2010年03月22日

ブラッディ・マンデイ-シーズン2- #09

『この世の果てテロの悲劇と結末へ!!
 明かされる真実と鍵』


ついに明らかになったスパイダー(満島ひかり)の正体―。
愕然とする藤丸(三浦春馬)。

「一緒に遊ぼうよ、藤丸君。」
銃を向け、微笑むスパイダー。
「・・・」
「まだ思い出さないの?」
「・・・あんた誰なんだよ。」
「私は、ずーっとアナタを見ていた。」
「・・・誰なんだよっ!!」


B003B9Q5NIブラッディ・マンデイ シーズン2 [DVD]
アミューズソフトエンタテインメント 2010-06-25

by G-Tools


続きを読む

2010年03月15日

ブラッディ・マンデイ-シーズン2- #08

『全真相が遂に!!
 首謀者は!? 原発とは!? 復讐とは!?
 衝撃の真相と結末!!』


ホーネット(神木隆之介)の口からついに明らかになった
真の黒幕・スパイダーの存在。
あおい(藤井美菜)の命を奪い、何度となく自分を窮地に
追い込んできたスパイダーに対し、
藤丸(三浦春馬)は憤りを隠せない。

今度はテレビ局の放送システムをジャックした『魔弾の射手』は、
九条総理(竜雷太)の体制批判と若者への喚起を促し、
ついに「日本再起動計画」をスタートさせる。

さらにスパイダーは、サードアイのメインシステムにも侵入。
このままではTHIRD-iがのっとられてしまう。
加納は医務室にいるはずの藤丸を呼びに行くが・・・

その頃、響(黒川智花)とともにサードアイを抜け出した
藤丸は、THIRD-iのメインシステムがスパイダーに
乗っ取られたことを知る。

続きを読む

2010年03月08日

ブラッディ・マンデイ-シーズン2- #07

『最終決戦の時!!
   テロ首謀者の真相と正体!? 遂に迎えた終焉』


藤丸(三浦春馬)は、『魔弾の射手』によって人質に
取られていた澤北(阿南敦子)の息子・陵太(安藤健悟)の
居場所を突き止め、その身柄を無事確保することに成功する。

しかし、陵太とともに救出された少年(神木隆之介)の存在に
違和感を覚えた藤丸は、萩原(嶋政宏)の勧めもあり、
少年と2人きりで話すことに。

そこで浮かび上がった新事実…なんと、
その少年こそが藤丸を苦しめ続けてきた「ホーネット」
だったのだ!

「お前が・・・ホーネット。」
「はじめまして。ファルコン。」

続きを読む

2010年02月28日

ブラッディ・マンデイ-シーズン2- #06

『最愛の友の死!?現れた宿敵の顔か!!最強テロが遂に終幕!?』

藤丸(三浦春馬)の罠に掛かったスパイの正体―。
それは、サード・アイの情報分析官である澤北(阿南敦子)だった。

霧島(吉沢悠)らに取り押さえられた澤北は、
息子・陵太(安藤健悟)が魔弾の射手によって
人質に捕らわれていると明かす。

衝撃の事実に、その場にいた全員が唖然とする中、
藤丸はパソコンを操作してある“動画サイト”を見つける。
そのサイトには、無邪気に遊ぶ陵太が映し出されていた。
しかし、陵太の動きに合わせてライフルが仕掛けられていた。

「ホーネットを・・・倒す!」
画像を見つめる藤丸の目には怒りに満ちていて・・・。
そんな藤丸を、すがるような目で見つめる澤北。

特殊医療拘置所で配信動画を調べていた藤丸は、
『counts over 1,000,000 hits』
という文字を見つける。
「何だよこれ。」

続きを読む

2010年02月21日

ブラッディ・マンデイ-シーズン2- #05

『今夜、日本沈没!?最悪の核が遂に!?』

「魔弾の射手」による「日本再起動計画」を止めるため、
自らの命を犠牲にした折原マヤ(吉瀬美智子)。

死の直前、マヤが藤丸(三浦春馬)と音弥(佐藤健)に告げた
「第三の皇帝」の正体―。
それは、最強最悪の水素爆弾・通称「ツァーリボンバー」の
ことだった。

南海が萩原らに報告する。
「折原は加納さんと連携し、テロ阻止の為、独自に情報収集
 していたようです。
 加納さんの口座にあった入金は、折原に渡るはずのものでした。」
「折原を雇っていた人物は?」
「極秘事項だと、加納さんは何も話してくれません。」
「その人物については、触れないほうが良さそうですね。」と萩原。

別の場所
九条総理は、赤い携帯を秘書に渡す。

続きを読む

2010年02月14日

ブラッディ・マンデイ-シーズン2- #04

『ヒロイン死す!!
裏切り者の正体分かる舞い降りる死の灰!?』


予告動画を見る 「ホーネット」との壮絶な戦いを制し、
魔弾の射手によるサイバーテロを食い止めた藤丸(三浦春馬)。
しかし、そんな藤丸に襲い掛かった新たなる敵…
その人物とは、なんと藤丸のバイト先の同僚である
響(黒川智花)だった…。
予想外の裏切りに動揺を隠せない藤丸。
ところが、そんな藤丸の危機に、行方不明となっていたはずの
音弥(佐藤健)が現れ、事態は思わぬ方向に…。

藤丸を見張っていたTHIRD-iの槇村は
萩原より釈放された男の一人を追うよう指示され、
その場を離れたところへ音弥登場。
響、強っ!
藤丸は銃を奪うと、音弥を盾にし・・・


続きを読む

2010年02月07日

ブラッディ・マンデイ-シーズン2- #03

『情と裏切り…驚愕の毒ガステロの真相!!
味方に敵が!?』


藤丸(三浦春馬)との対面を果たしたJ(成宮寛貴)は、
一瞬の隙を突いて藤丸に襲い掛かる。
拳銃を手にしたJは、自分の口内に銃口を向けて…!?

『魔弾の射手』による謎の神経ガスを使った
サイバーテロの全容を掴んだサードアイだったが、
すでに時は遅く、ガス供給網システムは
「ホーネット」によって乗っ取られてしまっていた。


電気コードを照明器具に掛けて自殺しようとした八木は、
照明器具が天井から外れて助かります。

そして銃の引き金を引くJ!
ですが銃弾は一つも入っておらず、
こちらも自殺できませんでした。

何度も引き金を引く、Jの狂ったような表情。
彼は本気で死のうとしていたんですね。

サイバーテロの全容とは、ガス供給網システムを乗っ取り
システムをコントロール。
ガスの圧力を高め、ガスを毒化する、というもの。
実際に出来るのでしょうか!?


続きを読む

2010年01月31日

ブラッディ・マンデイ-シーズン2- #02

『東京壊滅テロへ!!
 迫るテロの悲劇と東京最期の日!?』


「核爆弾による東京壊滅テロ」を阻止した藤丸(三浦春馬)だったが、
人質になっていたあおい(藤井美菜)の変わり果てた姿を
目の当たりにし、大きなショックを受ける。

そんな藤丸の目の前に、突如、折原マヤ(吉瀬美智子)が!
「お久しぶり。ファルコン。」
「・・・折原マヤ!
 ・・・今度は誰なんだよ。
 何で俺の周りばっかり狙うんだよ!
 あおいだけじゃ足りないのかよっ!!」
「何なのいきなり?」
「何であおいが殺されなきゃいけないんだよ。」
「朝田あおい、死んじゃったの?」
「お前らが殺したんだろ!」
「彼はどこ?
 私、彼に用事があるの。どこにいる?」
マヤは藤丸に銃を突きつける。
「・・・Jなら逮捕された。
 お前らも終わりだ。」
「誤解しないで。私が探しているのは、九条音弥。」
「・・・」
「彼はちゃーんとおつかいしてくれたかなって。」

続きを読む

2010年01月24日

ブラッディ・マンデイ-シーズン2- #01

『今夜日本に核投下!!
 最凶テロの日本再起動計画・・・
 衝撃の首相暗殺1500万人の命が一瞬で!!
 止まらない悲劇に伝説のハッカーの孤独な戦いが
 今、始まる!!』


「今から2年前、正体不明のテロリストが、
 史上最悪の、殺人ウイルスを手に入れた。 
 やつらの目的は、日本でウイルステロを引き起こす事。
 計画の名は・・・ブラッディマンデイ。

 完璧なる計画を立てたのは、神崎潤、通称、J。
 (KANZAKI UN)
 国家転覆を狙うテロ集団を率いたJは、
 殺人ウイルスと、それを治療する薬の両方を
 所持する事になり、
 人の命を自在に操る神になれる、と考えていた。

 教団がウイルステロの陰に隠れた、真の目的に動き出す中、
 俺とTHIRD-iは、Jの背後に控える仲間、
 Kの存在を知る。
 俺の目の前に、姿を現してたKは・・・
 俺たちの仲間、安斎真子だった。
 (ANZAI)

 Kは、腐った日本を終わらせると言い、
 中性子爆弾を爆発させる気でいた。
 刻一刻と、タイムリミットが迫る中、
 俺とTHIRD-iは、爆破阻止へ奔走し、
 ついにKは、いや、真子の命と引き換えに、
 テロリストの計画を阻止した。
 
 だが、折原マヤは行方をくらまし、
 Jは、中性子爆弾の中身を持ち去り、
 姿を消した。

 テロは終わっていない。
 ブラッディマンデイはまだ、決して・・・
 終わっていない。」


続きを読む