2011年01月04日

新春ドラマ特別企画『赤い指』

これは、加賀恭一郎(阿部寛)が人形町に赴任する、約2年前のお話――。

墓地
花束を手に墓参りに出かけた青山亜美(黒木メイサ)は、そこで加賀恭一郎(阿部 寛)と会う。
「あれから・・2年ですね。」
「ああ。」
加賀はそう答えると、手を合わせ・・・。

2年前
闘病生活を送る加賀恭一郎の父・加賀隆正(山崎努)のもとへ、
松宮脩平(溝端淳平)が見舞いに訪れていた。
「カステラは、食べられるんですね。」
「まずい薬飲んで生きるんなら、うまいもん食って死ぬよ。
 どうだ?捜査一課は。」
「緊張の連続です。」
「こんなところに来る暇があったら、昇進試験の勉強でもしたらどうだ。」
「またその話ですか?」
「とにかく俺のことは心配するな。
 これでも考えることはいっぱいあるんだ。
 敵も、なかなかの指し手でな。」
隆正の“束の間の楽しみ”といえば、担当看護師・金森登紀子(田中麗奈)との
将棋であった。

松宮が足繁く病院に通う一方で、実の息子である恭一郎は、一向に隆正を
見舞おうとはしない。そんな従兄弟の姿に、松宮は不信感を覚えていた。

赤い指 [DVD]
赤い指 [DVD]
TCエンタテインメント 2011-03-30
売り上げランキング : 207


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


続きを読む
12:00 | CM(0) | TB(1) | 新参者 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月21日

新参者 最終章

『人形町の刑事』

重要参考人として警察に連行された清瀬直弘(三浦友和)。
はたして、彼は本当に峯子(原田美枝子)を殺害したのであろうか…

「人は、嘘をつく。

 罪から逃れるため。
 懸命に生きるため。

 嘘は真実の鏡。
 その影に隠された話を、
 人は想像するしかない。

 そして、その影の中に、犯人は必ずいる。」


直弘を乗せた車を見送りながら、加賀(阿部寛)はその車を
掴むように拳を握り締め・・・。


B003EIJ4KM新参者 DVD-BOX
TCエンタテインメント 2010-10-06

by G-Tools


続きを読む
18:30 | CM(3) | TB(2) | 新参者 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月14日

新参者 第九章

『民芸品店の客』

4月13日
三井峯子殺人事件当日。
午後6時半、清瀬の会社の社長室の電話が鳴る。
祐理が部屋に行くと、そこに清瀬の姿はなく・・・。
祐理は電話に出ようとするが、電話は切れてしまった。

その時、清瀬は別の場所で撚り紐を見つめていて・・・。

4月14日
三井峯子殺人事件翌日
岸田要作(笹野高史)の息子、克哉(速水もこみち)は
峯子殺害のニュースに笑みを浮かべ・・・。

清瀬直弘(三浦友和)と宮本祐理(マイコ)が実は父娘だと
いうことがわかり、直弘・祐理の共犯説は消えたものの、
直弘のアリバイを覆す証言が出てきた。
証言者は、清瀬の会社「清瀬ビルサービス」の税理担当・
岸田要作(笹野高史)の息子、克哉(速水もこみち)だ。
事件の起こった4月13日、夜6時半頃に、清瀬の社長室に
直接電話をかけたが出なかったというのだ。
祐理が証言した「6時から9時まで一緒にいた」という
清瀬のアリバイがなくなったことになる。

続きを読む
タグ:新参者
00:05 | CM(0) | TB(0) | 新参者 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

新参者 第八章

『清掃会社の社長』

「彼女は、この街に来たばかりの新参者だった。
 彼女の周囲に次々浮かび上がる参考人や、
 遺留品の数々。

 人は、嘘をつく。
 罪から逃れるため、懸命に生きるため。

 加賀恭一郎は、謎を一つ一つ解きながら、
 事件の核心へ迫っている。

 嘘は真実の影。
 あなたは知っているはずだ。
 犯人はこの街を行き交う人の中に、
 必ずいることを。」


続きを読む
タグ:新参者
18:00 | CM(1) | TB(0) | 新参者 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月31日

