜 第2回

『彼女の涙』

瀬名のマンション。
「はいもしもし!」電話に飛びつく南。

「・・・出た。」と葉山真二(竹野内豊)。

「あの・・・どちら様でしょうか。」
「俺だよ俺!真二!」
「あ・・・」
「今ね、キャリフォルニア?
 うっそ。
 気分は、キャリフォルニア!」

ガチャっと電話を切る南。
「間違え電話。」と瀬名に誤魔化す。
「なんだよ・・。」
「イカれたヤツ!」

呼び鈴が鳴る。
南は瀬名が出ようとするのを必死に止め、玄関へ。

ドアを少しだけ開けて誰が来たのか確認する南。
確認すると、急いでドアを閉める。
勝手にドアを開ける真二。閉めようとする南。
そこへ瀬名がやって来る。
南は急いで玄関の外へ。続きを読む