新参者 第七章

『刑事の息子』

半年前。
秘書の祐理(マイコ)にネックレスをプレゼントする
直弘(三浦友和)。
「こんな高価なもの貰ってもいいの?」
「私に出来るのはその位だ。」
「どうかな。
 ・・・この先上手くいくといいけど・・・。」
「私に任せてくれれば、大丈夫だ。」

「人は嘘をつく。
 罪から逃れるため。
 懸命に生きるため。
 
 嘘は真実の影。

 あなたは知っているはずだ。
 犯人はこの街を行き交う人の中に、
 必ずいることを。」


続きを読む
タグ:新参者
17:13 | CM(1) | TB(1) | 新参者 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月24日

新参者 第六章

『翻訳家の友』

「人は嘘をつく。
 罪から逃れるため。
 懸命に生きるため。
 
 三井峯子は、自分の息子を探すために
 この街にやって来た。
 
 嘘は真実の影。

 この街には、いくつもの嘘や、秘密が眠っている。
 
 あなたは知っているはずだ。
 犯人はこの街を行き交う人の中に、
 必ずいることを。」


続きを読む
タグ:新参者
18:30 | CM(1) | TB(1) | 新参者 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月17日

新参者 第五章

『洋菓子屋の店員』

「人は嘘をつく。
 罪から逃れるため。
 懸命に生きるため。

 嘘は真実の影。

 あなたは知っているはずだ。
 犯人はこの街を行き交う人の中に、
 必ずいることを。」


今回、加賀が掴もうとするのは・・・亜美。
今回は、掴むというより、握りつぶしそうな勢いでした。


続きを読む
タグ:新参者
16:57 | CM(2) | TB(1) | 新参者 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月10日

新参者 第四章

『時計屋の犬』

三井峯子殺害当日、早朝。
小舟町の寺田時計店主・寺田玄一(原田芳雄)は
時計の修理を終え、呟く。
「止まった時が動き出した。
 ・・・いい音だな。」
そして、鍵の掛かった戸棚から三方置時計を取り出すと、
修理に取り掛かる。

「人は嘘をつく。」

4月13日(時間不明)
メールを作成する三井峯子(原田美枝子)。
峯子の部屋のインターフォンが鳴る。

「罪から逃れるため。
 懸命に生きるため。」


続きを読む
タグ:新参者
17:01 | CM(3) | TB(2) | 新参者 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月04日

新参者 第三章

『瀬戸物屋の嫁』

3ヶ月前、柳沢商店。
尚哉(大倉孝二)の妻・麻紀(柴本幸)が泣きながら
店を飛び出していく。
大切にしていたキティちゃんのタオルを
鈴江(倍賞美津子)が雑巾にしてしまったのだ。

「人は、嘘をつく。
 罪から逃れるため。
 懸命に生きるため。
 刑事がその街に行けば、
 その町の罪ばかりが目に付く。
 誰にでも、人には言えない秘密がある。
 この街には、いくつもの嘘や、秘密が眠っている。
 嘘は真実の影。
 私はまだ知らなかった。
 彼女の笑顔に隠された、嘘を。
 あなたは知っているはずだ。
 犯人はこの街を行き交う人の中に、
 必ずいることを。」


続きを読む
タグ:新参者
15:08 | CM(2) | TB(2) | 新参者 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

新参者 第二章

『料亭の小僧』

「人は嘘をつく。
 罪から逃れるため。
 懸命に生きるため。
 嘘は真実の影。
 彼女はこの町に来たばかりの、新参者だった。
 そしてもう一人の新参者、加賀恭一郎。
 思えば私は予感していたのかもしれない。
 あなたがこの町にやってくることを。
 そして、あなたは知っているはずだ。
 犯人はこの町を行き交う人の中に、
 必ずいることを。」


オープニング、今回加賀が指で掴もうと
するのは、まつ矢の板前見習い・佐々木修平(石黒英雄)。


続きを読む
タグ:新参者
00:49 | CM(0) | TB(1) | 新参者 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする